So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

monochrome mental scenery [path-art]

P1013054.JPG P1013556.JPGP1023766.JPGP1024142.JPG
ストリートスナップ。街を歩き、偶然出あった人々や街の光景をその場で撮る感じの中藤氏。
なぜ都市のスナップショットなのでしょう?それはよくわからないそう。生まれも育ちも東京。
街の中で育ち、街にいることが自分にとっての当たり前の環境。それが自分にとっての自然だったと。
ご自身の作品は9割モノクロ。「モノクロームって見る人の想像力を掻き立てるような効果がすごくあると思う。
現実の世界はもちろん色があってそれが記録としては正しいんです。
モノクロは色をなくしたことである意味抽象的な世界になるんですよ。
よりイメージを強めるというか、さらに強調して見せたい部分とかを強めるような効果が・・・。
例えば水墨画とか、書とかはやはり強さがあると思う。
写真でも色がある写真ももちろんそれはそれでしか表現できないことがあるけれど、白黒でしか表現できない世界があると思うのです。」
P1024295.JPG P1024371.JPG P1024539.JPGP1024583.JPG
作品を撮る時はデジタルで撮っていても、最初からモノクロにして撮影しているそうです。見るときの自分の目が違うと。
色に反応しないで、よりモノクロの世界に入って撮れるから。それが一番大事なプロセス。目がモノクロになるというか・・・。
そもそもはお父様とお兄様がカメラが好きで、何台も家にカメラがあったそうです。子供の頃から撮っていたそう。
本格的には高校の頃、パンクロックのライブがあり、そこに通い、ステージ写真を撮ったり、
ミュージシャンの写真を撮ったり、チラシとかジャケットなどに使ってもらったりしていたと。
音楽関係の写真から本格的に始めたのです。それから写真が面白くなり、大学を辞めて写真の学校に入り直します。
そこで師と仰ぐ森山大道氏に出会い、さらに写真の世界にのめり込んでいったのです。
ご自身の2作目の写真集「Winterlicht」東ヨーロッパの色々な街を撮ったもの。その写真集を出した時に自分なりの写真が確立できたと思えたそう。
今でもその写真集に対する思い入れが一番あるとおっしゃっていました。
それまで激しいハードな写真を志していて森山大道氏の影響も大きかったと。そこで一つ超えられない壁みたいなものもあったそう。
自分なりに次の自分独自の作風というのが光の捉え方やプリントの調子、被写体だったり、色々な意味で確立できたかなと思うのがその本。
Winterlicht 06.jpgWinterlicht 11.jpg NY_03-1.jpg
実は今回、釧路には取材撮影でいらしていました。デジタルカメラマガジンの9月号に彼の作品が掲載されます。
「写真家の源流を辿る」というタイトル。色々な写真家のリレー連載。その写真家のルーツになった様な土地を訪ねて撮るという企画。
彼ご自身は東京生まれですが、家族が釧路に所縁があり、ご両親が若い頃に釧路に住んでいらっしゃったり、お兄様は釧路生まれだったり。
ご自身も夏休みや冬休みには釧路にいらっしゃっていたそう。釧路という街はもう一つの原風景。大きな存在としてあるそうです。
P1034881.JPG P1024610.JPG IMG_3421.jpg
「モノクロの釧路の写真で心象風景というか、気持ちを風景に投影する様な・・
子供の頃に見た釧路の記憶を思い浮かべてそれを風景に投影させながら撮っている感じでしょうか。」
※尚、写真は中藤毅彦氏からお借りしました。

faith and the beauty [path-art]

IMG_3333.jpg IMG_3334.jpg IMG_3335.jpg IMG_3336.jpg
IMG_3340.jpg棟方志功の福光時代とは・・・
戦時疎開のために、選んだ土地とのこと。もっと信仰を学びたいとお寺等が密集している地域を選ばれたそう。
富山県福光町(現南砺市)で過ごし、地域の人たちとの交流を重ね、作品にも深みが増していきます。
昭和20年から26年に焦点を当て、約130点が展示されています。
彼にとっては世界のムナカタと呼ばれる手前の時期。
武束氏曰く「ホップ・ステップ・ジャンプのステップの時期と考えるとわかりやすいかも・・・」
もちろん、中にはイメージ通りの棟方志功の作品もありますが、
普段は個人宅にあったり、お寺にあったりして見ることが難しい作品も展示されています。
中には、道内初公開の作品も・・・。
IMG_3341.jpg IMG_3342.jpg IMG_3343.jpgIMG_3344.jpg
IMG_3345.jpg今までに全国にまわったことのない作品、
もしかすると日本初公開?と思える作品まで見応え抜群です。
カラフルな版画、伸び伸びと脈打つ書、自由奔放に創られた感じの作品ですが、
実は綿密な構図が頭の中にしっかりとあり、
そこに筆を遊ばせる・・・まさに彼が描いた筆使いを想像できる作品の数々。
そして、掘り。
木と向き合い、戦う・・・そんな生き生きとした空気感を感じる作品たちです。
(棟方志功の福光時代展は8/26まで釧路市立美術館で開催中)

abundance of thought [path-art]

IMG_3115.jpg IMG_3116.jpg IMG_3118.jpg IMG_3119.jpg IMG_3121.jpg
今回のイヌイットの壁かけのコレクター岩崎昌子氏にお話しを伺いました。
現在はカナダトロントに在住とのこと。
ご主人の仕事の関係でカナダに行かれたのが1970年の頃。最初にカナダに行かれたのが2月、一番寒い時期でした。
その3ヶ月後、オタワに行く機会があり、街のショーウインドゥにイヌイットのブルーの壁掛けがかかっていたのです。
それを見た時に「これは子供の描いた絵みたいだけど、でもそれとは違う。色の感覚が非常に私たちと違う。」と思ったそうで、
すっかり魅せられてしまったのです。それが出会いだそう。
ただ、その時は作った人たちが北極に住むイヌイットであるということもあまり気にしていなかったと。
その後北極には2度行かれたそうですが、だいぶ後になってからとのこと。
出会いの作品の前で写真撮影させていただきました。
IMG_3123.jpg IMG_3124.jpg IMG_3125.jpg IMG_3126.jpg IMG_3127.jpg
IMG_3128.jpg「彼らはモノクロの世界に住んでいます。
全然カラフルなものがないの。夏場にわずかにコケに小さな花が咲くくらい。
だからかえって色に対しての憧れというのかしら・・・・・
彼らは美術学校に行って色のことを学んだわけでもない。だから感性の色んなんですね。
顔がピンク色だったり、緑色だったり、そこがとってもユニーク。自由というか・・・。
その感覚に魅せられたんですよ。
稚拙だという方もいらっしゃいますが、私は大人が子供心で、感性で描いた色々な世界だと思います。」
蒙古斑がイヌニットの方にも日本人にもあります。
見た目も似ているそうで、言葉がわからなくても通じるものがあるそうです。
まるで親戚が来たみたいに喜んでくれたそう。

120枚以上集めた壁かけ。実はどちらかというとアート的なものがお好きとおっしゃる岩崎氏。
本当にお好きなものは岩崎氏がまだ所有なさっているそうです。
こんなにたくさんの作品が一堂に会することがあまりないとのこと。
斬新な発想、デザイン、色使いに出会ってみてくださいね。
(極北のくらしと手仕事 イヌイットの壁かけ展は8/26まで北海道立釧路芸術館で開催中)

art in wonderland [path-art]

帯美魔法 portrait.jpg 帯美魔法 SplashDisplay.jpg 帯美魔法 traces.jpg
見て・触って・楽しめる体感型の展覧会。
2年前に釧路でも開催されましたが、今回はさらに新しい作品が目白押しとのこと。
12作品中7作品が道内初とか・・・。
光と音と映像を駆使した作品が揃っています。今回の展覧会は、遊ぶようにアートと触れ合う内容です。
例えば、「portrait」という作品は、額縁の前の椅子に座ると、そこに自分の顔が現れ、さらに動き出す。お聞きしただけでも楽しそうです。
また、「黒い魚たち」は、水の上を歩いている感覚になる作品。魚たちが寄ってくる感じ。美術館の中に不思議な池ができた感じを体験できるそう。
さらに、「ensemble silhouette」は流れる五線譜の上に、星のシルエットを奥と音が出てくる。皆でアンサンブルを奏でる楽しさが味わえます。
まだまだ不思議なアートがたくさん。触れることで溢れ出る光、弾ける音、次々と変化する映像・・・
まるで魔法にかかった様な世界が体験できます。
知らず知らずにアートを感じる展覧会、ワクワクがいっぱいつまっています。
帯美魔法 黒い魚たち.jpg 帯美魔法 七色小道.jpg 帯美魔法 衝突と散乱.jpg
※尚、写真は北海道立帯広美術館 野田佳奈子氏からお借りしました。
上の段の左:portrait/宮本昌典/田中陽/(c)masanori MIYAMOTO/you TANAKA
中:SplashDisplay /的場やすし/山野真吾/徳井太郎/(c)yasushi MATOBA/shingo YAMANO/taro TOKUI 協力:電気通信大学小池研究室
右:Traces/岡田憲一/(c)kenichi OKADA
下の段の左:黒い魚たち/藤本直明/(c)naoaki FUJIMOTO
中:七色小道/坪倉輝明/(c)teruaki TSUBOKURA
右:衝突と散乱/藤本直明/(c)naoaki FUJIMOTO
(魔法の美術館は6/30から9/5まで北海道立帯広美術館で開催)

inuit's・・・ [path-art]

IMG_3002.jpg IMG_3004.jpg IMG_3006.jpg IMG_3008.jpg
イヌイットの壁掛けをメインに、人形、石版画、石彫などが70点以上展示されています。
イヌイットとは、カナダ北部などの氷雪地帯に住む先住民族のエスキモー系諸民族の1つで、人種的には日本人と同じモンゴロイド。
エスキモー最大の民族とのこと。彼らの人口は65,000人ほど。以前は狩猟をしながら生活をしてきました。
今から約50年ほど前にカナダの施策として定住生活をするように変化。
女性たちは代々、家族の防寒着を手作りしてきました。近年、彼らの生活が変わり、防寒着の素材も毛皮からダッフル地に変わります。
そこで余った生地に伝統的な自然観や生活の様子をパッチワークした色鮮やかな壁掛けが作られるようになったのです。
イヌイットの壁掛けのコレクターの岩崎昌子氏が本を出版なさいました。そして本の中にある壁掛けは現在は、北海道立北方民族博物館の所蔵品となっています。
今回、そこからセレクトされた作品が展示されています。
彼らが住む世界にはほとんど色は存在しません。ですが、制作された作品にはとても鮮やかで品のある色がたくさん使われています。
色の組み合わせ等からはヨーロッパ風な感じも受け取ることができます。
彼らの伝統文化や誇り、そして現在は失われてしまったものを懐かしむ心などを感じることができるのではないでしょうか?
IMG_3009.jpg IMG_3011.jpg IMG_3010.jpg IMG_3003.jpg
(極北のくらしと手仕事 イヌイットの壁かけ展は6/22から8/26まで北海道立釧路芸術館で開催)

tokapuchi [path-art]

写真 2016-09-24 17 45 44.jpg 写真 2016-09-24 17 46 01.jpg 写真 2016-09-24 17 46 15.jpg 写真 2016-09-24 17 47 33.jpg 写真 2016-09-24 17 49 47.jpg
トレスアニョス展が今年も十勝で始まります。
今年で21回目を迎える十勝のもの作りによる合同展覧会です。
作品は木工、家具、イラスト、彫刻、紡染物、クラフト金工、ラブバード、手製靴、
野のかご、羊毛、レーザー加工など多岐にわたるそうです。
今回のテーマは「トカプチ散歩~みらいへの歩み~」実は今回の会場が初の中札内文化創造センター。
今までは帯広の森を会場に開催することが多かったので、今回は森を出て散歩をしようと決まったそうです。
作家自身が自分を見つめ直すという意味も込められているとのこと。
映像と音を駆使した作品や、皮を使った靴を出品なさる初参加の方もいらっしゃるそうです。
そもそもトレスアニョスとは、スペイン語で、3年という意味。
1986年に帯広高等技術専門学校の木工科を終了した4人を中心に、3年後の成果の発表の場として始まったのです。
期間中には様々なワークショップも予定されています。
実際に作品を見て、自分もトライしてみる。ものづくりの楽しさを感じることができる展覧会です。
サブタイトルにある<色んな創るが面白い>まさにそれを体感できる企画ではないでしょうか。
写真 2016-09-24 17 51 31.jpg 写真 2016-09-24 17 51 50.jpg image1.JPG image3.JPG
※尚、写真はトレスアニョス展実行委員長 岡善博氏からお借りしました。展示風景は2016年のものと岡氏の作業風景です。
(トレスアニョス展は6/16から6/24まで中札内文化創造センターで開催)

hizumi [path-art]

IMG_2916.jpg IMG_2917.jpg IMG_2918.jpg
現在は帯広市で喫茶店とギャラリーを運営なさっている大久保真氏。
なかなか制作に当てる時間が取れないと嘆かれていましたが、写真に自分の言葉を添えるという作品が主とのこと。
湿地や海岸、そして、その様なところに落ちているものを材料にしてオブジェなども制作なさっています。
なぜ湿地なのでしょう?湿地の写真を撮り始める前から写真は撮影していたそうです。
たまたま春に差し掛かるくらいの時期に豊頃町の湿地に出会い、それがとても美しく、こういうところで写真を撮り続けることができれば良いなと思われたそう。
カラッと晴れた、夕焼けがギラッとというものではなく、自分の心もよう、心象風景を反映できるような風景写真を撮りたいと思っているそうです。
どちらかというとどよんとした風景の写真が多いとか。
結局、自分の内面の表現なので、日常の生活の中で自分の心の中に引っかかるもの、気になること、そういうものを写真や言葉で表現しているのです。
例えば、社会の中での、人間関係の中での、歪みみたいな・・・歪みがキーワードになるかもなんて。
その様なものをカタチにしてみたいそうです。それを見ていただいて何かしらを感じていただければ良いかな・・と。
「湿原に行くと懐かしい気持ちになるんです。子供の頃に見た原風景というのもあるのかもしれないですね。
人間自体が文明が発達したのは湿地帯、湿原みたいなところから文明は発達したと思うんです。
人間に組み込まれたDNAみたいなものがあるような気もしていますね。人間の文明は湿原に影響されて作られてきているのでは?という思いもあるのです。」
彼にとっての作品作りは、作家の存在意義につながる自分自身の内面の表現。
アートとは、非生産的だけど自分自身にとっては、なくてはならないもの。自分自身のもの。と教えてくださいました。
IMG_2919.jpg IMG_2914.jpg
今回帯広コンテンポラリーアート2018にも参加なさるのですが。現在は構想段階。
今のところ十勝の海岸線に沼地などがあるその辺りのキャンプ場の管理棟を借りて作品の展示ができないか交渉中。
展示期間:2018.0911〜0916
展示場所:豊頃町 長節湖周辺(予定)
※尚、写真は大久保真氏からお借りしました。(以前撮影されたものです。)

obihiro contemporary art 2018 Estuary [path-art]

top1.jpg top2.jpg
今年の帯広コンテンポラリーアートはいつもと少し違うみたいです。
今までは期間を決めて、場所を決めて実施された作品展、今回はとてもフレキシブル。
簡単にいうと、
作品を展示する期間も場所も作家に委ねられています。
どこで何を見ることができるの?と素朴な疑問が・・・。
オリジナルのホームページにその情報が載っています。そこを見て、自分の気になる作家さんの作品展示場所に出かけて鑑賞するというスタイルです。
今年のテーマは「河口」。
top3.jpg top4.jpg
ーーーーーー
河口という2つの水域が混合、もしくは融合する<結節点>に立ったなら、過去の、未来の夢が見えるかもしれない…。
河口という流動し、変動し続ける<転換点>に身を置いたなら、時代や環境の奥深くに隠れ潜んでいる抗いの様相や不変の意向が姿を現すかもしれない…。
ときには複雑に重層し、錯綜する河口の魅力的な物語(ストーリー)に着眼。
人もまた己の中に―それぞれの河口―を持っているという前提のもとに、
河口が内包する普遍性と特殊性にアートの視点から一歩踏み込んだ展覧会「『河口』展」を開催します。
ーーーーーー(帯広コンテンポラリーアート2018のホームページより)
5.jpg

河口から始まる歴史。歴史の切り口として選ばれたそうです。
作家として表現の原点にかえるという意味も含まれています。
作家によっては作品の制作過程を含めて作品と考える方もいらっしゃいます。
随時映像などをアップして最終的に一連の作品が出来上がるという方も。
今回の会期は4月1日から12月31日まで。
河口というテーマは様々な意味合いを持ち、イマジネーションを膨らませてくれるものがいっぱいつまっている感じです。
もちろん作家によってどのような表現をするのか・・・作家同士にとっても面白い企画では?と私は感じました。
※尚、写真は帯広コンテンポラリーアート2018 実行委員長 吉野隆幸氏からお借りしました。
http://tokachiart.jp/index.html
https://www.facebook.com/boufuurinart/

am [path-art]

守章とはそもそも双子の兄弟のユニット名。お兄様は平面的な作品を作り、お話しを伺った弟さんはインスタレーション、立体的な作品を作っていらっしゃいました。
あるきっかけでユニットを組むことに。その後、2009年からは弟一人のユニットとして活動なさっています。
小さい頃から何かを作ったり描いたりすることはお好きだったそう。
小学校5、6年の頃の担任の先生が美術が大好きで授業以外にクロッキーの授業を1週間に2コマくらいやっていたそう。
まるで美術大学の予備校みたいな感じの授業だったそうです。その時、先生に評価してもらったことも今の道に進むことに影響しているとか。
実際に制作されてきた作品について伺いました。
一番最初にお兄様とユニットを組んで制作したものは、お互いに違う領域で仕事をしようと決め、一台のビデオカメラを目の前に、
自分たちを表現するという作品を作られました。パフォーマンス的要素が大きかったと。
AM(1996)#1.jpg AM(1996)#2.jpg AM(grind)(1997)#2.jpg
Akira MORIのイニシャル AMというその後シリーズ化する作品の最初の作品です。
他の作品はとしては、ひとりユニットになった時に取材したものとして防災無線の音があります。
最初は東京23区から始まり、200以上の防災無線の音を取材。一番最初は豊島区に住んでいたので、その時の音が一番大きく、圧力を感じる音とおっしゃっていました。この防災無線のなっている場所が非常時、災害時にちゃんと起動するかどうかを毎日チェックするためのテストをしているということを知ります。
曲自体には意味がなく、日本全国どこでも鳴っていて、それが日々更新しているということがすごく日本的だなと思ったそうです。
終日(近所)(2014)#1.jpg 終日中継局(2012)#3.jpg 終日貼紙(2012)#2.jpg
作品タイトルがAllDay。終日。私たちは、日常というものが当たり前にあると思っています。
その日常の中で、非日常の為に防災無線が毎日繰り返しテストされているのです。
それがぼんやりしたイメージとか、誰も気づかない市民の人たちの中で日々行われているというのがすごいなと思ったのです。
ただ2011年の3月11日、それが現実を追い越したという気持ちに。防災無線の取材はそのずっと前からなさっていましたが、その時に一旦止めたそうです。
その後2012年にこの防災無線を使ったプロジェクトを実施。今もそれは続いていると。
手がけた作品に通じるコアコンセプトとは・・・
作品は作家が作るのではなく、作品と、その同じ作家が作った作品の間に誰かが見出すもの。だから、作家が目の前にいなくても作家は見出されると思っているそうです。これはユニットにも通じることの様です。
「アートとは・・・哲学です。」と言い切る守氏。今後釧路での作品展でどんな作品を発表なさるのか、とても楽しみです。
Nick@菜香亭(2008).jpg 仮換地(2014)#1.jpg 仮換地(2014)#2-1.jpg 仮換地(2014)#3-1.jpg
※尚、写真は守章氏からお借りしました。
上の段の左:AM(1996)#1 中:AM(1996)#2 右:AM(grind)(1997)#2
真ん中の左:終日(近所)(2014)#1 中:終日中継局(2012)#3 右:終日貼紙(2012)#2
下の段の左から:Nick@菜香亭(2008) 仮換地(2014)#1 仮換地(2014)#2-1 仮換地(2014)#3-1


cheburashka [path-art]

R0001304.JPG R0001305.JPG R0001306.JPG R0001308.JPG R0001309.JPG
チェブラーシカは・・・
・茶色の子ザルみたいな、タヌキみたいな、摩訶不思議な生き物。
・オレンジ色の箱に詰められてやってきた正体不明の生き物。
という設定で、物語の脇役としてこの世に誕生しました。
この名前は「ばったり倒れ屋さん」というロシア語。ドスンと落ちる、つまづく等の意味を持つロシアの古い言葉に由来しているそうです。
見た目もネーミングも不思議なキャラクターです。
生みの親は、童話作家のエドゥアルド・ウスペンスキー。
絵本は、1966年「ワニのゲーナとおともだち」の1キャラクターとして登場しました。
エドゥアルド・ウスペンスキーは物語を紡ぐのが仕事ですから、オリジナルのチェブラーシカは文字、文章でしか残されていないそう。
文章から想像して挿絵画家が描いたことで、姿かたちが様々なのです。
私たちが一般的に思い浮かべるチェブラーシカの姿は、アニメーション作品のものかもしれません。
原文に表現されているチェブラーシカは
「ミミズクのような大きな黄色い目。ウサギのような頭、子グマのような尻尾を持つ、熱帯からきた普通では知られていない動物。」
ちょっと想像すると・・・あまり可愛い感じはしませんね。
そして、アニメーション制作におけるチェブラーシカは、1969年、カチャーノフ氏が手がけるアニメーションで登場しました。
今回の展示の見どころは、マケット(模型)とのこと。2010年に公開されたサーカス小屋の舞台セットです。
この制作には、ロシア以外にも、韓国や日本のスタッフが関わったそうで、6年越しで作られたものなのだそう。
また、最新作のアニメ「チェブラーシカ動物園へ行く」のマケットも公開されています。実際に撮影で使われた人形も数多く展示されているそうです。
R0001310.JPG R0001311.JPG R0001312.JPG R0001318.JPG R0001316.JPG
(チェブラーシカ展は6/24まで釧路市立美術館で開催中)