So-net無料ブログ作成
various story ブログトップ
前の10件 | -

2017.1019 O.A 「ココロに届く土地とは・・・」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

9月の末に欧米のメディアが北海道に視察ツアーにいらっしゃったそう。
アメリカ、イギリス、ドイツからメディア関係6名、旅行会社2名の方々。より北海道に興味を持っていただきたいということでお呼びしたそうです。
その中のお一人が世界で一番売れている一人旅のガイドブック「ロンリープラネット」の記者。
欧米ではジャパンブームということで、より日本のディープな世界をたくさん取材なさったそう。
まだ、北海道にいらしている海外からの観光客はアジア圏がほぼ9割。でも団体旅行に加え、一人旅の方も多く見かけるようになったそうです。
さらに、東京ではいらしている海外からの観光客の方、半数は欧米からなのだとか。
より文化や自分の興味の対象に一人で旅をする、本来の意味での旅を楽しまれている方が増えてきたのでしょう。
日本の場合、まだやはり東京や京都などのメジャーな観光地を巡る方が多く、より北海道らしい場所ということで道東を視察なさったのです。
女満別空港から入り、ウトロ、知床、野付、霧多布、摩周、そして最終日は釧路川カヌー下りを体験し、終了。
アイヌ文化やその土地の食、そしてヒグマウォッチング、ホエールウォッチング、トレッキング、硫黄山、カヌーと
地元に住んでいる私たちがお聞きしても面白そうな内容です。
硫黄山の様子、霧多布湿原での花や鳥たちを見ては、自然のままで美しいものがそこにある豊かさ、
トレッキングの魅力などを語る方が多かったそう。
数多くの色々な場所を歩かれている方々ですが、「心に届く土地であった」という言葉を残してくれたそう。
北海道、特に道東に住む私たちにとってとても嬉しい言葉です。
この記者の方々が今後どういった形で北海道、道東を発信してくださるのかも気になるところ。
でもいらした観光客の方に対して、どう私たちが接するのか?その問題もしっかり考えていかなければと思った土居氏と私でした。

2017.1012 O.A 「釧路でのライブ楽しかった〜!」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

釧路フリンジ北海道の最終日、TRIPLANEのライブがありました。
演者と観客が一体になり、会場は盛り上がり感はんぱなく・・・。
いらした皆さんとの一体感は気持ちのよいくらいでした。
そこで、気になった兵衛氏の眼差し。
歌いながら、会場の中、少しずつ視線を移していくのですが。その視線が甘く切ない。
私には飼い主に甘えるわんちゃんの目に見えました。ご本人曰く意識はしていないそうですが。
あの視線で見つめられると女性は勘違いしてしまいそうです。
ライブ前に釧路で美味しいものを食べたいとおっしゃっていたのですが、その時間もなかったそうです。
12月6日にリリースされるアルバム「1/4802のすべて」の準備がまだ実は終わっていなかったそうで、
ライブの時には結構そんな気持ちも抱えつつだったのかしら?
現在は、「やり終えてよかった」と。今回は特に言葉選びに妥協せず、最後まで歌詞には神経を使われたみたいです。
今までよりもより大事にしたとおっしゃっていました。
兵衛氏が好きなフレーズとかはあるのでしょうか?お聞きしてみました。
特にないそう。でもメロディにはまりやすい言葉とかはあるので、同じ言葉ばかりを使わないようになさっているそうです。
なるべく、「好き」とか「アイシテル」は使わない様になさっているとか。
何かを生み出すってとても大変なことだと思います。そのためには色々な努力をなさっているんですよね。
現在は、ちょっと小休止といった感じでしょうか。
10月21日には美幌町でのワンマンライブも控えています。
『TRIPLANEスペシャルワンマンライブ in びほーる~秋晴れの空の美ほろで~』は美幌町民会館で開催。お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね〜。

2017.1005 O.A 「紅葉とクマといくら」 [various story]

上村知弘さん(カメラマン)
https://www.facebook.com/tntnaturecon/

紅葉ツアーを3本終えての収録となりました。
まず、8月後半からすでにツアーは始まったそうです。ツンドラ地帯の紅葉。一面真っ赤に染まりとても綺麗だったそう。
北海道も今年は紅葉が綺麗と言われていますが、あちらもそうだったんですね。
ウラシマツツジ、ドアフバーフ、ガンコーラン、ブルーベリーなどなど。
いわゆる日本では高山植物と呼ばれる植物たちの葉がとっても綺麗な赤に染まっていたそうです。
そして、ホワイトホース周辺では、9月前半から中旬にかけて黄葉が見られたそう。
ポプラとかアスペンという植物がメインです。
さらに、アラスカでは紅葉を見たあとに、クマウォッチングも。今年はカラフトマスの当たり年でたくさんの魚があがっていたそうです。
2年に1度はたくさんあがるそうですが、今年はその中でも大当たりの年。
ですからその魚たちを目当てにクマがたくさんやってきて、間近で見ることができたそう。
特に朝、8時から9時くらい。クマにとっても朝食の時間なのでしょうか・・・
カラフトマスを追いかけ水をバチャバチャしている様子をカメラにおさめている方も大勢いらっしゃったとか。
もちろん上村氏も撮られたそう。
さらに、その卵をしっかりとってきてイクラ丼を食べたそうです。クマは日本人と同じように美味いしくて栄養があるところを知っているみたいです。
まずお腹を食べて、それから頭を食べていると。
これから、プライベートで銀鮭を釣りに行かれる予定とのこと。そこではタンジャンスクラブというカニも採れるそう。
ワタリガニを一回り大きくしたようなカニだそうですが、濃厚でとってもしっかりしている味。美味しいそうです。
美味しい秋の味覚を満喫なさっている上村氏の様子が伝わる収録でした。

2017.0928O.A 「またまた初体験?」 [various story]

松瀬 一昭さん(シンガーソングライター)
https://m.facebook.com/matsusekazuaki

7月18日はデビュー10周年の記念日。この日から1年間、月に1回CDをリリースする企画。とっても大変なのだそう。
「自分で自分の首をしめてしまったかな?笑」とおっしゃる松瀬氏。でも一人で何もかもやることについて面白さも感じていらっしゃいます。
アコーステイックにこだわっているので、コーラスワークが楽しくなって、様々なチャレンジも。
1年後どんなことをおっしゃっているのかな?と気になりました。色々な体験が大きな財産になっていることでしょうね。
さて、今回また初チャレンジのバラエティ番組出演ということがあったそうです。
出演なさったのは、関西方面をメインに放送されている番組「ガリゲル」という番組。
キングコングの西野亮廣氏や武井壮氏が出演なさっていたそうですが、そこでスリムクラブの内間氏のプライベイトに迫る企画があり、
飲み友達ということで4人がスタジオに呼ばれ、その中のひとりとして松瀬氏が呼ばれたのです。
内間氏と松瀬氏の出会いは・・・なんと釧路。お互いに仕事で釧路にいらしていて2次会のスナックで内間氏にナンパされたそうです。
それから東京でも一緒に飲みに行ったり、親交を深めていらっしゃいます。番組収録はとても楽しかったそうです。
ちなみにその回の放送は10月14日と10月21日とか。
そして、10月末から松瀬氏のワンマンツアーが始まります。新潟を皮切りに、尾道、東京、仙台、大阪、京都、札幌、釧路、名古屋と9箇所をまわります。
釧路には12月3日にいらっしゃいます。
月1枚のCDを作りながらのワンマンツアー。なかなか大変そうですよね。
ワンマンツアーはデビュー10周年を意識しての内容になりそう。今までの松瀬一昭をギュッと凝縮して披露してくださると思います。
事前にリクエストも受け付けしてそれにも応えてくださるとか・・・。
その頃にはだいぶ釧路は寒くなっていることと思いますが、ステージはアツく盛り上がるのでしょう!!


2017.0921 O.A 「カモたちで賑わう!」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

前回、いなくなってしまったポロト沼のタンチョウ家族。やっと家族4羽で戻ってきたそうです。一番小さかったタンチョウが飛べるようになったのですね。
また、鮭が戻ってきたそうで、それとともにオジロワシたちがヤングもアダルトも一斉にやってきたと。
仲良くエサとなる鮭を食べているそうです。
今回はカモのお話しです。このカモたちもたくさん北から帰ってきているそう。
ただ、どのカモも茶色というか黒色というか地味な色をしているので、どの種類のカモなのかなかなかわからないと。
メスは地味な姿なのはわかるのですが、オスも今の時期は地味な色をしているのです。この羽のことをエクリスプ羽というそうです。
エクリプスというのは、月食とか日食に使われる言葉。日食はソーラーエクリプス、月食はルナエクリプスというそう。
実はカモ類の雄が繁殖期経過後、一時的に雌のような地味な羽色になる状態のことをいうそうです。
この後、11月終わりから12月にかけてまた綺麗な羽になるそう。それはメスとカップルになるため。
夏の間は目立たない様に、しっかり栄養をとって、運動をする。そして立派で綺麗でツヤのある羽をたくわえるために準備をしている期間なのです。
今はまだ渡ってきたばかりなので、オスメスとも同じ色なので、どの種類のカモなのかもわからないそう。
今のところ、ポロト沼にはコガモ、オナガガモ、マガモなどがやってきているそう。
彼らが空を飛んでいる姿を見ると、日高氏は秋を感じるとおっしゃっていました。
ガンやハクチョウは一度カップルになると、一生同じメスと添い遂げるそうですが、カモは毎年メスがかわるとか。
それには寿命も関係あるみたいです。
カモは子育てにはノータッチ。ガンやハクチョウのオスはしっかり子育てもするそうです。
同じ時期に同じところにやってくる鳥でも、種類によって色々なんですね。
湿原ではウメバチソウが咲き、岬ではコハマギクが咲いているとのこと。そろそろ植物たちは冬に備える季節になってきたのでしょうか・・・。

2017.0914 O.A 「ライブ中の公開録音!」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

通常はお電話でお話しを伺って収録をしているこのコーナーですが、今回はライブ会場での公開録音となりました。
「えっ?そんなことして良いのかしら?」
「いいんじゃない・・・楽しく演りましょうよ」と快くおっしゃってくださり、そんな流れに。
緊張しました。公開録音はたくさん経験あるはずなのですが、少し違いますからね。
林田健司 2017 LiveTour 25 + 1 9月7日に釧路で開催されたライブ会場にいらした皆さんに質問をいただいたり。
現在、彼がお住まいの石垣島のお話しだったり。
鳥はあまりお得意ではないそうですが、シロハラクイナがとっても可愛くて・・・と、その鳥の真似までしてくださいました。
シロハラクイナはお腹が白い色で背中が黒い色、脚が黄色で長く、あまり飛ぶことが得意ではない鳥なのだそう。
島の人たちは彼らが雨上がりに虫を求めて道路にやってくるのを知っているので、スピードダウンで運転するそう。
シロハラクイナが車を見てビックリして慌てて逃げる様子を彼が披露してくださったのです。
残念ながらラジオなので、想像力を膨らませてお聞きくださいね。
観光客の方はそれを知らずに不幸な結果になることもあるそうですから、石垣島へ行かれた時には気をつけて運転してくださいね。
石垣島の色は緑・青・白・赤。北海道、釧路に住む私たちにしてみると異国ですね。もちろん気温もそうですが。
ライブは、お客様のリクエストを受けてくださり、なんと3時間にもわたり楽しませてくれました。
いつかいつか釧路へ・・・とおっしゃっていた言葉を実現してくださり、本当に感謝です。
そして、以前番組内でお話ししてくださった「塩せんべい」忘れずにお土産で持ってきてくださり、もう感激!!
また、ぜひ釧路へ・・・・・・のその前に石垣島ツアーですね。

2017.0907 O.A 「北海道観光入込客数調査報告書からみえるもの」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

8月末に発表された北海道観光入込客数調査報告書からのお話しです。
簡単にいうと、北海道にどれだけ観光客がいらしたのか・・というもの。去年度から全体としては0.2%減ったそうです。
これには、台風の影響がありそうです。特に団体客の方でしょう。今年はリベンジで各所で頑張っているところが多いと土居氏。
道外のお客様は増えているそうです。約3%くらい。外国人は約230万人、10%増えているのです。
全体からすると道内の観光客として、北海道の人が85%しめているそうです。道外の方が11%、外国人は4%。
ただし、観光消費額は道内のお客様はほとんどの方が日帰り客なので、一人あたり3322円。宿泊することになると約23000円くらいに。
道外のお客様は約78000円。外国人のお客様は、約130000円。お金の使い方が違うのです。
人数は少なくても地元におとすお金は人数で計り知れないということがわかります。
北海道内のお客様があそこ良いねと評判をたてないと周りの人も評価を下げてしまうという事もあるので、そこは一概に言えないところもあると。
道内のブーム的な観光ではなく、本当に観光を楽しもうという方々が増えてきたのでは?という感じがします。
これからが本当の勝負の時なのかもしれません。
では、一体、どこからいらしている方が多いのでしょう?
全体が、1位:中国、2位:台湾、3位:韓国、4位:香港、5位:タイ。
釧路・根室に訪れている外国人の観光客は、1位:台湾、2位:中国、3位:香港、4位:シンガポール、5位:マレーシア、6位:韓国。
実は韓国は、昨年より飛行機の便数が増えて、昨年対比で40%以上増えているそうです。ものすごい勢いです。
その韓国のお客様に対してのアタックが釧路根室は弱いのかな?と土居氏。
若い人の一人旅が増えているそうで、ここに関する動きが足りないかなという感じです。この数字からも見てとれます。
釧路の観光客の入込客数は去年より8.1%増えているそうです。もちろん豪華客船でいらっしゃる方の数字のあるかもしれません。
「釧路・根室には、魅力がたくさんあるので、やり方次第でお客様を捕まえることができるということは間違いないと思いますね。」

2017.0831 O.A 「頭の中を断捨離した〜い」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

残暑厳しい東京でエアコンのきいた部屋にこもっていらっしゃる兵衛氏。
というのは、現在レコーディングの準備に追われている毎日を送られているそうです。
12月6日にリリースされるアルバム「1/4802のすべて」。4802は日数を表しているそう。
TRIPLANEのデビューが2004年12月13日。そこから次のアルバムがでるまでの日数なのです。
ということで、今までの集大成的な意味もあり、これからの未来も含めてTRIPLANEを表現する内容になるべく鋭意努力中。
あれもこれもいれたい。そんな気持ちがあり、どれをカットするのか?どれを残すのか?頭を悩ませていらっしゃるのです。
10曲おさめる予定ですが、10曲でおさまらない。そんな気持ち、理解できますよね。
まずは頭を一度空っぽにして断捨離?ということで、いろいろ私が提案させていただきました。
例えば、スーパーで楽しい時を過ごす。例えば、異空間・非日常の時をつくる。
例えば、ドライブに出かける。例えば、美術館に出かける。例えば、マッサージをしてもらう・・・・・などなど。
収録しながら、身の上相談の番組?なんて思ったり。少しはお役にたてたのかしら?
ツアーも札幌ライブを終え、これからレコーディングに向け本格始動です。
そして、9月24日にはTRIPLANEが釧路にやってきます。思いは伝わる・・・!!TRIPLANEとしては2年ぶりの釧路です。
フリンジ北海道2017の最終日、9月24日(日)20:20〜の1時間。熱い時になりそうです。
場所はC-Cave ( 釧路市海運1丁目2−14)です。
「フルスロトットルでお送りしますよ〜。今、TRIPLANEがみせることのできるすべてを全力でお届けする予定です。」
楽しみですね。その頃にはレコーディングも件も落ち着いている頃と思われますので、ゆったり釧路を楽しんでいただけたらと思います。

※フリンジ北海道は、「参加料さえ払えばプロ・アマ問わず誰でも参加できるイベント」をテーマに、釧路市内に芝居、音楽活動のための小劇場を設立を目的とした市民団体「ノードトゥアーク」が活動の一環として取り組んでいるイベント。今回は昨年に続き、第2回目の開催。今年は、音楽やお芝居に加え、映像制作などやったことがない人も参加できる様、ルーキー枠を設けたり、一発芸?の様なパフォーマンス披露なども・・・。誰もが参加できる、パフォーマンスイベントです。

2017.0824 O.A 「タキーニ川カヌーキャンプ旅」 [various story]

上村知弘さん(カメラマン)
https://www.facebook.com/tntnaturecon/

今回はユーコン川の支流、タキーニ川の3泊4日の旅のお話しです。
ユーコンというと大河のイメージ。その中でも比較的流れが速いところもある川とのこと。
くだり始めの1〜2日は漕がなくてもカヌーが進む感じなのだそう。
この川はとても綺麗で川底まで見えるそうです。川底の石をみていると、自分が空を飛んでいる感覚におそわれるほど。
プライベイトでもよく行かれる川だそうですが、ツアーとしては去年からスタートしました。
川幅は、最初が釧路川の中流域と同じくらい。だんだん川幅が広がり、新釧路川くらいになる感じと。
なんとくイメージできます?
通常、カリブーやムース、ビーバーに会うことができるそうですが、今回のツアーでは動物には会えなかったそうです。
でも、珍しいキングサーモンの遡上のタイミングにあい、5〜6匹のキングサーモンに出会えたそう。
婚姻色になったサーモン。2000キロの旅を何も食べずに戻ってきているのです。
そんな彼らに会えて上村氏も感動なさっていました。
至るところにブルーベリーがあり、それを摘んでパンケーキの上に乗せたり、
グレーリング(川ヒメマス)という魚を釣ったり、楽しいツアーになったそう。
ただ、1箇所だけ急流があり、ツアーでは特に安全第一なので、迂回することに。
荷物が多い上に、カヌーも重たい。ということで、上村氏と奥様のタミーさんはカヌーで3往復して荷物を運んだそうです。
夜は川の側の安全な場所でテントを張ったそうですが、やはり一番危険なものといえば、クマ、ベアースプレイは欠かさず持ち歩いていたとか。
これから3つのツアーが待ち構えています。オーロラもそろそろ戻ってきた感じと。
さらに紅葉ツアーも始まります。ユーコンもいよいよ秋の訪れを感じるシーズンに入ってきた感じです。

2017.0817O.A 「デビュー10周年の決意」 [various story]

松瀬 一昭さん(シンガーソングライター)
https://m.facebook.com/matsusekazuaki

7月はバタバタと過ぎていったそうで、今はちょっと一息ついている感じの松瀬氏。
これからBBQもしたいし・・ビアガーデンにも行きたいと。
7月18日はデビュー10周年の記念日。
この日から1年間、月に一度シングルCDをリリースすることを決めたそうです。月に2曲、1年で24曲。すべてアコースティックで。
今までためていた作品に手直しをしたり、新たなものを作ったり。大変ですよね。
さらに大変かなと思い始めたのが・・・ジャケットの写真。
風景などの写真はたくさん撮られているのですが、自分の顔が入ったものはそれほどなく。どうしようかな?と。
毎日1枚自撮りをして30枚の写真を1枚の写真にしたら楽しそうだなと思って提案してみました。
どんなジャケットが出来上がるのかな?楽しみです。
でもこの企画は前からやりたかったことを実現できている感じなのだとか。
この10年で一番変わったことは何でしょう?
「う〜ん、今は音楽に没頭しているかな?自由に考えることができるので、自分を見つめ直す時間もできて、原点に戻ることができた感じがしますね。」
では、10年で変わらないことは?
「変わったけれど帰ってきたといった感じでしょうか。
僕はメロディと歌詞を一緒に作るタイプだったのですが、できた歌詞にメロディをつけたりとか、その逆もあったりして。
それが今また、自分のやりたい感じになってきたということですかね・・・」
最近のライブでも、よく笑っているねと言われるそうです。楽しそうとか。ご自身がやりたいことができているということなのかもしれません。

前の10件 | - various story ブログトップ