So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

2018.0719 O.A BAND [chord5]

・Time/ Pink Floyd
・Money / Pink Floyd
・Wish You Are Here / Pink Floyd
・On The Turning Away / Pink Floyd
~今回のバンド編、プログレ Pink Floyd特集です。
セレクトは河口氏。心境の変化???
河口氏&midoriでお送りします。

2018.0719 O.A 「花たちの命は短くて・・・」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

霧多布湿原は別名花の湿原と呼ばれます。それくらい様々な花たちが順番を待って咲き誇るから。
ワタスゲの穂が去年はとてもたくさんあり、一面が白で覆い尽くされていました。日高氏も「こちらに15年いる中で一番の見応えだった」と。
例年ワタスゲはコンスタントに姿を見せてくれるそうですが、去年は多すぎ、今年は少なすぎといった感じだそう。
でもどんなにすごかったのかを見ることができるそうです。霧多布湿原をずっと撮影なさっている大坪俊裕氏の写真展が霧多布湿原センターで開催中です。
このワタスゲの穂、タンポポや柳みたいに飛ばないそうです。そんなんい遠くに行く必要がないからかもしれませんね。
ワタスゲの後のエゾカンゾウも湿原では終わり、今は霧多布岬で咲いている姿を見ることができるとか。
岬ではトウゲブキも咲いているので、オレンジと黄色が混在していてとても綺麗だそうです。
話しは湿原に戻り・・・ノハナショウブもワインレッドの花を咲かせ始めているとか。
他にはタチギボウシ。ピンクの花をこれから咲かせるそうですが、今は蕾の段階。このタチギボウシは花を咲かせる時に蕾を支えている茎がどんどん伸びるそう。
より高く花を誇らしげに見せたいのでしょうか?目立つことで虫たちを誘いたいのですね。
この後、7月下旬から8月初旬にはノリウツギの白い花が咲き始めます。その蕾も目立って来たそうです。
そして8月お盆前後にはサワギキョウが咲きはじます。そうなるともう秋ですね。
さて、鳥たちですが・・まずはポロトのタンチョウ。前回、子供が2羽というお話しだったのですが、実は小さな方のヒナが消えてしまったそうです。
1羽になったヒナは両親から愛情をいっぱい受け、スクスクと大きくなり、アオサギよりも大きい体になったみたいです。
茶色の羽も白くなって来て、そろそろ飛ぶ練習にはいりそうです。
夏鳥たちは、元気の良い声を出しているのが、ノビタキ、カッコウ、ベニマシコ。どれも小さな鳥たちです。花の湿原に謳う小鳥たち。
花はあっという間に次の花に移り変わっていきます。「見逃すと来年まで会えないですよ〜」とは日高氏。

monochrome mental scenery [path-art]

P1013054.JPG P1013556.JPGP1023766.JPGP1024142.JPG
ストリートスナップ。街を歩き、偶然出あった人々や街の光景をその場で撮る感じの中藤氏。
なぜ都市のスナップショットなのでしょう?それはよくわからないそう。生まれも育ちも東京。
街の中で育ち、街にいることが自分にとっての当たり前の環境。それが自分にとっての自然だったと。
ご自身の作品は9割モノクロ。「モノクロームって見る人の想像力を掻き立てるような効果がすごくあると思う。
現実の世界はもちろん色があってそれが記録としては正しいんです。
モノクロは色をなくしたことである意味抽象的な世界になるんですよ。
よりイメージを強めるというか、さらに強調して見せたい部分とかを強めるような効果が・・・。
例えば水墨画とか、書とかはやはり強さがあると思う。
写真でも色がある写真ももちろんそれはそれでしか表現できないことがあるけれど、白黒でしか表現できない世界があると思うのです。」
P1024295.JPG P1024371.JPG P1024539.JPGP1024583.JPG
作品を撮る時はデジタルで撮っていても、最初からモノクロにして撮影しているそうです。見るときの自分の目が違うと。
色に反応しないで、よりモノクロの世界に入って撮れるから。それが一番大事なプロセス。目がモノクロになるというか・・・。
そもそもはお父様とお兄様がカメラが好きで、何台も家にカメラがあったそうです。子供の頃から撮っていたそう。
本格的には高校の頃、パンクロックのライブがあり、そこに通い、ステージ写真を撮ったり、
ミュージシャンの写真を撮ったり、チラシとかジャケットなどに使ってもらったりしていたと。
音楽関係の写真から本格的に始めたのです。それから写真が面白くなり、大学を辞めて写真の学校に入り直します。
そこで師と仰ぐ森山大道氏に出会い、さらに写真の世界にのめり込んでいったのです。
ご自身の2作目の写真集「Winterlicht」東ヨーロッパの色々な街を撮ったもの。その写真集を出した時に自分なりの写真が確立できたと思えたそう。
今でもその写真集に対する思い入れが一番あるとおっしゃっていました。
それまで激しいハードな写真を志していて森山大道氏の影響も大きかったと。そこで一つ超えられない壁みたいなものもあったそう。
自分なりに次の自分独自の作風というのが光の捉え方やプリントの調子、被写体だったり、色々な意味で確立できたかなと思うのがその本。
Winterlicht 06.jpgWinterlicht 11.jpg NY_03-1.jpg
実は今回、釧路には取材撮影でいらしていました。デジタルカメラマガジンの9月号に彼の作品が掲載されます。
「写真家の源流を辿る」というタイトル。色々な写真家のリレー連載。その写真家のルーツになった様な土地を訪ねて撮るという企画。
彼ご自身は東京生まれですが、家族が釧路に所縁があり、ご両親が若い頃に釧路に住んでいらっしゃったり、お兄様は釧路生まれだったり。
ご自身も夏休みや冬休みには釧路にいらっしゃっていたそう。釧路という街はもう一つの原風景。大きな存在としてあるそうです。
P1034881.JPG P1024610.JPG IMG_3421.jpg
「モノクロの釧路の写真で心象風景というか、気持ちを風景に投影する様な・・
子供の頃に見た釧路の記憶を思い浮かべてそれを風景に投影させながら撮っている感じでしょうか。」
※尚、写真は中藤毅彦氏からお借りしました。

2018.0712 O.A special(レトロノーム2018特集) [chord5]

FMくしろプレゼンツ 「レトロノーム2018」が7月14日(土)に開催されます。
もう目前に迫ってきました。
chord5では、出演バンド6組の方々に2組ずつご登場いただいています。
3回に渡ってお送りしているスペシャルバージョン。今回がラスト。
今回の出演バンドはYSとThe 11+です。
・Jailhouse Rock
・La Bamba
・学園天国
・ゴールドフィンガー

2018.0712 O.A 「カメラまわしてます!」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

曲作りとレコーディングに追われる日々。今回の収録もその合間をぬって時間を作っていただきました。
東京のアーティストが石垣島を題材とした曲を作り、レコーディングを石垣島でしたいということで奮闘なさっています。
なんとミュージックビデオも撮らなくてはと、健司氏は全てを準備したそうです。
動画撮影のために必要な機材を揃え、カメラを持ち、夜中も撮影なさっているとか。
カメラは大好きなので、静止画はたくさん撮っていらっしゃる健司氏ですが、やはり動画は難しいそうです。
それにしてもなんでもなさるのですね。
ただ、「1日1曲」曲作りは続いています。どんなに忙しくても1日3時間は曲作りのために時間を確保なさっているそうです。
他にも島のアーティストのレコーディングがあったり、11月に開催される大きなイベントのための曲作りもあったり・・・。
「今年は曲作りと人の為のレコーディングの1年なんですよ。」
頼まれたら嫌とは言えない性格なので・・・とおっしゃっていましたが、こだわりが半端ない!ですね。
今年も半分が終わりましたが、自分のためのレコーディングはなかなか手をつける時間がない・・・と。
曲作りのアトリエは快適の様で、仕事はスムーズに進んでいる感じでしょうか。
クーラー2台目も投入!気温としては本州よりも低かったりということもあるそうですが、湿度は結構高そうです。
来年は、アルバムも作って、全国をまわりたいというお気持ちはいつも伺っているので、その為の準備は着々と進んでいるのではないかと思われます。
それにしても気になります。
健司が撮影したミュージックビデオ、編集ももしかして・・なんておっしゃっていたので、完成した暁にはどこかで拝見したいですね。
「では、これからレコーディングに行ってきますね〜」と元気一杯の健司氏でした。

faith and the beauty [path-art]

IMG_3333.jpg IMG_3334.jpg IMG_3335.jpg IMG_3336.jpg
IMG_3340.jpg棟方志功の福光時代とは・・・
戦時疎開のために、選んだ土地とのこと。もっと信仰を学びたいとお寺等が密集している地域を選ばれたそう。
富山県福光町(現南砺市)で過ごし、地域の人たちとの交流を重ね、作品にも深みが増していきます。
昭和20年から26年に焦点を当て、約130点が展示されています。
彼にとっては世界のムナカタと呼ばれる手前の時期。
武束氏曰く「ホップ・ステップ・ジャンプのステップの時期と考えるとわかりやすいかも・・・」
もちろん、中にはイメージ通りの棟方志功の作品もありますが、
普段は個人宅にあったり、お寺にあったりして見ることが難しい作品も展示されています。
中には、道内初公開の作品も・・・。
IMG_3341.jpg IMG_3342.jpg IMG_3343.jpgIMG_3344.jpg
IMG_3345.jpg今までに全国にまわったことのない作品、
もしかすると日本初公開?と思える作品まで見応え抜群です。
カラフルな版画、伸び伸びと脈打つ書、自由奔放に創られた感じの作品ですが、
実は綿密な構図が頭の中にしっかりとあり、
そこに筆を遊ばせる・・・まさに彼が描いた筆使いを想像できる作品の数々。
そして、掘り。
木と向き合い、戦う・・・そんな生き生きとした空気感を感じる作品たちです。
(棟方志功の福光時代展は8/26まで釧路市立美術館で開催中)

science short story・・・地球観測編 [etc.]

IMG_2991.jpg
今回は「空中写真」について。空中写真とは、航空写真のことです。
実は、中山氏のお子さんが、湖畔小学校に通われているのですが、学校からの便りにこんな記述がありました。
「湖畔小学校は、木村組釧路炭鉱で働く子ども達の教育のため、大正7年に開校されました。児童数85名の教育を受け持ったのは、福岡先生です。
その頃の春採湖は、今のコープ札幌中央店の辺りまで湖水が入り込んでいたらしく、福岡先生は春採湖を舟でやってきて赴任されたというのですから、
隔世の感があります。(釧路市立湖畔小学校 学校だより 三つ柏より 一部抜粋)」
そこで、当時の春採湖の広がりがわかる写真を見てみたい!!と中山氏。
もともと戦後に日本列島をアメリカがすべて航空機から撮影した画像が公開されているのをご存知だったので、もっと古い画像があるかも・・・と調査開始。
IMG_2988.jpgIMG_2989.jpg
この写真は、釧路市の春採湖周辺を上空からとった写真です。
湖の形も違い、住宅の数が全く違います。
上の左の写真は、1944年(昭和19年)9月29日に撮影されたもの
右の写真は、2015年(平成27年)7月11日に撮影されたものです。
現在、この様な写真は簡単に見ることができます。
検索サービスで「空中写真」と検索します。
国土地理院という日本の地図を作ったりする地図の基本となる全国の基準となる位置を管理しているところの中の
「地図・空中写真閲覧サービス」というホームページが表示されます。
誰でも簡単に見ることができます。
空中写真から色々なものが見えてきました。もちろん地形の変化や人々の暮らし、さらには歴史の一端ものぞくことができた感じです。

2018.0705 O.A special(レトロノーム2018特集) [chord5]

FMくしろプレゼンツ 「レトロノーム2018」が7月14日(土)に開催されます。
chord5では、出演バンド6組の方々に2組ずつご登場いただいています。
3回に渡ってお送りしているスペシャルバージョン。今回は2回目。
今回の出演バンドはCaM BANDと入舟一郎とゴールド・ラインです。
・Born This Way
・I Wish
・勝手にしやがれ
・バス・ストップ

2018.0705 O.A 「最近人気の軽キャンパー」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

以前、4月7日と8日に東京、代々木公園で開催されたアウトドアデイジャパンに参加なさった土居氏。
そのイベントが札幌で6月中旬に開催されました。
主催は同じオートキャンプ協会。年に1度福岡、東京、札幌と時期をずらして開催されているそう。
アウトドアグッズ、アパレル系、そして車などなどが展示されていたそうです。実際に手にしてみることもできたそうで・・・。
東京と札幌のお客さんの違いなどはあったのでしょうか?
東京の場合は、なかなか実際にアウトドアを楽しむ機会がなく、それ自体に憧れを持っている方が多いそう。だから気合いが違うと。
中にはアウトドアグッズに囲まれてライフスタイルをアウトドアにして日々の生活を送っていらっしゃる方もいるそうです。
札幌はというか、北海道の場合は、まさにアウトドアをリアルになさっている方が多いとのこと。
年に一度はグッズは新しいものが開発され、例えば、ワンタッチで出来てしまうテントとか。。。
アパレル関係、例えば登山にしても、湿気を逃して熱を残すとか、汗をかいても体が冷えないものとか。。。
そんな素材を使ったウエアなども紹介されていたそうです。
土居氏の今の夢は、軽キャンパーになること?!
北海道は少し走ると街灯がなく、綺麗な星空が眺めることができます。
なかなか仕事に追われてアウトドアを楽しむ時間がないそうですが、夢は捨てずに・・・とおっしゃっていました。
何もないところで車をとめて、クマの心配もせず、星空を眺める。贅沢ですよね。
小さい頃はボーイスカウトで鍛えた土居氏、いつかその夢が叶うと良いですね。
北海道に住む私たちは少しの時間車を走らせるだけでそんな体験ができるのです。この環境を謳歌できることに感謝ですね・・・。

abundance of thought [path-art]

IMG_3115.jpg IMG_3116.jpg IMG_3118.jpg IMG_3119.jpg IMG_3121.jpg
今回のイヌイットの壁かけのコレクター岩崎昌子氏にお話しを伺いました。
現在はカナダトロントに在住とのこと。
ご主人の仕事の関係でカナダに行かれたのが1970年の頃。最初にカナダに行かれたのが2月、一番寒い時期でした。
その3ヶ月後、オタワに行く機会があり、街のショーウインドゥにイヌイットのブルーの壁掛けがかかっていたのです。
それを見た時に「これは子供の描いた絵みたいだけど、でもそれとは違う。色の感覚が非常に私たちと違う。」と思ったそうで、
すっかり魅せられてしまったのです。それが出会いだそう。
ただ、その時は作った人たちが北極に住むイヌイットであるということもあまり気にしていなかったと。
その後北極には2度行かれたそうですが、だいぶ後になってからとのこと。
出会いの作品の前で写真撮影させていただきました。
IMG_3123.jpg IMG_3124.jpg IMG_3125.jpg IMG_3126.jpg IMG_3127.jpg
IMG_3128.jpg「彼らはモノクロの世界に住んでいます。
全然カラフルなものがないの。夏場にわずかにコケに小さな花が咲くくらい。
だからかえって色に対しての憧れというのかしら・・・・・
彼らは美術学校に行って色のことを学んだわけでもない。だから感性の色んなんですね。
顔がピンク色だったり、緑色だったり、そこがとってもユニーク。自由というか・・・。
その感覚に魅せられたんですよ。
稚拙だという方もいらっしゃいますが、私は大人が子供心で、感性で描いた色々な世界だと思います。」
蒙古斑がイヌニットの方にも日本人にもあります。
見た目も似ているそうで、言葉がわからなくても通じるものがあるそうです。
まるで親戚が来たみたいに喜んでくれたそう。

120枚以上集めた壁かけ。実はどちらかというとアート的なものがお好きとおっしゃる岩崎氏。
本当にお好きなものは岩崎氏がまだ所有なさっているそうです。
こんなにたくさんの作品が一堂に会することがあまりないとのこと。
斬新な発想、デザイン、色使いに出会ってみてくださいね。
(極北のくらしと手仕事 イヌイットの壁かけ展は8/26まで北海道立釧路芸術館で開催中)

前の10件 | -