So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
various story ブログトップ
前の10件 | -

2018.0719 O.A 「花たちの命は短くて・・・」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

霧多布湿原は別名花の湿原と呼ばれます。それくらい様々な花たちが順番を待って咲き誇るから。
ワタスゲの穂が去年はとてもたくさんあり、一面が白で覆い尽くされていました。日高氏も「こちらに15年いる中で一番の見応えだった」と。
例年ワタスゲはコンスタントに姿を見せてくれるそうですが、去年は多すぎ、今年は少なすぎといった感じだそう。
でもどんなにすごかったのかを見ることができるそうです。霧多布湿原をずっと撮影なさっている大坪俊裕氏の写真展が霧多布湿原センターで開催中です。
このワタスゲの穂、タンポポや柳みたいに飛ばないそうです。そんなんい遠くに行く必要がないからかもしれませんね。
ワタスゲの後のエゾカンゾウも湿原では終わり、今は霧多布岬で咲いている姿を見ることができるとか。
岬ではトウゲブキも咲いているので、オレンジと黄色が混在していてとても綺麗だそうです。
話しは湿原に戻り・・・ノハナショウブもワインレッドの花を咲かせ始めているとか。
他にはタチギボウシ。ピンクの花をこれから咲かせるそうですが、今は蕾の段階。このタチギボウシは花を咲かせる時に蕾を支えている茎がどんどん伸びるそう。
より高く花を誇らしげに見せたいのでしょうか?目立つことで虫たちを誘いたいのですね。
この後、7月下旬から8月初旬にはノリウツギの白い花が咲き始めます。その蕾も目立って来たそうです。
そして8月お盆前後にはサワギキョウが咲きはじます。そうなるともう秋ですね。
さて、鳥たちですが・・まずはポロトのタンチョウ。前回、子供が2羽というお話しだったのですが、実は小さな方のヒナが消えてしまったそうです。
1羽になったヒナは両親から愛情をいっぱい受け、スクスクと大きくなり、アオサギよりも大きい体になったみたいです。
茶色の羽も白くなって来て、そろそろ飛ぶ練習にはいりそうです。
夏鳥たちは、元気の良い声を出しているのが、ノビタキ、カッコウ、ベニマシコ。どれも小さな鳥たちです。花の湿原に謳う小鳥たち。
花はあっという間に次の花に移り変わっていきます。「見逃すと来年まで会えないですよ〜」とは日高氏。

2018.0712 O.A 「カメラまわしてます!」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

曲作りとレコーディングに追われる日々。今回の収録もその合間をぬって時間を作っていただきました。
東京のアーティストが石垣島を題材とした曲を作り、レコーディングを石垣島でしたいということで奮闘なさっています。
なんとミュージックビデオも撮らなくてはと、健司氏は全てを準備したそうです。
動画撮影のために必要な機材を揃え、カメラを持ち、夜中も撮影なさっているとか。
カメラは大好きなので、静止画はたくさん撮っていらっしゃる健司氏ですが、やはり動画は難しいそうです。
それにしてもなんでもなさるのですね。
ただ、「1日1曲」曲作りは続いています。どんなに忙しくても1日3時間は曲作りのために時間を確保なさっているそうです。
他にも島のアーティストのレコーディングがあったり、11月に開催される大きなイベントのための曲作りもあったり・・・。
「今年は曲作りと人の為のレコーディングの1年なんですよ。」
頼まれたら嫌とは言えない性格なので・・・とおっしゃっていましたが、こだわりが半端ない!ですね。
今年も半分が終わりましたが、自分のためのレコーディングはなかなか手をつける時間がない・・・と。
曲作りのアトリエは快適の様で、仕事はスムーズに進んでいる感じでしょうか。
クーラー2台目も投入!気温としては本州よりも低かったりということもあるそうですが、湿度は結構高そうです。
来年は、アルバムも作って、全国をまわりたいというお気持ちはいつも伺っているので、その為の準備は着々と進んでいるのではないかと思われます。
それにしても気になります。
健司が撮影したミュージックビデオ、編集ももしかして・・なんておっしゃっていたので、完成した暁にはどこかで拝見したいですね。
「では、これからレコーディングに行ってきますね〜」と元気一杯の健司氏でした。

2018.0705 O.A 「最近人気の軽キャンパー」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

以前、4月7日と8日に東京、代々木公園で開催されたアウトドアデイジャパンに参加なさった土居氏。
そのイベントが札幌で6月中旬に開催されました。
主催は同じオートキャンプ協会。年に1度福岡、東京、札幌と時期をずらして開催されているそう。
アウトドアグッズ、アパレル系、そして車などなどが展示されていたそうです。実際に手にしてみることもできたそうで・・・。
東京と札幌のお客さんの違いなどはあったのでしょうか?
東京の場合は、なかなか実際にアウトドアを楽しむ機会がなく、それ自体に憧れを持っている方が多いそう。だから気合いが違うと。
中にはアウトドアグッズに囲まれてライフスタイルをアウトドアにして日々の生活を送っていらっしゃる方もいるそうです。
札幌はというか、北海道の場合は、まさにアウトドアをリアルになさっている方が多いとのこと。
年に一度はグッズは新しいものが開発され、例えば、ワンタッチで出来てしまうテントとか。。。
アパレル関係、例えば登山にしても、湿気を逃して熱を残すとか、汗をかいても体が冷えないものとか。。。
そんな素材を使ったウエアなども紹介されていたそうです。
土居氏の今の夢は、軽キャンパーになること?!
北海道は少し走ると街灯がなく、綺麗な星空が眺めることができます。
なかなか仕事に追われてアウトドアを楽しむ時間がないそうですが、夢は捨てずに・・・とおっしゃっていました。
何もないところで車をとめて、クマの心配もせず、星空を眺める。贅沢ですよね。
小さい頃はボーイスカウトで鍛えた土居氏、いつかその夢が叶うと良いですね。
北海道に住む私たちは少しの時間車を走らせるだけでそんな体験ができるのです。この環境を謳歌できることに感謝ですね・・・。

2018.0628 O.A 「梅雨とパエリアと糠漬け」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

今回も?徒然なるままに・・・収録スタートです。
現在は曲作りの毎日。TRIPLANEの他にも依頼曲があったり、アレンジだけ、BGM的なものなど・・
梅雨の真っ只中の東京。毎日ジメジメして暗くて、何と無くパッとしない・・・
そんな梅雨の切り抜け方は、やはり料理とおっしゃる兵衛氏。
一つ新しい料理に取り組むと連続して作ることが多いそうですが、いまハマっているのがパエリア。
無洗米を食べている彼にとって、とても簡単にフライパン一つでできるので便利とおっしゃっていました。
最初は冷蔵庫にある具材で作ったので、?というパエリアだったそうですが、やはり海鮮を使うと出汁が出て美味しいものが出来上がったそうです。
本当はイカスミを使ったパエリアを作りたいそうですが、素材が揃わないので、少し残念そう。
もう一つハマっているのが糠漬け。なんだか難しそうと思ったのですが、実はテレビで味噌とヨーグルトで簡単にできる糠床を見て、やってみたそう。
味は糠床で作るものに比べると深みは出ないそうですが、なんちゃって糠漬けが簡単にできると。
身体に良さそうなものを食べて、さらに運動をして毎日健康的な生活を送っている感じです。
ランニングの他に、腹筋ローラーの様なものを使ってトレーニング。ただ、これがいつまで続くのかが問題です。とご本人の弁。
1ヶ月2冊の本を読むことや朝食をインスタグラムでアップすることはすでに終わってしまったみたいで・・・
次回お話しを伺った時にはどんな報告が聞けるのか?楽しみです。
今現在お住まいの部屋はあまり日当たりが良くないので、エアコンのドライ状態を継続させていないといけないほど。
身体にはあまり良くない感じがするとのことですが、それがないとカビが生えてきたり、もっと身体に悪そうなので、それは辞められないのです。
早く太陽の顔が見ることができて、思い切り気持ちの良い風を感じつつランニングができたら良いですね。

2018.0621 O.A 「白夜と夏鳥とカヌーで夏を感じる」 [various story]

上村知弘さん(カメラマン)
http://www.tntnaturecon.com/

長かった冬を終え、春の兆しを感じている間も無く、上村氏はすでに初夏を感じているそうです。
何と言っても日の長さ。夜の23:30でも明るいそうで、夏鳥たちもたくさんやってきているみたいです。
冬は留鳥として30種類くらいしかいない鳥たちが今は150種類くらいとか。
だいたいは寒い冬をユーコンで過ごすことができないので、冬は暖かいところにいて、繁殖のために夏、ユーコンにやってくるそう。
遠くは南極からは2万キロ以上も飛んでアジサシがやってきたり、サハラ砂漠からはノーザンウイッティアーという鳥も・・・。
とにかく今は聞きなれない声がたくさん聴こえてくるそうです。
今年は寒かったためか花の開花は遅く感じると上村氏。
このところ週末にはキャンプをなさっているそうですが、先日は、日本人の子供のためのキャンプにボランティアで参加なさったそう。
親が日本人でカナダユーコンに永住なさっている方々の子供達は、周りで英語を話すと日本語を忘れてしまいがち。
そこで、日本語を忘れないよう、アイデンティティーを残したいと行われているそうです。
釣りやハイキングや植物観察を行いながら、英語と日本語を使い楽しむもの。
さらに、日本でキャンプといってつきものなのはカレーライス。それを作ったりもしたそうです。
そして、夏といえばカヌー。こちらはドイツからいらした方をサポートなさったそう。
ユーコン川の川下りは釧路湿原の川を下るのとはスケールが違います。川の幅も長さも。
最低4日過ごさないと道路に辿り着かないとか。ですからテント、食料、サバイバル道具一式が必要となるのです。
ホワイトホースからドーソンまでは730キロ。ここを下るには2週間以上は必要とのこと。
ちょっと気軽にカヌー・・・とはならないですね。
でもそんな雄大な自然に身を任せてどっぷり浸かるカヌー旅、いつか絶対行ってみたいな・・と思った私でした。

2018.0614 O.A 「引越し先は最高〜!」 [various story]

松瀬 一昭さん(シンガーソングライター)
https://m.facebook.com/matsusekazuaki

今回は引越した先での近況報告です。
上の階の方ととっても親しくなり、色々な情報を頂いて充実した日々を過ごされているそうです。
70歳代の男性の方なのですが、お料理をするのも得意で、スーパーを見て歩くのもお好きな方。
ご挨拶に行った所、その方が車を出してくださり、スーパー巡りとなりました。
午前10時に出発し、お昼に戻り、それからその方のお家にお邪魔して解散したのが、夜の8時半。
どれだけ盛り上がったのでしょう。
自家製のお漬物をいただいたり、お昼からざくろジュースを使ったお酒をいただいたり。
ここのスーパーはお肉が良いのがあるとか、ここは野菜がお買い得とか・・・。
その日は25,000円も使ったとおっしゃっておりました。
お買い物も盛り上がり、お話しにも花が咲いたみたいです。
その方には奥様と息子さんがいらっしゃるそうですが、たまたまその時は外出なさっていたそうです。
松瀬氏、個人的には、最近スーパーでパクチーを見つけて嬉しかったと。なかなか売っているスーパーがないみたいです。
さて、この5月にいつもいらしている阿寒湖畔へは彼はいらっしゃいませんでした。
色々と考えた結果、もっと大きくなって、報告することがたくさんあるようになって、
それからまた・・・と思ったそうですが、すでにもう寂しい感じがして、釧路が恋しいみたいです。
まだ釧路湿原の中のカヌーでの川下りは経験ないとのことですので、今度いらした時にはゆっくりとカヌー旅を満喫していただきたいものです。

2018.0607 O.A 「タンチョウの話が単調にならずに」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

今年もポロト沼のタンチョウのヒナが2羽誕生しました。5月の大型連休の前あたりからそわそわしていた日高氏。
なんとなく様子を伺っていたそうですが、5月10日くらいから親鳥の様子が違うことに気づきました。
1羽しか見えないそう。というのは1羽は座っていたようなのです。
1羽が沼の真ん中で餌をとり、1羽が卵を温めていたのです。夕方と朝にお父さんとお母さんがバトンタッチ。
昼はオスが卵を温め、夜はメスが卵を温めるそうです。他のタンチョウもその様です。
メスの方が食事をする時間がたっぷりとあるのです。卵を産むことで失った栄養を補給しているのかもしれません。
卵が孵ってからは、オスとメスが2羽でくっついて行動する様になるそう。間にヒナがいるのです。
また、座っている親鳥の羽の中にヒナが入って温まっているそうです。
この温めている親鳥はおそらくメスと・・・日高氏。オスは警戒にあたっているそうです。
上空にオジロワシがいるのを見ると警戒する声を出すそう。
1羽や2羽のオジロワシの場合は、蹴散らすそうですが、今年はポロト沼に多い時で23羽のオジロワシが集まったそう。
その時は流石に隅の方で静かにしていたとか。
ところで、タンチョウは泳ぐことができるってご存知ですか?
さらにビックリなのが、ヒナも泳ぐことができるそう。親鳥はとても上手に立ち泳ぎの様な感じで泳ぐそうです。
このヒナたち、だいたい100日間で飛ぶことができる様になるそう。おそらく8月中旬には旅立つ日がやってくるのでしょう。
現在、カメラマンの方々が可愛いヒナと親鳥をカメラに収めようとやってきているそうですが、タンチョウたちは警戒して普段の生活を送ることができないことも。
気持ちはわかりますが、少しだけタンチョウのことを思いやって撮影していただきたいですね。

2018.0531 O.A 「毎日曲づくりに燃えて・・・」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

毎日1曲を作り上げるペースで曲作りが進んでいるそうです。「去年1年やらなかったから・・・」とおっしゃっていましたが、そのエネルギーが爆発している感じ?
デビュー前に作家として活動していた頃には1日1曲つくること強制的に3ヶ月。泣きながら作られたそうですが、今回は楽しくて仕方がない・・という雰囲気です。
いつか壁に打ち当たるかもしれませんが、それまではこの勢いが続く限り・・と。
今年は梯梧(デイゴ)の花がたくさん咲き、長い期間に渡って咲いていたそうです。
ということは、台風がたくさんで長期間にわたる?
ただ、今シーズンは空梅雨みたいで、爽やかな風が吹いているそう。
確かにお日様はジリジリしているそうですが、木陰に入ると心地よい風が吹いてきて気持ちが良いですよって教えてくださいました。
今回は健司氏に気になる石垣島の色々について伺いました。まずその1、南十字星が見える?
YES!!通常は北半球では見ることができないはずですが、石垣島では12月下旬から6月末くらいまで見えるとのこと。
健司氏も一度観察ツアーに行かれたそうですが、どれが南十字星かわからなかった・・・と。
その2、ヤエヤマヒメボタルが綺麗。YES!!バンナ公園という街を見下ろす山の西側に2万匹ほど見ることができるそう。
体長2〜5mmの日本一小さい蛍とか。とても綺麗ですって。本物に出会いたいですね〜
その3、ゆし豆腐は有名?YES!!とうふの比嘉 というお店が有名で、午前中に売り切れてしまうこともあるそう。
ただ、健司氏はそこのお味噌汁定食が美味しいと。さらに以前にも伺いましたが、やはり彼は島どうふ派。
それもパッケージが青ではなく緑のもの。より固いというか、味が濃い、ギュッとつまった感じがするそうです。
最近は、石垣牛の良さにも目覚めたそうで、3日間連続でお肉を食べたそう。歌をうたう人にとってお肉は大事!とあらためて思われたとか・・・。
「お酒には酔わないし、目覚めも爽やか、パワーがみなぎるんですよ」

2018.0524 O.A 「遠い・高い・日数かかるのハードル」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

今回は土居氏が福岡に行かれたお話しです。
今までの北海道のキャンペーンといえば、東京、大阪、名古屋などの大都市での開催だったそうです。去年から他の都市でも開催されるようになりました。
去年は、鹿児島、福岡、山形、新潟、広島など8都市で開催したそうです。
千歳空港からの直行便があるところを優先的に進めているそうです。
北海道に良いイメージを持っていても、「遠い」「高い」「日数がかかる」というハードルが。
実際に現地でお話しを伺うと、距離感がまったく違うことに驚かれるそうです。北海道の地図と九州の地図を重ねて、その広さを説明するとビックリなさるそう。
ですから、初めての方向けにまずは、北海道に興味をもってもらうことからお話しをスタート。
次に、その価格について。現在はLCCも飛んでとても安く、さらに、直行便だと九州から2時間強で千歳に到着するのです。
北海道フェアin福岡という民間が開催するイベントにブース出展なさったそうですが、九州の方を実際にお話しをする中で手応えを感じたと土居氏。
まだまだ北海道のことを知らない方がいらっしゃる・・・。確かに自分の住んでいるところ以外は意外と知らないものですよね。
札幌の人口が約190万人、旭川の人口が約35万人。その中間に値する都市がたくさんあるのです。
そういったところに北海道をもっと知ってもらう。今年も全国各地に出かけていき、北海道の魅力を含め紹介していくことは続けていくそうです。
お話しを伺っていて日本の中の移動距離について、あらためて考えさせられました。
今年の夏には釧路にもLCCがやってきます。たんちょう釧路空港-関西国際空港線が運行開始になります。
5月19日と20日には関西国際空港で「関空旅博2018」が開催されるそう。政府観光局、航空会社、旅行会社 等が一堂に集まり、
ブース出展やステージイベント、セミナー等を実施。その他、アーティストによる旅にまつわるトークやライブも紹介されるとか。
試される大地・・・まだまだ北海道のチャレンジは続いていきそうです。

2018.0517 O.A 「朝食写真とギョウジャニンニク」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

今回も?徒然なるままに・・・収録スタートです。
毎週ツアーをなさっていたそのツアーも終わり、放心状態からやや回復傾向のある中お話をしを伺いました。
現在は、メンバーとも会わず、それぞれが個々に動いているそうです。中には何をやっているのか?わからない方もいるとか。
兵衛氏は毎日曲作りをなさっているそうです。
そんな中、やり続けているのが、Instagramに毎日朝食をアップすること。
1日1本、何かしらをアップしようとメンバーで決めたそうで、兵衛氏はたまたま朝食を毎日作っているので、それをアップしようと。
単にお料理を作るのがお好きということもあるのですが、朝食には良いものを食べたい!と思われているから・・・なのです。
ご覧になった方はご存知だと思いますが、焼き魚にごはん、お味噌汁、野菜等々。まるで旅館の朝食みたい。
パン食なのかな?と思っている方がいらっしゃるそうで、意外な一面を発見できたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
収録の日は、少し朝寝坊したとのことで、朝食を作り、写真を撮ったところで、宅配の方がいらっしゃり、その後私からの収録の電話が入り・・・。
朝食お預け状態での収録だったみたいです。
そこで、話題はギョウジャニンニクへ。実は叔父様がギョウジャニンニクとコゴミを持って北海道から彼のお家へいらしたそうです。
子供の頃はあまり好きではなかったギョウジャニンニク、今はお酒の肴にして食べられているみたい。
「たらの芽の天ぷらやウドも良いですよね〜」東京ではあまり春の山菜にお目にかかることがないそうで、北海道の春の味を思い出し、懐かしく感じるのでしょうね。
札幌に山菜に時期に帰ると、その後東京に戻っても北海道のその味が恋しくなるそう。
でもスーパーに行っても売っていないし・・・。
7月1日にはTRIPLANE独立1周年を迎えます。それぞれに充電し、また素晴らしい歌声とパフォーマンスを披露してくれることと思います。
前の10件 | - various story ブログトップ