So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2019.0719 O.A 釧路市こども遊学館 多胡学芸員 「アポロ11号月面着陸から50年」 [motto museum]

mm0719tago.jpg
今から50年前の1969年7月20日は人類至上に残るあの出来事があった日です。1969年7月16日アポロ11号は3人の宇宙飛行士を乗せ、地球を旅立ちました。打ち上げに使われたサターンV型ロケットは全長110m、これは30階建てのビルのような大きさとか。そして重さが3000トン。史上最大のロケットでした。アポロ11号は、地球を周回した後、月に向かいますが、司令船と着陸船から成り立っていて、月着陸の時には分離する仕組み。司令船コロンビア号にはコリンズ操縦士が残り、アームストロング船長とオルドリン操縦士が着陸船イーグル号で月面に着陸しました。(日本時間は7月21日の朝5時17分40秒に月面着陸成功)二人が月面を歩いたのが日本時間7月21日午前11時56分のこと、この様子は全世界に月から中継され、月面に着陸船のはしごをつたって降りる姿と「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」というあまりにも有名なアームストロング船長の言葉が世界中の人の心に響きました。人類史上初の月面着陸という偉業を一説には全世界で約6億人の方が固唾を飲んでテレビやラジオで見守ったそうです。その後7月24日に地球へ無事生還しました。
アポロ計画は、アメリカ航空宇宙局(NASA)による人類初の月への有人宇宙飛行計画で、1961年から1972年にかけて実施され、全6回の有人月面着陸に成功したのです。アポロ1号からスタートし、アポロ17号がラストとなりました。その17号は現在までのところ、人類が他の天体の上に降り立った最後の事例となっています。7月17日は満月でした。だんだん遅い時間に東の空から月が昇る様になります。晴れていたら空を見上げて、今から50年も前に月に人が降り立ったことに思いを馳せてみてはいかがでしょう。
http://kodomoyugakukan.jp/

2019.0718 O.A BAND [chord5]

・Room Service / KISS
・Rock Bottom / KISS
・Rock And Roll All Nite / KISS
・Detroit Rock City / KISS
・Shout It Out Loud / KISS
~今回のバンド編、KISS特集です。
セレクトは河口氏。今回の出演は、河口氏&midoriでお送りします。

2019.0718 O.A 「トウモロコシだ〜い好き!」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

ツアーで美幌に行った時に手相をみることができる方にメンバー全員がみてもらったそうですが、兵衛氏は虚弱体質の不思議ちゃんと言われたそうです。
この後、ツアーが7月下旬から9月下旬まで続くそうですが、それまでのつかの間の休息の時。
話題はトウモロコシに。。。
トウモロコシの茹で方にも色々あり、お水から、もしくは沸騰したお湯に入れて・・・とそれぞれどうしたら美味しいのか気になるところではあると思います。
実は兵衛氏、トウモロコシが大好き。でもスーパーでトウモロコシを発見して食べたいな・・と思っても、
皮をむいて、茹でて・・という行程を考えると少々二の足を踏んでしまうこともしばしば。
さらに茹でるには1本という訳にはいかないし、茹でた後のお湯を捨てるのも勿体無いなと思っていたそう。
しかも茹で上がるまでその場を離れることができない。皆さんも経験あることと思います。
それを全て解決する方法が見つかりました。なんとレンジでチンする方法です。
スーパーなどで1本だけ買ってきて、皮をむき、ラップをして1本レンジに入れるだけ。
あとは出来上がりを待つだけです。
取り出すのを万が一忘れてしまってもラップにくるんであるので問題はありません。
というわけで、今年は現段階ですでに30〜40本食べているそうです。
「この調子だと今年はトウモロコシ100本いきそう〜」なんて。
とにかく簡単に美味しく1本からでも茹で上がるこの方法ぜひ試してみてください!!と真剣におっしゃっておりました。
トウモロコシの美味しい季節です。気になった方はトライしてみてくださいね。私も一度チャレンジしたいと思います。

future park and animals of flowers,symbiotic lives [path-art]

A-Table-where-Little-People-Live_main_high.jpg Animals of Flowers Symbiotic_main.jpg Hopscotch for Geniuses_main_high.jpg
team Labが帯広にやって来ました。
未来の遊園地は共創(共同的な創造性)をコンセプトにした教育的プロジェクト。
大きな展示室に6つの作品が展開されています。
動物の体には、花々が生えている。
花々は動物の体で生まれ、咲き、散って消えていく。
人々が動物に触れると、花々は散っていく。
花々が全部散ると、動物は消えていく。
参加することでストーリーが始まり、それはひとつひとつ違うものとなり展開していきます。
その瞬間瞬間に生まれ、その瞬間に終わりを迎える。
不思議な世界が広がります。手を触れることで一体感が生まれ、空間を作り上げていく感じでしょうか。
それぞれに反応して、それがさらに反応しあって世界が広がる・・・。
わかりやすく、さらに、他の人とかかわりを作り上げていく魅力を大いに感じる内容になっています。
main_Story-of-the-Time-when-Gods-were-Everywhere.jpg Sketch-Aquarium_main_high.jpg Sliding through the Fruit Field_main.jpg
※尚、写真は北海道立帯広美術館 薗田容子氏からお借りしました。
(チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達は9/1まで北海道立帯広美術館で開催中)

2019.0712 O.A 釧路市立博物館 加藤学芸員 「植物図鑑のオススメ」 [motto museum]

mm0712-1.jpg mm0712-2.jpg
よく「どういう図鑑を選んだら良いのですか?」と質問を受けることが多いそうで、今回は加藤氏オススメの図鑑を沢山スタジオにお持ちいただきました。もちろん植物に特化して。まず、基本の図鑑として梅沢俊氏「新北海道の花(北大出版会)」これは素人の方でもわかりやすい内容。というのは花や植物の色で分けてあるのです。黄色い花、白い花、赤い花等々花の名前を知るための、花の色で引く図鑑です。特徴も取り上げてあり、詳しい解説もついています。そこから少し上を目指す方へは、梅沢俊氏「北海道の草花(道新出版)」。少し大きめです。写真は全体像とアップのもの、デザインも見やすくなっています。お家に帰ってゆっくり見るというタイプかもしれません。そしてもう1冊は「北海道樹木図鑑(亜璃西社)」。街路樹等も収録してあります。葉、冬芽、タネなども載っていて見ていても面白く使いやすいそう。図鑑ですからどうしても価格としてはお高めです。そんな中、気軽に手にすることができるのがハンドブックタイプのもの。文一総合出版の「ハンドブック」シリーズはタンポポ、サクラ、シダ、雑草の芽ばえなど、1冊丸ごとその植物についてわかる内容になっています。ただし、こちらは北海道にないものも多く載っているそうです。他には専門的な図鑑もお持ちいただいたのでご紹介いただきました。「日本の野生植物」シリーズ 改訂版全5冊。新北海道の花などで分からなかったものを詳しく調べるための図鑑。検索表をたどって名前を調べる事ができるそう。専門用語が容赦なく書かれているので慣れていないと使いづらそう。さて、図鑑にも新たな波が来ているそうで、今までは植物の分類は形から系統を考察する形態分類だったのですが、現在はAPG 遺伝解析による分類に変わって来ているそう。現在は混在しているので調べるのがとても大変だと加藤氏はおっしゃっていました。
https://www.city.kushiro.lg.jp/museum/

2019.0711 O.A special(レトロノーム2019特集) [chord5]

FMくしろプレゼンツ 「レトロノーム2019」が7月13日(土)に開催されます。
いよいよ目前ですね。
chord5では、出演バンド6組の方々に3組ずつご登場いただいています。
今回の出演バンドはDJ.Tsuchiya AnyとThe 11+とYSです。
・ワンナイトカーニバル
・ハリケーン
・Blue Suede Shoes
・Summertime Blues etc….

2019.0711 O.A 「往復3000キロの道のり?」 [various story]

上村知弘さん(カメラマン)
http://www.tntnaturecon.com/

最近は暑い日々が続いているそうです。アラスカもユーコンも連日30度とか。
通常は20度くらいの日々のはず。ところがここ1週間から10日はそんな日々が続き、雨が降らずに山火事が増えているのだとか。
これも温暖化の影響なのでしょうか?今回は鶴居の方と北極圏ツアーに出かけ、ドーソンのホテルでの収録でした。
ここに着くまでにも10箇所以上の山火事を目撃したそう。道路の側からも見えたり、煙だけではなく、火も見えるほど近くでも。。。
さて、今回のツアーはカナダユーコンから北極海まで行程としては車の旅、ほとんどが砂利道。よってパンクも予想されるので新しいタイヤ2本も積んで出発。
とりあえず500km走ってのドーソン。ここから730kmの砂利道が待っています。
今回の旅の目的は広大な原野を見ること。
去年夏に開通した北極海までの道を走破すること。
そして北極海にカヌーを浮かべること?
デンプスター・ハイウェイの拡張部分が昨年の夏から開通し、全シーズン北極海まで行くことができるようになったのです。
300億円をかけて完成させたそうですが、防衛的なこと、経済的なことを含め色々な思惑もあるみたいです。
単純に観光という面では、イヌイットの方々が作る工芸品などは多くの方に人気の様です。
今のところ上村氏が心配なのは蚊。
大きいものも小さいものも結構多い時期なので、車を降りたら、すぐにドアを閉める。
ネットや防虫剤はたくさん用意なさっているみたいです。
往復3000kmなんてまるで想像もつきません。車も人も大変そうです。でもその先には想像もつかないほどの感動が待っているのでしょうね。

space travel [path-art]

2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg 7.jpg
「綺麗〜!」
「すご〜い!!」
「えっ?これ何?」
と思わず口をついて出てしまいます。
スケールの大きさを体感できる展覧会です。
遠く遠くの世界に想いを馳せると、日常のちっぽけな事は気にならなくなってしまうかも・・・。
展示は大きく2つのブロックに分かれています。いわゆる私たち地球を含む太陽系と銀河と。
色の違い、形の違い、色々なところに目がいってしまいます。
はるか昔から人は宇宙に夢を抱き、アートとも結びついてきました。
今だからこそ見ることのできる世界がそこには広がっています。
惑星探査機や宇宙望遠鏡、高品位の出力・・・これらがあり可能になりました。
地球のことさえ把握できない私にとって宇宙のことは果てしもなく、現実のものなのか、夢のことなのか・・・。
雑念を取り払い、広大な宇宙に抱かれてみてはいかがでしょう。
8.jpg 9.jpg 10.jpg 12.jpg 13.jpg 14.jpg
(138億光年 宇宙の旅は8/25まで釧路市立美術館で開催中)

2019.0705 O.A 北海道立釧路芸術館 藤原学芸員「初めまして!!」 [motto museum]

190705mmf.jpg
今年4月から釧路に。出身は旭川。高校まで旭川で過ごし、大学は東京へ。小さい頃から家族で美術館やギャラリーなどに出かけることが多く、特にお母様とよく出かけていらっしゃったそうで、美術という枠組にとらわれず身近に接していたことも影響しているのかもしれません。お茶の水女子大学の文教育学部で美術史を学んだそうです。当時は近代フランス、19世紀末から20世紀初頭の美術、いわゆる印象派と呼ばれるルノワール、モネ、セザンヌ等々。他にはジャポニスムと呼ばれる作品、工芸なども興味があったそう。その後北海道に戻り、働き始めが北海道立帯広美術館でした。そして札幌、帯広、札幌と転勤し、この度釧路に初めていらっしゃったのです。数多くの展覧会の企画を立案、携わっていらっしゃったので、印象深かった展覧会について伺いました。札幌 近代美術館で開催した「アミューズランド」という展覧会は子供から大人まで楽しむことのできるもので、見て楽しめる仕掛けや作品を紹介する内容でした。この時には夢をテーマにした展覧会をいつかやってみたいと思っていたそうで、それを実現した形になったのです。藤原氏が大好きなサン=テグジュペリの「星の王子さま」に出てきたウワバミに象が食べられてしまうシーンと近代美術館収蔵の国松登の象が出てくる作品とイメージが合い、そこからストーリーを展開させたそう。国松登の作品から子象が飛び出し、夢の中で色々な作品にあい冒険をして、また作品に戻るというもの。想像する楽しさを感じて欲しかったと。苦しかったけれど楽しかったと振り返って教えていただきました。「道東は自然がクールで美しい。海や湿原、ヤチボウズなどなど。いつか自然とかかわる美術の企画をやってみたいです。」
http://www.kushiro-artmu.jp/

2019.0704 O.A special(レトロノーム2019特集) [chord5]

FMくしろプレゼンツ 「レトロノーム2019」が7月13日(土)に開催されます。
chord5では、出演バンド6組の方々に3組ずつご登場いただきます。
2回に渡ってお送りしているスペシャルバージョン。
今回の出演バンドは、ザ・ミストーンズとLime LightとCam BANDです。
・Vacation
・火の玉ロック
・Lucille
・Another One Bites The Dust etc….
前の10件 | -