So-net無料ブログ作成
motto museum ブログトップ
前の10件 | -

2019.0517 O.A 釧路市立博物館 土屋学芸員 「ミウラ折りって?」 [motto museum]

190517mmt.jpg
釧路市立博物館では現在、企画展「すてきな昆虫たち」を開催中。昆虫をデザインした美術工芸品、昆虫の研究から生まれた工業製品など約60点が展示されています。その中で「ミウラ折り」の研究も紹介されているのですが、これは一体どんなものなのでしょう?東京大学の三浦光亮博士が1970年に考案なさった折り方。元々は壊れにくいロケットの構造を研究していたそうですが、昆虫の翅が丈夫で、コンパクトに折りたたまれていることに着目して生まれた折り方だそうです。土屋氏は、このミウラ折りで企画展に合わせた図録を作成なさったそう。A4版の紙に展示品を印刷してあり、ミウラ折りでおると、ポケットに入るほどの大きさになります。ミウラ折りの特徴は、素早く開いたり、閉じたりできる。折り目が重ならないので破れにくい。そして、大きなものをコンパクトに折りたためる。という大きく3点が挙げられます。現在では、人工衛星の太陽光パネル、地図、レジャーシートなど、私たちの生活の様々なところで利用されている折り方なのです。意外と身近なところで見つけることができるかもしれません。さて、展示品は、美幌博物館の鬼丸和幸氏が集められたコレクション。着物の帯、帯留め、簪などの装身具や漆器、陶磁器、浮世絵、螢籠、玩具などなどの美術工芸品は見応え抜群です。描かれている昆虫は、蝶、トンボ、セミ等々。昔は今よりももっと身近な存在だったのかもしれません。ほかには、昆虫の研究から生まれた工業製品もあります。蚊の口から痛くない注射針や蝶の羽の光り方から生まれた繊維製品など。他にもたくさん昆虫から学び生まれた製品はあります。昆虫の偉大さ・不思議さ、また、日本文化の中で形として残された虫と、今どきの虫との関わりについても想いを馳せることができるかもしれません。
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

2019.0510 O.A 釧路市立美術館 武束学芸員 「イギリス炭鉱町の画家たちのこと」 [motto museum]

190510mmt.jpg
観劇も趣味とおっしゃる武束氏。気になっている劇団が民芸。鑑賞した後で予告の場面で気になった作品が「炭鉱の絵描きたち」。そこから火がつき調査開始。すると「イングランド炭鉱町の画家たち」という本も出版されたのです。実はイギリス北東部、炭鉱町として栄えたアシントン。かつてここに働く男たちの画家集団、アシントン・グループが存在しました。たくさんの人々が集まり文化講座的なものが開催され、その発展の先に美術講座があったのです。美術講座には鉱夫をはじめ、炭鉱に深い関わりのある人々が参加しました。その講師と男たちは、美術制作の歓びを通して長きにわたる友情を育み、アシントン・グループの作品はやがてイギリス美術界で独特の位置を占めるようになっていきます。そして、現在では美術館まで設立されたのです。講師の言葉に「彼らは、美術作品において何が正しいのかを教わるより、なぜそれが正しいとされているのか、自分たちなりに理解したいと思っていた。言ってみれば自分自身の物の見方を身につけたかったのだ。」とあります。この言葉に武束氏は美術の根源を感じたそうです。彼らの描く絵はどんな感じだったのでしょう。もちろん自分たちの働いている姿もあるのですが、楽しく生活する家の中での様子や自分たちが住んでいる街の様子、中には抽象的な作品もあるそうです。炭鉱をテーマにした作品は沢山あります。ただ、実際に働いていない人が描く炭鉱の絵と、実際に働いている方が描く炭鉱の絵には大きな違いがあるのです。「鉱夫は自然と戦ってる、まわりのこの自然すべてと、それだけじゃなくて、何百万年も前にできたものと、だ。俺が描いたのはそんな生活さ」とはある鉱夫画家の言葉。釧路にも通じるものを感じるアシントン・グループ。いつの日かこの作品展を釧路でもやってみたいと夢見る武束氏でした。
https://k-bijutsukan.net/

2019.0503 O.A 釧路市埋蔵文化財調査センター 澤田学芸員 「昔の人の衣食住って?」 [motto museum]

190503mms.jpg
新しい生活環境に慣れて来た方も多い頃でしょうか。あらためて、縄文土器の文様大好きおじさんと自己紹介をして下さった澤田氏。さて、生活環境が変わってやる事と言えば、まず住む家探し。そして生活用品や食べ物を売っている場所の確認。さらにごみ収集日の確認。衣食住に関していえば今も昔もあまり変わりはないですよね。縄文人の衣は獣の毛皮や植物を使ったものが多かったと予想されますが、不明な部分も多いそうです。食は、鹿・猪・鳥などの肉類、魚・貝、ドングリ・クリ・トチの実などの堅果類などを食べていたそう。さらに住むところに関しては、竪穴住居・掘立柱建物跡が残っています。竪穴住居については、道東でも擦文時代の竪穴住居跡等が埋まりきらずにくぼ地として残っている場所もあります。例えば史跡春採台地竪穴群や北斗遺跡がそうです。野山を散策される方は見た事があるかもしれません。石器や土器の様な生活用具、貝塚、狩猟用の落とし穴、貯蔵用の穴、お祭りの道具、お墓等々から縄文人の生活事情を窺い知ることができるのです。動物質・植物質のものは発掘調査からはほとんど出土しないそうです。貝塚は昔の人のゴミ捨て場。貝殻の炭酸カルシウムによって土壌が中和され、通常の遺跡では残りにくい人骨や獣骨などが残存している場合もあります。釧路市東釧路貝塚や釧路町テンネル貝塚などがそうなのだとか。貝塚から、当時の人が何を食べていたのか?当時の周辺にはどのような生き物がいたのか?などを想像することができるのです。もしかすると当時の貝塚ってゴミ捨て場だとしたら匂いもしたのかしら?なんて。現在の東釧路の貝塚公園、今は匂いこそしませんが、実際にその場所に立ち、当時の様子を想像してみるのも面白いかもしれません。「考古学はイメージです。」と澤田氏。
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/maibun/shisetsu/1001.html

2019.0426 O.A 釧路市こども遊学館 小笠原学芸員 「木と遊ぶ」 [motto museum]

190426mmo1.jpg 190426mmo2.jpg
スタジオにはたくさんの木材が・・・実は今回の大型連休に釧路市こども遊学館では「木のおもちゃであそぼう!」がスタート。様々なものを自分で作って持ち帰ることができたり、みんなで同じものを体験するものの中からいくつかご紹介いただきました。木との触れ合いを通して子供たちの心を育てる木育。良質な木のおもちゃや工作、木のぬくもりと触れ合うことで感覚や創造力、発想力が育まれます。五感をフルに使って遊ぶことで、見て触れるだけではなく、その匂いや温度、色、模様、音、肌触りも感じることができますよね。
まずは魔法の板、カプラについて。ウエハースの様な形をした木片が4000ピース。これで家を作ったり、車を作ったり、かまくらを作ったり。最後に壊す爽快感。子供でなくても大人でもワクワクしてしまいそう。もちろん子供だけではなく大人も一緒に参加することができます。さらにスタジオには可愛い丸太が。。。いもむしかくれんぼというタイトルがついています。いたってシンプルな遊びですが、何度も繰り返しやってみたくなる内容です。そして、私に出されたmissionはストラップを作る事。しずく型の木に直径1.5cmほどの穴が空いています。そこにガラス玉(とんぼ玉)を入れてストラップにするというもの。まずはしずく型の木を綺麗にヤスリで磨き上げます。ここで質感の変化を感じることができ、さらに木とガラスという異素材の組み合わせも楽しむ事ができます。とんぼ玉は全てボランティアの手作りだそう。色々な色あり、模様あり、質感も透明なものやマットなものと様々です。一つを選ぶにしても迷ってしまいます。そんな楽しい体験をしながら世界にたった一つのストラップが完成するのです。まだ他にも沢山のイベントがあるので、詳しくは遊学館のHPをチェックしてみて下さいね。
http://kodomoyugakukan.jp/

2019.0419 O.A 釧路市立博物館 戸田学芸員 「まちなみを記録する」 [motto museum]

190419mmt.jpg
今月の初めまで開催されていた企画展「あの頃の釧路」を終えて感じたことを中心にお話しが広がりました。この企画展は市民グループ「真砂町倶楽部」の代表の木村浩章氏がデータとして収集された写真を紹介するものでした。ご覧になった方も多数いらっしゃると思います。内容は、1960年頃と、1980年代〜1990年代の北大通の街並み、当時の映画館、丸三鶴屋などの写真です。土日を中心に若い世代から高齢者の方まで幅広い方々が時間をじっくりかけてご覧になっている姿が印象的だったとおっしゃっていました。特に高齢者の中には、写真を前に語り合いながら談笑する姿も。おそらく当時にかえって記録を再現なさっていたのかもしれません。ある意味タイムスリップなさっていたのかも・・・。そんな方から当時のお話しをお聞きすることもできたそうです。博物館は写真や実物資料をとおして記録を残していくことのできる場所だとあらためて認識したと戸田氏。さらに、目に見えない当時の様子(記憶)を記録することの重要性も再認識なさったそうです。今後どう展開していくのがベストなのか?その方向性を模索中です。写真については、身近なスナップ写真も、今日的な目で見ると貴重な資料であるということは再三お話しして下さいましたが、プライベイトなことが敬遠される風潮の中で、なかなか難しい問題も孕んでいると感じているそうです。さらに、現在の写真も今後重要な資料として存在する事になるのですが、スナップというよりはデータとして残ることが予想されます。それをどう管理するのか?また貴重な生きたお話しも文面で残すのか?音源としてデータで残すのか?やりたいこと、やらなければならないことは山ほどあるのです。
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

2019.0412 O.A 北海道立釧路芸術館 熊谷学芸員 「仏教美術と版画」 [motto museum]

190412mmk.jpg
世界最古の木版は、日本の奈良時代の「百万塔陀羅尼」。これは手に乗る位の大きさのもの。鎮護国家と滅罪を祈願するために、100万の小塔に納めて、仏教寺院に奉納された陀羅尼なのだそう。塔の中に木版で掘った陀羅尼を刷った紙が入っているそうです。この他にも日本の仏教の歴史を辿ると色々なところで木版が活用されていることがわかります。
徳を積むために推奨される行為の一つが「仏像をつくること」。でもそれはごく普通の一般人にはなかなかできない事です。そこで、木版のスタンプの様な仏像ができました。これは印仏と呼ばれるそうです。このスタンプを使い、お寺で新しい仏像をつくる時に信者が皆で紙に印仏をペタペタ押して、それを仏像の中に入れました。まるで自分の分身の様な感じでしょうか。こうする事により、仏像をつくる事に自分も参加し、その仏と縁が結べた(結縁)とされたのです。また、勧進札にも木版が使われています。勧進とは、お寺の建物や仏像を修理する時に信者から寄付金を募ることです。元々は仏道に入ることをすすめる事でした。この寄付のお礼に、本尊などの仏像が摺られたお札をプレゼントしたのです。そのお札を自分の家に貼ることで、徳を積む行為にも繋がったのでしょう。どちらにしても木版は日本人にとって昔から身近な存在だったことは事実。現在、北海道立釧路芸術館で開催されている「江戸の遊び絵づくし」は浮世絵がたくさん展示されています。浮世絵はとても精緻な木版画。細やかな技術の上に成り立っています。つくる事が大変だとしたら娯楽のための「遊び絵」は大量に作られることはなかったかもしれません。江戸時代の人にとっても木版は大変身近な技術であったと想像できるのです。
http://www.kushiro-artmu.jp/

2019.0405 O.A 釧路市立博物館 石川学芸員 「駅に想う」 [motto museum]

190405 mmi.jpg
先月、尺別駅と直別駅が廃駅になり、多くの方がセレモニーに参加なさったそうです。尺別駅は尺別炭鉱絡みで生活の足として使われていたこともあり、懐かしむ声が多かったそう。まさに青春のシンボルとしての駅といった感じでしょうか。駅の最後は寂しい感じが多い中、ほんわかした雰囲気が漂っていたそうです。直別駅は十勝と釧路の境にある駅、直別川を挟みあちら側が十勝、こちら側が釧路ということで両方から人が集まったそう。こちらは農場ができ、開拓されて利用された駅。「街は鉄道があると人が集まるとともに、鉄道マンが街を作るということをあらためて感じましたね。」と石川氏。北海道の鉄道は開拓・資源の開発等で作られました。現在では道路も整備され、ある意味鉄道の使命は終わったと言えるのかもしれません。ただ、鉄道があるからこそ楽しいとおっしゃる方も多いので、違う使命を見つけていくことが大事なのかもしれません。線路があるとないとでは大違い、提供できる車窓が違うと。くねくねしている線路も車窓という意味ではプラスになるとおっしゃっていました。鉄道を出発点に視野を広げると色々な事が見えてくるのは事実。今こそ新しい価値を鉄道に見出すべきなのでしょう。現在、鉄道に関する雑誌が6冊もあるそうです。それだけ需要があるという事。鉄道ファンが沢山いるということなのです。鉄道好きな方は好きになったら嬉しい事にリピーターになってくれるそう。北海道は鉄道によってつくられた地域とも言えます。鉄道が伸びることで地域が広がり、強くなる。資源が採掘されたり、開拓が広がる。北海道を語る為には、特に近現代は、鉄道を切り口にするのが最も早い道だと石川氏は教えて下さいました。
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

2019.0329 O.A 釧路市立博物館 野本学芸員 「展示リニューアルの評価」 [motto museum]

1903291mmn.jpg 1903292mmn.jpg 1903293mmn.jpg
新しくなった博物館の展示はご覧になりましたか?現在、1階の魚類や両生類の展示と2階の簡易軌道の展示が新しくなっています。先月、釧路・根室・十勝の学芸員が集まる研修会が釧路市立博物館で開催されました。そこで野本氏も展示リニューアルのことを発表なさいました。彼が展示で苦労した点、ジオラマをお手製で作った感想などなど。自然史の学芸員からは「私たちも明日からやってみたい」という声も上がったそうです。とても素晴らしい見本となるジオラマがあったそうで、それを参考に素材や作り方を研究。以前、制作途中にスタジオに現物を持ってお話しをしてくださることもありました。また、展示のプロからも学芸員のコンセプトがしっかり伝わり良い展示とお褒めの言葉をいただいたそうです。野本氏も意識したのは、釧路の海の魅力を市民の方に伝えること、そのためにわかりやすくジオラマを展開し、さらに時代が変わっても更新できる展示を心がけたそうです。映像も彼が実際に撮影したり、編集したり。他に人に依頼するのではなく、自分の手をつかい進化し続けることができるのです。今後も新たな情報が追加された時にはすぐに対応することが可能と。さて、そのジオラマの一つ、サンショウウオのバージョン、実は完成されていないのです。それが公開される予定が4月の初旬。何が追加されるかというと、あの綺麗な湿原のサファイアと呼ばれる卵嚢です。光の加減で、ゼリー状の卵嚢が青白く輝く特徴があり、これを宝石のサファイアに例えたのです。ご覧になった方が「すご〜い。綺麗ね」という歓声が上がるところでこのジオラマは完成となるのです。楽しみに待っていてくださいね。
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

2019.0322 O.A 釧路市こども遊学館 多胡学芸員 「春分の日を考える」 [motto museum]

190322mmt.jpg
3月21日は春分の日。日本の国民の祝日の一つです。この春分の日は、国立天文台が「春分日」を含め作成する翌年の「暦象年表」という小冊子に基づき、閣議決定されて前年の2月1日に暦要項として官報で告示されるものだそうです。天文学に基づいて年ごとに決定される国家の祝日は、世界的にみても珍しいそう。ではその定義とは何でしょう?春分とは、太陽が春分点を通過した瞬間のこと。すなわち太陽黄経が0度になった時だそうです。暦では、瞬間が属する日であり、これを春分日と呼ぶのです。よっていずれの日が春分日になるかはその国、地域の時差によって1日の違いが出るそうです。ところで、春分の日は、昼と夜の長さが同じとイメージされる方が多いと思います。ところが・・・実は違うそうです。春分日には太陽は真東から昇り、真西に沈みます。春分では太陽は赤道上にあるため、天文的な位置関係からは昼と夜の長さが等しくなるように思えるのですが、実際には違います。年により差があり、平均すると昼が夜よりも約14分長いのです。それには理由があります。一つは大気差。大気による屈折で太陽の位置が実際よりも上に見えるため。計算上は日出日没の時間の差は約2分20秒。その2、太陽の視角。太陽の上端が地平線と一致した時刻を日出、日没と定義しているため。計算上日出日没の時間の差は約1分5秒。他にも日周視差や春分のずれなどがあるのですが、これらを考えあわせると、日出は、太陽の中心が地平線から昇るより平均3分25秒早く、日没は、太陽の中心が地平線より沈むより平均3分25秒遅くなるのです。従って実際に昼と夜の長さが最も小さくなる日は春分の4日程度前になるそうです。
http://kodomoyugakukan.jp/

2019.0315 O.A 釧路市立博物館 加藤学芸員 「楽器の博物館に行ったよ〜」 [motto museum]

190315mmk.jpg
静岡県浜松市にある楽器博物館をご存知でしょうか?加藤氏は、入ってすぐに、アジアの民族楽器がズラリと並べられていて、イメージしていたものとは違いビックリしたそうです。現在使われている楽器の歴史を紹介する様な博物館と思いきや、みんぱく(国立民族学博物館)の音楽版の様な感じだったそう。時間の経つのも忘れるほど楽しい時を過ごしたそうです。東南アジアの様々な楽器をセットで演奏する様子を再現したり、実際にそこで演奏をした映像もあったり。この楽器博物館にはアジア、オセアニア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパから900点あまり。さらに鍵盤楽器、日本の楽器、電子楽器、国産洋楽器などが400点以上展示されているのです。音を出す基本的な仕組みは同じでも、国によって、地域によって材質が違ったりするそうですが、でもどこか似ていて面白いと思ったそうです。もちろん触ることはできないのですが、コーナー毎に楽器を演奏した音を、音楽として聞くことができる様にもなっているとか。その中でも加藤氏が気になったものをご紹介いただきました。まず一つがデュオピアノ。グランドピアノを2つ対面でくっつけた感じのもの。ほぼ正方形の形のピアノに向かい合って座る感じです。他にはストローヴァイオリン。通常のヴァイオリンにラッパがついています。写真を見せていただきましたが、弾きながら吹くのではなく、ヴァイオリンの音を拡張する感じでしょうか。他にとにかく細いヴァイオリンや、ステッキヴァイオリンと呼ばれるもの等、一体何の目的で作られたのでしょう?気になります。確かに持ち運びはしやすい感じはしますが・・・。ご自身もフルートを演奏なさるのでその中でも特に気になったものが尺八みたいな縦型のフルートだったそうです。
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/
前の10件 | - motto museum ブログトップ