So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2019.0322 O.A 釧路市こども遊学館 多胡学芸員 「春分の日を考える」 [motto museum]

190322mmt.jpg
3月21日は春分の日。日本の国民の祝日の一つです。この春分の日は、国立天文台が「春分日」を含め作成する翌年の「暦象年表」という小冊子に基づき、閣議決定されて前年の2月1日に暦要項として官報で告示されるものだそうです。天文学に基づいて年ごとに決定される国家の祝日は、世界的にみても珍しいそう。ではその定義とは何でしょう?春分とは、太陽が春分点を通過した瞬間のこと。すなわち太陽黄経が0度になった時だそうです。暦では、瞬間が属する日であり、これを春分日と呼ぶのです。よっていずれの日が春分日になるかはその国、地域の時差によって1日の違いが出るそうです。ところで、春分の日は、昼と夜の長さが同じとイメージされる方が多いと思います。ところが・・・実は違うそうです。春分日には太陽は真東から昇り、真西に沈みます。春分では太陽は赤道上にあるため、天文的な位置関係からは昼と夜の長さが等しくなるように思えるのですが、実際には違います。年により差があり、平均すると昼が夜よりも約14分長いのです。それには理由があります。一つは大気差。大気による屈折で太陽の位置が実際よりも上に見えるため。計算上は日出日没の時間の差は約2分20秒。その2、太陽の視角。太陽の上端が地平線と一致した時刻を日出、日没と定義しているため。計算上日出日没の時間の差は約1分5秒。他にも日周視差や春分のずれなどがあるのですが、これらを考えあわせると、日出は、太陽の中心が地平線から昇るより平均3分25秒早く、日没は、太陽の中心が地平線より沈むより平均3分25秒遅くなるのです。従って実際に昼と夜の長さが最も小さくなる日は春分の4日程度前になるそうです。
http://kodomoyugakukan.jp/

2019.0321 O.A 邦楽 [chord5]

・君はともだち / ダイヤモンド・ユカイ
・BEST FRIEND / SMAP
・My Friend / やしきたかじん
・我が良き友よ / かまやつひろし
・友よ / 長渕剛
~今回は邦楽一般。今日のテーマは何でしょうか?第2弾
今夜は松谷氏とmidoriでお送りします。 セレクトは松谷氏です。

2019.0321 O.A 「JP01でスポーツ特集?」 [various story]

土居 功さん(JP01編集長)
https://jp01.jp/

3月末に発行されるJP01の特集は北海道のスポーツ。スキー?スケート?カーリング?と思ったのですが、実はパークゴルフ。
観光パンフレットにも載っているそうです。発祥の地 幕別町での世界戦略のお話しやオールシーズン使うことのできる場所等々。
道具もブランド物がたくさん出ていて、ハマったら止まらないという勢いだそうです。
他にスポーツ合宿のことや、地域おこし協力隊がスポーツを題材に行なっていることなども掲載されるそうです。
前回お話しを伺った北斗の件も無事完成したそう。
とにかくネタが豊富。今までメディアが見向いていなかったということが浮き彫りになったみたいです。そのお陰で良い取材ができた・・とも。
トラピスト修道院 の隣にサッポロビールがワイナリーを作るそうです。
今年第一期の苗の植え付けを開始し、2021年に最初の収穫を迎える予定と。
2022年にはファーストヴィンテージとして収穫されたぶどうから醸造したワインを発売することを目指しているそうです。
この他話題が尽きない北斗市、これからもまだまだ目が離せない感じです。
そして、土居氏も大好きなゴールデンカムイ。JP01では応援企画で連載記事を掲載していますが、このスタンプラリーがすごいことになっていると。
北海道と北海道観光振興機構では、TVアニメ「ゴールデンカムイ」を活用した「北海道はゴールデンカムイを応援しています。」スタンプラリーを実施中です。
札幌、小樽、釧路、網走、旭川、夕張等、全11箇所をまわった方は1000人を超えたそうです。
距離にすると東京ー山口間と同じくらい。まさに試される大地とブログでおっしゃっていた方がいるとかいないとか。
現在はアニメツーリズムという言葉があるそうです。アニメやマンガのファンが、作品の舞台となった土地等を訪れる旅行のこと。聖地巡礼とも呼ばれるそうです。
新たな地域振興策として全国各地で注目されているとのこと。旅行が趣味の目的を満たすためのものになっている・・・
旅行も多様化してきているという証拠なのかもしれません。

ochiishi plan [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
2008年から毎夏、根室の落石岬に残る旧落石無線送信所で「落石計画」というアートプロジェクトが展開されています。
今回は、美術館というホワイトキューブの中で、去年夏に開催された「つくる、くちる、つくる、」
というテーマで作られた作品が展示されました。
移動展みたいな感じでしょうか。
落石計画、当初は井出創太郎氏と高浜利也氏による銅のキューブを使った茶室の制作がメインでした。
ところが地元の人が関わったり、美大生や若い作家も参加して作品を制作したり、そこで展示したり、さらに広がりをみせてきたのです。
今回の展示は廃屋的な旧落石無線送信所での展示とはやはり異なった見え方になっているそうです。
落石では、海の香り、鳥たちの鳴き声、塩分を含んだ霧、湿った空気など、私たちの五感で感じる展示だったのに対し、
ある意味、そこで「見る」ということだけに特化した鑑賞ができます。
イメージは一緒でも、状況が違う、環境が違う。
見え方は同じでも感じ方が違う。そんな楽しみ方ができると、お話しを伺った高浜氏はおっしゃっていました。
この落石計画には「銅版画試論」というサブタイトルがつけられています。
まさに井出氏と高浜氏が今まで培ってきた様々な出来事、作品がこの展覧会でも感じることができると思います。
「落石計画では銅の茶室だけではなく様々な化学変化を起こし、一つの運動から結末のない流れを作っているんです。
今や茶室の完成という概念は薄れてきているかもしれません。今までやってきたことが振り返るとそれは=生きるということなんですね。
だからこれからも生きている限りは続けていきたいと思っています。」
5.jpg 6.jpg 7.jpg
※尚、写真は高浜利也氏からお借りしました。
(落石計画 井出創太郎×高浜利也展は3/31まで網走市立美術館で開催中)

2019.0315 O.A 釧路市立博物館 加藤学芸員 「楽器の博物館に行ったよ〜」 [motto museum]

190315mmk.jpg
静岡県浜松市にある楽器博物館をご存知でしょうか?加藤氏は、入ってすぐに、アジアの民族楽器がズラリと並べられていて、イメージしていたものとは違いビックリしたそうです。現在使われている楽器の歴史を紹介する様な博物館と思いきや、みんぱく(国立民族学博物館)の音楽版の様な感じだったそう。時間の経つのも忘れるほど楽しい時を過ごしたそうです。東南アジアの様々な楽器をセットで演奏する様子を再現したり、実際にそこで演奏をした映像もあったり。この楽器博物館にはアジア、オセアニア、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパから900点あまり。さらに鍵盤楽器、日本の楽器、電子楽器、国産洋楽器などが400点以上展示されているのです。音を出す基本的な仕組みは同じでも、国によって、地域によって材質が違ったりするそうですが、でもどこか似ていて面白いと思ったそうです。もちろん触ることはできないのですが、コーナー毎に楽器を演奏した音を、音楽として聞くことができる様にもなっているとか。その中でも加藤氏が気になったものをご紹介いただきました。まず一つがデュオピアノ。グランドピアノを2つ対面でくっつけた感じのもの。ほぼ正方形の形のピアノに向かい合って座る感じです。他にはストローヴァイオリン。通常のヴァイオリンにラッパがついています。写真を見せていただきましたが、弾きながら吹くのではなく、ヴァイオリンの音を拡張する感じでしょうか。他にとにかく細いヴァイオリンや、ステッキヴァイオリンと呼ばれるもの等、一体何の目的で作られたのでしょう?気になります。確かに持ち運びはしやすい感じはしますが・・・。ご自身もフルートを演奏なさるのでその中でも特に気になったものが尺八みたいな縦型のフルートだったそうです。
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

2019.0314 O.A BAND [chord5]

・君が思い出になる前に / スピッツ
・空も飛べるはず / スピッツ
・青い車 / スピッツ
・ロビンソン / スピッツ
・チェリー / スピッツ
~今回のバンド編、スピッツ特集です。
セレクトは河口氏。今回の出演は、河口氏&midoriでお送りします。

2019.0314 O.A 「卒業といえば。。。」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

3月といえば・・・卒業!ということで、卒業にまつわる思い出話を伺いました。
第2ボタンにまつわるお話し。おそらくモテモテだったと思われる兵衛氏。やはりその通りでボタンは全部なくなったそうです。
中学の卒業式。彼女がいらしたので、当時第2ボタンはその方へ。
ご自身では「うるさい男子だったので、女子に好かれているとは思っていなかったんですよ。笑いをとりたい!!とはしゃいでいる感じだったので。
女子には煙たがられていると思っていました。」
ところが後輩の女子が「腕のボタンでも良いのでいただけませんか?」と。その時の様子がとても印象的だったと懐かしそうに語ってくださいました。
ただ、卒業というと何よりも忘れられないことが・・・ご自身の卒業式ではなく、1つ上の学年の卒業式のこと。小学5年生の時のことです。
感情の芽生えというか、ワンランクアップして大人になったと感じた瞬間があったそうです。
兵衛氏はサッカーチームに入っていました。体が大きかったこともあり、1つ上の6年生とともに過ごすことが多かったそう。
先輩というよりは友達といった感じで楽しい時間を過ごしていたそうです。
兵衛氏は当時5年生で卒業生を送り出す側。器楽隊で、演奏をしていました。
その曲を演奏しながら一緒にサッカーをしていた仲間達が退場していく背中を見ていた時に急に抑えられない感情が押し寄せ、号泣。
指揮棒を振っていた先生さえも「あの江畑が・・・・・」といった表情を浮かべていたそう。
今まで味わったことのない感情。自分を何かを失うという感覚を覚えたのです。
中学に進むと先輩として接しなければならない。今までの様に一緒に笑い合うことはないんだ。もう一生手に入らない日々・・今僕は失っている時間なんだな・・と。
その時のことを鮮明に覚えているそうです。

来週からTRIPLANEのツアーが始まります。

art brut intersecting hearts 2 [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg
前回アール・ブリュット展の選定作家のお一人、梅田マサノリ氏にお話しを伺いましたが、
今回は同じく選定作家のお一人、相原正美氏にお話しを伺った模様をお送りします。
調査された施設に行き、その作品の量やエネルギーに圧倒されたそうですが、
それがまた美術館というホワイトキューブの中で展示されることによっての印象の違いも面白いと。
彼らがエネルギー、パワーに負けそうになると思うくらいの力を持った作品ばかりが並んでいます。
「誰かに認められたい」「この作品で何かをしよう」という考えではなく、純真に手が動くままに線を引く。
内なる衝動に逆らうことなく制作を続ける。
それこそが本来のアートなのかもしれません。
とどまることを知らない・・・・・描く、作るという行為。ただひたすらに思いのままに。
どうしてこんな発想になるのか?どうしてこんな線を引くことができるのだろう?
あれこれ考えてしまいがちですが、鑑賞する側も素直になって作品と対峙する姿勢を持つことにより、
何か自分の中に問いかけてくるものがあるのではないかと思います。
まずは、作家自身も脅威と感じる作品がずらっと並ぶ作品たちをご自身の目で確かめていただければ・・・と強く思いました。
6.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg
(北海道のアール・ブリュット こころとこころの交差点は3/31まで北海道立帯広美術館で開催中)

2019.0308 O.A 北海道立釧路芸術館 熊谷学芸員 「信貴山縁起絵巻って?!」 [motto museum]

190308mmk.jpg
平安時代後期から鎌倉時代の頃の作と考えられている絵巻のことについてお話しいただきました。奈良の信貴山で修行をした平安時代のお坊さん、命蓮にまつわる3つの奇跡の話を絵巻にしたものです。1つの奇跡は、鉢が飛んだり、米の入った倉庫が飛んだり。2つ目の奇跡は帝の病気を治したり。3つ目の奇跡は、命蓮の姉の尼公がはるばる彼を訪ねて東大寺の大仏に居場所を教えてもらい訪ねてくるというもの。まるでSFと思われるストーリー展開が特徴的です。さらにそこに描かれた絵は、コミカルかつゴージャス。鳥獣人物戯画と同じ位の時代のものですが、鳥獣人物戯画自体も漫画みたいな筆致で知られていますが、この作品も同じ様に生き生きとした筆致が特徴的。ビックリした人物の顔や飛んで行く米の俵等々にそれはみてとれます。また、金や銀などの豪華な絵の具がふんだんに使われているそうで、作者は不明ですが、お金のある権力者がスポンサーとなり制作されたと考えられています。そして、何よりも見る人の視線の動きがもたらす効果をフル活用している点が素晴らしいそう。美術館等で巻物を見る時はケースに広げて置いてあることが多いと思いますが、本来は両手で持ち、左手で広げながら、右手で巻いて見ていくもの。感覚的にはスマホの画面をスクロールする感じでしょうか。次の展開はどうなるのか?ワクワクする感じが伝わります。実は、この信貴山縁起絵巻は「日本四大絵巻」に数えられる事もあるそうです。日本美術史上、重要な作品であるだけではなく、在りし日の奈良・東大寺の大仏の姿が描かれていたり、建物の絵が描かれている事から建築史の史料になったり、詞書は国文学の史料になったり。その様な面からみても見応えのある絵巻物なのだそうです。
http://www.kushiro-artmu.jp/

2019.0307 O.A 邦楽(TV・アニメ曲特集) [chord5]

・みなしごハッチ / みなしごハッチ テーマ
・ロックリバーへ / あらいぐまラスカル オープニング
・はじめ人間ギャートルズ / はじめ人間ギャートルズ オープニング
・猿の軍団 / 猿の軍団 テーマ
・ガンバのうた / ガンバの冒険 オープニング
・すこしだけやさしく / わくわく動物ランド エンディング
~今回の邦楽は動物が登場するTV番組・アニメ特集です。
曲のセレクトはもちろん!斎藤氏です。
前の10件 | -