So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
various story ブログトップ
前の10件 | -

2018.1115 O.A 「実は今回もホテルの一部屋から」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

前回に続き、東京のホテルから・・・。11月13日の石垣島でのライブ終わりで東京へ。
そして今、11月17日に横浜で開催されるエロティカオのライブを控えているそんな時。
エロティオのライブは、それぞれに練習をし、1回のリハで決めるという形。ただ、演奏する曲がなかなか決定しないのが玉に瑕?
少々いつもとは違う健司さまがそこにはいらっしゃいました。(笑)
さて、前回お話しなさっていた3泊5日のタイはとても素晴らしかったと・・・。
トムヤムクンだけを食べに行かれたとおっしゃっていましたが、25年ぶりのタイは、大都会に変身していたそう。
素敵で素晴らしい街に感動なさった様子です。タイで普及している三輪自動車のタクシー:トゥクトゥクは、今や観光客を乗せるもの。
東京でいうなら人力車みたいな感じでしょうか。
トムヤムクンの美味しいお店を事前にチェックし、お出かけになったのですが、これが最高だったと。
旨味しかない!辛味はあまり感じない。やっぱり本場のトムヤムクンは美味しかったそうです。
中には木の端みたいなものがたくさん入っていて、これは食べない方が良さそうです。健司氏は食べたそうですが・・・。
基本的にマッシュルームみたいなものとエビだけであとはスープを飲むのがよろしいみたいです。
屋台は美味しいものがたくさん。少々気になる衛生面ですが・・・。「あまり良くないかもしれないけれど美味しいですよ〜」なんて。
とにかくお腹のお薬をたくさん持っていかれたそうです。那覇からバンコクまでなんと4時間強。快適な空の旅だったとおっしゃっていました。
実はLCCで行かれたそうですが、一番前の席は足も伸ばすことができるしアッという間だったみたいです。
釧路からも石垣島がとても近くなりました。ピーチで関西空港に飛び、そこから石垣島へ一っ飛び!ただ
関西空港周辺で1泊は必要なんですが・・・。本気で石垣島行きを考える私がそこにはいました。

2018.1108 O.A 「古巣に戻ったよ〜」 [various story]

土居 功さん(JP01編集長)
https://jp01.jp/

10月からJP01編集長として古巣に戻られた土居氏。どうやら浦島太郎気分みたいです。
今まで培ってきたこと、学んだこと、覚えたことを有効に活かせることができたらとおっしゃっていました。
観光機構に出向なさって2年。おそらく普段経験できないこともたくさんあったのでは?と思います。
ただ、以前よりも地域のために!と考える方が確実に増えている、その機運が高まっていることはひしひしと感じるそうです。
JP01自体、相当認知度は上がっていると私も感じますし、そのことを土居氏も感じていらっしゃると。
これからは、札幌、東京を含め、もっときめ細やかにやっていかないと・・ともおっしゃっていました。
地域の色々なことはたくさん新しく生まれているし、それをどう届けるのか?
必要とされる人にどう的確に届けるのか?それが届いて初めて地域おこしは成功したと言えると思うと。
海外からの観光客の方に対しても、例えば味覚一つをとってもそこにはすれ違いがあることも感じるそう。
私たちが美味しいと思うもの以外に、意外なものの価値がとても高いこともあったり・・・
国民性や価値観の違いもあると思うのですが、そこはお互いに理解しようと思う気持ちがないといけないですよね・・と。
お互いにお互いのことを知ろうとしなければ・・・それは国内でも同じこと。
何をどう伝えていくのか?メディアの根本姿勢だと思いますが、そこをしっかり頑張っていかないといけないと再確認したお話しでした。
浦島太郎気分は元に戻るまであと1ヶ月はかかるかな?なんておっしゃっていましたが、
次回お話しをお聞きする時には、JP01についての新たなる展望、詳細などを伺うことができたらと思います。

2018.1101 O.A 「釧路の匂い・・・」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

1年振りの釧路はいかがだったのでしょう。まずはそのお話しから。
釧路の匂いが懐かしかったそうです。潮風でもない、秋の10月の夕方の匂い。
彼にとっての郷愁を誘われるもの・・・だったそうです。
札幌では感じることのなかなかできない海の匂いも入っていたのかもしれません。
さて、今回はフリンジ北海道2018のイベントでゲストとして釧路にいらしたのですが、実行委員会の情熱を感じたとおっしゃっていました。
ゲストとしてというだけではなく、可能な限り、できることはお手伝いができたらと嬉しい言葉をいただきました。
まだ、始まって日が浅いイベントかもしれません。彼が今まで培ってきた経験や感じたことも含め、意見を求められるのであれば、積極的に述べていきたいと・・・。
実行委員会の熱い想いは伝わっていると感じました。今回は昼と夜と違ったステージでのライブだったので、そこからも何かを感じてくださったようです。
さて、今は来年1月リリースのアルバムの最終段階。あと1〜2週間で完成しそうです。
そんなお忙しい時期にお話しを伺ったのに、快く引き受けていただいて感謝です。
そして、一つ質問をさせていただきました。「秋の夜長、何をして過ごしますか?」
う〜んと考えた後で「自分の時間を長く使えるのであれば、夕方からスーパー巡りをして食材を購入して、
そこで、30%offになっているものを探したりスーパー行脚をして、そして、ゆっくり料理をして、それを食卓に並べ。。。
撮り溜めしておいたお笑いのビデオを見たいですね。それが至福の時ですね。」
今は到底そんなことは考える時間も暇もありません。
次回は、すべてから解き放たれた兵衛氏のおしゃべりを伺うことになると思います。
どんな話題でしょう?お料理のことなのかな?


2018.1025 O.A 「帰国中!南国満喫!!」 [various story]

上村知弘さん(カメラマン)
http://www.tntnaturecon.com/

雪が降り、慌ただしく冬の準備をし、日本に向かった上村氏。
現在は宮古島にいらっしゃいます。いきなり冬から真夏になった感じで身体がついていかないなんて。
実はタミーさんと結婚なさって今年で10年。タミーさんは暖かいところが大好きで、以前からずっと沖縄に行ってみたいと言われていたそうです。
「10年経ったらね〜」との約束を実行なさったという訳なのです。優しいですね。。。
10月中旬に石垣島に入り、そこから竹富島、西表島とめぐり、今は宮古島。
前半は、両家が集まり家族旅行に・・。自転車で、カヌーで、ビーチで
様々なアウトドアを楽しまれたみたいです。
「やはり日本の食べ物は美味しいですね〜」としみじみ。
島によって言葉は違うみたいで、それも面白いと。
違う島同士の方がお話しをする時には標準語を使うそうです。なぜならお話しが通じないから。
とにかく見るもの、食べるもの全てが新鮮で楽しまれいる様子が言葉の端々から伝わってきました。
上村氏のなさっているガイド会社のホームページは宮古島に住んでいる方が作られているそうです。
「Skypeで打ち合わせをしている時には、こちらはマイナス30度、宮古はプラスの25度なんて笑いながら話していたんですが、
やっとどういったところで作ってくださっているのかやっとわかりました。」
これから寒いところが大好きな上村氏は北上して北海道へ。
11月上旬には釧路に入られ、その後ユーコンに戻る予定になっています。

2018.1018 O.A 「水軍まつりが」 [various story]

松瀬 一昭さん(シンガーソングライター)
https://m.facebook.com/matsusekazuaki

今回はサントリー地域文化賞のお話し。全国各地で展開されている芸術、文学、伝統の保存・継承、衣食住での文化創出、環境美化、
国際交流などの活動を通じ、地域の文化向上と活性化に貢献した個人、団体に、毎年「サントリー地域文化賞」が贈呈されているそう。
すでに30年以上もこのような活動を行っているそうです。今年、「広島県 尾道市 因島水軍まつり実行委員会」が選ばれました。
因島には中学生までしかいらっしゃらなかったそうですが、当時はお祭りの事は知らなかったと松瀬氏。
その後水軍まつりのことを知り、とても感動なさったそうです。
瀬戸内航路の要衝である因島は、村上水軍の本拠地として知られているのですが、水軍ゆかりの史跡が数多く残されている場所、
水軍にちなんだお祭りが毎年開催されているのです。祭りには島のすべての町内会が参加し、官民一体となってイベントを支えているそう。
村上水軍の歴史と、それに対する誇りや人の和の大切さを改めて実感することのできる貴重な機会といことで選ばれたそうです。
その授賞式に、松瀬氏は村上水軍の23代目の当主の方に呼ばれて行かれたそう。
この賞は他にも受賞なさった個人・団体がいらして、その中には「沖縄のくるちの杜100年プロジェクトin 読谷」も選ばれたそう。
ミュージシャンの宮沢和史氏もいらしたそうです。
沖縄の伝統芸能に欠かせない三線は、その棹の材料として最も尊ばれているくるちは、沖縄戦でその多くが焼失。現在はほとんどを輸入材に頼っているそう。
くるちは非常に成長の遅い木で、三線の棹として使えるのは100年以上の樹齢のものに限られるとのこと。
そこで植林をし、この活動を代々続けているプロジェクトをなさっているそうです。
全国すべての都道府県から受賞者が生まれてきているそうで、2018年度までの総数は214件に達したそうです。
さて、松瀬氏のワンマンライブが釧路で開催されます。11月10日(土)17:30(開場)18:00(開始)麺CAFE ALL。
ぜひ彼に会いに、おしゃべりを聞きに、もちろん音楽を楽しみにお出かけくださいませ。

2018.1011 O.A 「鮭とともにやってきた」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

今年は鮭がポロト沼にやってきたそうです。去年はとても少なかったのですが、今年は戻ってきた!!と。
・・・それとともに、色々な生き物がやってきているそうです。
まずは、カラス。どこにでもいるカラスですが、特にハシブトが多いそう。
そして、オジロワシ。今年生まれた様な若鳥が多いと。まだクチバシも黒く、体の中には白いものがある様な若いオジロ。
多い時には15羽から16羽くらいの数が確認されるそう。ボーッと佇んでいて、一羽が何かを見つけるとそこに集まって皆で食べている感じ。
今のうちにたくさん食べて体力をつけておかないと冬を乗り越えることができないのです。
厳しい冬を乗り越えることのできる若鳥は生まれた数のおそらく半数以下とか。
賢く、体力があり、判断力もあり、記憶力もあり、強く・・・等々。環境に順応していくことのできるもののみが残ることができるのです。
そして、今年は日高氏がポロトにお住まいになって15年。初めての出来事として、ヒグマが出現したそう。
今までもヒグマが通過することはあっても、そんなにたくさん目撃することはなかったそうです。
昼間から人目につくところに出てきて、鮭を狙っているとのことで、目撃情報がとても多いそう。
ただ、日高氏はまだお目にかかっていないそうです。
「川で鮭を釣ることは禁止されていますが、河口の海岸付近で以前は魚を釣っている人たちがたくさんいたんですよ。
ところが今年はそれが禁止されたんですね。平年との違いはそれくらいなので、クマの出没と関係があるかもしれませんね」と日高氏。
クマは犬よりも鼻がよく、鮭の匂いに誘われて現れたのかもしれませんね。
ポロト沼にはタンチョウもいますが、タンチョウは鮭はいらないみたいです。彼らには鮭はエサとしては大きすぎるのです。
湿原の中でバッタなどの昆虫や、ほかには貝などを食べているそうです。

2018.1004 O.A 「ホテルの一部屋から」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

10月2日の収録で、東京でのライブを終えて、もう石垣島にいらっしゃるとばかり思い込んでいた私ですが。。。
実はまだ東京にいらっしゃいました。少々東京にお疲れモードの健司氏。
収録の翌日に石垣島に戻るそうで、ギリギリ台風をまぬがれて・・・といったスケジュールの様です。
なんだかんだと東京に2週間。大きな荷物を持ちながらの移動は確かに疲れますね。
3日に石垣島に戻られてからもゆっくりできるのでしょうか?
その後プライベイトで海外に行かれるそうですが、それまでの間もライブに参加したりと結構忙しそう。
さて、東京のメインは健司氏が所属しているエロティカオのライブ。
林田健司氏を中心に集まった4人が、大人が楽しむための音楽を発信しています。
それぞれが、作詞作曲編曲をこなしMusicianでありProducerの集団。
個性あふれる楽曲に圧巻のライブパフォーマンスを会場で堪能なさった方々が羨ましい!!
昭和の名曲を披露なさったそうで・・・「どうにも止まらない」「女のみち」「ハイティーンブギ」「喝采」「ローラ」それぞれが歌われたそうです。
どれもラテン風にアレンジ?会場に居たかった・・・率直な感想です。
さて、この後の海外は完全なるプライベイト。
ということで美味しいものをたくさん食べてゆっくりできると良いですね。
まずは、石垣島に帰ることができています様に・・・。



2018.0927 O.A 「三重県に行ってきたよ!」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
https://jp01.jp/

実は今、観光関連の風評被害がすごく、その対応に追われている毎日なのだそう。
今回の地震、停電等のテレビの画面をご覧になった道外の方々が、北海道中がそうなっていると思われていると。。。
確かに海外からの観光客の方のキャンセルも相次いでいます。せっかく北海道へいらっしゃる方が増えてきたというのに。
そこで、三重県の博物館で開催される松浦武四郎展に北海道復興再開第1弾として出かけたとおっしゃっていました。
もしかすると行けないかもしれないという感じだったそうですが、なんとか出発。
テレビでの姿が全てではない。ススキノのネオンも復活したことで少しずつ元気になってきた様子もご理解いただけているようです。
とにかく現状を伝えることはできたのでは?とのこと。
松浦武四郎の出身地の方々はとても北海道が気になっていて、ぜひ一度は行って見たいとおっしゃってくださったみたいです。
松浦武四郎は江戸時代に地域を題材にしたルポタージュを書きベストセラーになった方。武四郎モノとしても有名です。
そんな彼が書いた北海道の読み物を通して北海道へ思いを馳せてくださっているのでしょう。
「観光というのは国が安全なのはもちろんですが、平和で穏やかでないと・・というのが今回よくわかりましたね。」と土居氏。
これからは北海道として勝負の時。北海道に生きる一人一人が観光大使となり、元気!魅力!発信を行っていかないと・・・と思った収録でした。
今はSNSを活用して誰ものが情報発信できる時代です。インスタグラムで観光客の方が海外からいらっしゃる時代です。
紅葉や雪のシーズンはこれから。北海道の味覚と自然を思い切り体感していただくことができるベストシーズンですね。
これからも北海道をPRする場をできるだけ設けて発信していきたいと語ってくれた土居氏の言葉通り、
私たち一人一人にできることはたくさんあるのだ思いました。

2018.0920 O.A 「スタジオから・・・こんにちは!」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

通常、東京のご自宅から・・という場合が多いのですが、前回はランニングをしながら、そして今回はスタジオからの電話繋ぎでした。
北海道の地震を東京自宅のテレビで知った兵衛氏、ドキドキしたと振り返って教えて下さいました。
実は、来年1月30日にアルバムリリースが決まり、現在、曲づくりやレコーディングにまつわる色々の作業に追われているそうです。
全てが同時進行で、パソコンの前に座り、深夜までお仕事中。
「座りっぱなしって良くないですよね」と言いつつ、たまに立っては身体を動かしている?感じでしょうか。
さらに、4回にわたるネット配信限定の曲も作りつつ、ミキシングもしつつという日々とか。
そんな中、釧路にライブでいらっしゃることをやっとお伝えすることができました。
10月8日(月)フリンジ北海道×オクトーバーフェスト2018に出演。
「アルバムリリースに向けての作業はおそらく11月初旬まで続くと思いますが、釧路に伺う時にはバッキバキですよ〜。ライブで弾けますよ!」とのこと。
釧路の後は、10月13日のSHIBUYA CLUB QUATTROと11月24日Zepp Sapporoのライブが控えています。
さて・・・前回ダイエット宣言をなさった兵衛氏。その後の進展はいかに?
「誰ですか?そんなこと言ったの?」なんてとぼけていらっしゃいましたが、どうやら横ばいの様です。
でも、釧路のライブの時には細マッチョの僕をご覧にいれますよ〜とおっしゃっていましたので、乞うご期待!!
そうそう、前回は釧路でお会いすることができたら、その時までにマイナス10キロ、
そして、次回の放送(今回の放送のことです)までにはマイナス6キロ。というお話しをなさっていたことをブログを見て再確認した次第です。(笑)
短期集中で頑張るそうです。皆さんもぜひライブでそんな彼をご確認くださいね。

2018.0913 O.A 「紅葉&オーロラキャンプツアー」 [various story]

上村知弘さん(カメラマン)
http://www.tntnaturecon.com/

前回、確か急に暑くなった夏のお話しだったのですが、今回はもう紅葉の話題です。
ユーコンよりも北になるのですが、ツンドラ地帯はすでに紅葉が楽しめるそうです。今年の紅葉はとても赤くて綺麗と上村氏。
湖面に映るオーロラ、野生動物との出会い、そして美味しい食事と充実したツアーだったみたいです。
鶴居村と根室の方がお客様。鳥に詳しい方もいらして図鑑を見ながら観察なさったと。
オナガフクロウに会いたいね・・と話しをしていたら、突然現れてくれたそうで、大興奮。
あちらでも年に1回見ることができたらラッキーといった感じのフクロウらしのですが、その話しをした途端の出現とのことで、きっと大喜びだったのでしょうね。
他にもあちらでは普通にいるスズガモ、オオハム、アビといった鳥たちにも出会え大満足の様子だったそう。
オーロラも3晩連続で見ることができたそうです。冬場のオーロラのピークは午前1:00から2:00。夏場は午前2:00前後とのこと。
今回も諦めかけた時に現れ、踊ってくれたとおっしゃっていました。
鳥に関しては出会えたのが37種、他の動物は、ビーバー、ムース、ドールシープなどなど。
キャンプをしながら楽しむツアーなので、美味しいお食事も楽しみの一つ。
上村氏の奥さんのタミーさんがお食事担当で、美味しい食事を用意なさったそうです。バイソンのシチューに舌鼓を打ち、採ったコケモモをパンケーキにシロップで。。。とお聞きしているだけでお腹が空いてきました。
カナダというとメープルシロップが思い浮かぶのですが、ユーコンには楓の木はなく、白樺シロップの様な感じのシロップがメイン。
メープルシロップほど甘くないので、お料理には最適なのだとか。
ただ、上村氏は、天気が不安定だったり、道路がガタガタだったり、その辺りは相当気をつかったのでしょう。安全第一ですからね。
帰ってきてからも車がドロドロで洗うのが大変だったみたいです。今後も9月は色々なツアーが目白押し。
日本には10月に入ってからいらっしゃるとのことで、次回の放送は、もしかすると日本のどこかから・・となるかもしれません。


前の10件 | - various story ブログトップ