So-net無料ブログ作成
various story ブログトップ
前の10件 | -

2017.1214 O.A 「雪が降ったら・・・お楽しみ!」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

今年は雪が降るのが早く、量も多いみたいな感じ。でも雪が降ると動物たちの足跡が見ることができて、楽しいんですよと日高氏。
例えば、ユキウサギ。北海道にいるのはユキウサギ。夏に見かけてもユキウサギ。冬は真っ白ですが、夏は茶色にかわります。
もともと夜行性なのであまり見ることがないそうですが、ここ最近数も減っているみたいで、ほとんど見かけることがないそう。
そのユキウサギの足跡はまるでビックリマークに見えるのです。
ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、前足をついて跳び箱を飛ぶ時みたいな感じになります。
ですから前足の跡の前に大きな後ろ足の跡がつきます。
それからウサギは、「ウサギの止め足」といって、野生の天敵から身を守るためにとる方法で途中で戻ったり、直角に曲がったり、
ロングジャンプしたりして足跡から追跡されないようにしています。そのウサギを追うのがキツネ。キツネの足跡はずっとどこまでも続いてます。
そして、イイズナ。イタチの仲間ですが、世界で一番小さな肉食動物と呼ばれているとか。
顔はとっても可愛いのですが、結構獰猛だそう。これはネズミを追うそう。
ネズミの足跡も小さく、でも尾があるので、1本の線がす〜っと引かれています。それがトリとの違いでしょうか。
また、シカの足跡も数多く見かけるそうですが、オスとメスと子供ではその大きさが違うそうです。
蹄の跡がしっかり見える時もあり、滑る場所ではその蹄が開いてふんばっている姿が想像できるとか。
さらにはタヌキの足跡も見えるそう。
タヌキはキツネと違って足が短く、体がふわふわっとしているので、雪が降るとお腹が雪についてしまい、彼らの歩いた跡はラッセルされているそう。
雪が降るとなかなか外に出かける気分にもなれませんが、たまに自然の空気を吸って、
動物たちのふだんは見ることのできない生活を想像したりするのも楽しい時間かもしれません。

2017.1207 O.A 「ビーチサンダルに短パン」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

まだまだ気温が25℃以上という石垣島の屋外から・・・。
釧路の夏よりも暑い!南国の風が届いた感じです。
島でのイベントも落ち着き、レコーディングの準備に取り掛かろうといったところ・・・のはずなのですが。
以前お話しを伺った時におっしゃっていました、機材たち。たくさん揃ったために今までのお部屋が手狭に。
そこで現在お部屋探しをなさっているそうです。ところが、石垣島にお部屋がなく、キャンセル待ち状態。
ですからなんとなく落ち着かずといった感じなのだとか。
いっそのこと家を建ててしまう!ということも考えていらっしゃるそう。
コンテナハウスをたくさん繋げて・・・とか。
そんな中、現在気になっているのがドームハウス。台風にも強そうとのことで乗り気の健司氏。
でもその材料を島に運ぶのがまた大変なのだそうです。
さらに、家を建てるとなれば土地が必要です。北の方に行くと土地はあるのですが、人が来てくれないのでは?という不安が・・・。
石垣島の南の一部にほとんどの人が集中しているそうで、最南と最北では車で50分くらい離れているそう。
今年はライブ三昧の日々だった健司氏。やっと釧路にもやってきてくださいました。
釧路で一人でライブをなさったのも初めて。思い出に残るライブもたくさんあったことと思います。
来年は、ご自身のアルバムを作ることはもちろんのこと、さらに人のためにすることを増やしていきたいとのこと。
健司氏がプロデュースしている女の子も来年は東京でライブ開催が予定されていたり、島の子供達に音楽を教えたり・・・。
1年を通して楽しめるフルアルバムを作りたいと思っていらっしゃる健司氏、まずは機材を広げることのできる環境を整えることが先決のようです。

2017.1130 O.A 「やはり北海道は憧れの地?」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

出張の多い土居氏、今回は北海道フェアなどなどについてのお話しです。
毎年好評の東京 代々木公園で開催されている「北海道フェア」とにかく外国人、特に欧米の方が多く印象的だったそうです。
「東京はアメリカ人が多い・・・」
北海道全域から海のもの、山のもの、肉、スイーツなどなど、もちろん観光に関するものが勢ぞろい。
自然の豊かさ、冷涼な環境が非常に受けているとか。憧れをもっている方が多いそうです。いつかは北海道へ・・と考えているからなのでしょうね。
そして、こちらも毎回好評の百貨店での「北海道フェア」。北海道ブランドが定着している感じです。ただ、少し静かになってきた印象もあるとか。
毎年、楽しみにされている方もいらっしゃるのも事実。
本当は北海道に行きたいけれど、行けないので食を通じて地域の文化に触れているといった方たちの存在です。
そういった憧れは北海道に関しては強いものがあるのでしょう。
また、10月にはアジアのブロガーの方が北海道に招聘されました。よりコアな取材をなさったみたいです。
例えば、幌泉郡えりも町字目黒地内にある日高山脈襟裳国定公園 豊似湖。ハートの形をしている湖として有名です。ここでのヘリコプターツアーとか・・・
初山別村にあるしょさんべつ天文台で星に名前をつけるとか・・・とてもコアなところが取り上げられて評判になっているそうです。
シンガポール、台湾、タイなどから一般的な観光ガイドとは違う切り口で紹介されている場所がクローズアップされているのです。
まだ一度も北海道にいらしたことがない方はまずは、イベントでリサーチしたり、食で北海道を感じてくださり、
そして、何度もいらしている方はよりディープな北海道を自分で探されたり。
様々な外国の方が北海道に興味をお持ちだということは今回のお話しでもよくわかりました。
あとは受け入れる側の私たち道民の問題ですね。
ただ、外国人にとって居心地の良い場所、時間であれば、それは誰にとってもそうであると。あらためて感じた収録でした。

2017.1123 O.A 「ことばの表現方法」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

独立して4ヶ月が経ち、日々新鮮な気持ちで毎日を送られているそうです。
たとえ話でよく聞く話しに、「小さい頃は知らないことばかりで日々おこることが新鮮だから、1年がとても長い。
でも大人になると知っていることばかりだから1年がとても早く感じる」と。
今は小さい頃のように毎日が新鮮で、キラキラしていて、すごく濃い充実した時間が過ぎているのでしょう。羨ましいな・・・
ファンの方からも「キラキラしている」「いきいきしている」「楽しそう」とよく言われるそう。
心の中からそんな気持ちが湧き出ているのでしょうね。
さて、以前歌詞を作るときに「愛している」「好き」という歌詞を使わずに表現したいとおっしゃったことがありました。
その時はネギに例えて説明してくださったのですが、詳細は彼も私も覚えていなく・・・。
その件についてメールが届き、あらためて教えていただきたいとのことで、お話しを伺いました。
確かに「愛している」「好き」というストレートな表現をすることが必要な時もあるし、
その方が良い時もあるけれど、ご自身としてはその言葉を使わずに表現なさりたいとのこと。
その言葉を使わない方が、気持ちがより伝わったり、どうしてそうなのかという理由さえもわかるような・・・・・
「好き」「愛している」という気持ちがより伝わる表現方法を目指されているのです。
Mr.Childrenの「花火」の歌詞を例にお話ししてくださったのですが・・・
直接的な表現ではなく、確かに自分の気持ちがより強く伝わる方法で描かれています。その世界観も含め。
気になる方はぜひ検索してみてくださいね。
さて、いよいよアルバム「1/4802のすべて」がリリースになります。12月6日です。
12月は札幌でのインストアライブがたくさん予定されているそうですよ。

2017.1116 O.A 「日本でもアウトドア満喫!!」 [various story]

上村知弘さん(カメラマン)
https://www.facebook.com/tntnaturecon/

日本に10月の中旬に戻っていらっしゃいました。カナダと同じく日本でもskypeでの収録。11月10日に四国の南にある宿のロビーからの録音です。
なんとなく不思議な感じです。音声もカナダユーコンとあまり変わらず・・・。
前半はスライドショーなどをなさったりお仕事などを済ませ、
11月からはオーストラリアからいらしたカップルの方と折り畳み自転車旅行を。その旅の途中でした。
関西空港で彼らを出迎え、そこから高野山の宿坊へ。お寺に泊まり、精進料理をいただき、お経を唱えるところにお邪魔して、日本を感じていただいたそう。
そこから上村氏の実家のある神戸へ。そして広島尾道、瀬戸内海の島々を渡り、海を見ながらキャンプ。
想像するだけでも楽しそう。
道後温泉で旅の疲れを癒し、四万十川を横目に見ながら自転車をこぎ・・・・・・
日本の自然をたっぷり楽しまれたみたいです。やはりユーコンとは違った細やかな日本の自然を身体いっぱい感じた様子。
日本の多彩な自然を堪能なさった感じです。
当初は自転車で北海道も・・・なんておっしゃっていたのですが、もう自転車はおなかいっぱいみたいです。
あと数日で終わる様なことをおっしゃっていました。
実は、オーストラリアのカップルは、釧路で知り合ったそう。
ヨットで世界一周をなさっていた2010年、釧路にいらっしゃり、上村氏も釧路にいらしたので、その時からのおつきあい。
北極へ行かれた時にお世話になったそうで、今回は上村氏がおもてなし。日本のツアーのコーディネイトをなさったのです。
北海道は11月17日に女満別空港に。そこからは列車の旅になるそうです。
「なんだかユーコンでも日本でも同じ様なことやっていますね〜」なんて笑っていらっしゃいました。

2017.1109O.A 「新鮮野菜にテンション上がりまくり〜」 [various story]

松瀬 一昭さん(シンガーソングライター)
https://m.facebook.com/matsusekazuaki

10月後半は引きこもり生活を送っていらっしゃったとか。
依頼曲の作成やら、ご自身のCD作成やら・・・・制作活動の日々が続いていたそうです。
そんな時のストレス解消はどんな感じなのでしょう?
以前お話しにもありましたが、やはりお料理と買い物。
最近、近所に畑でとれた野菜を販売しているおばあさんを発見!そこで美味しい野菜に出会ったそうです。
住宅街の裏山というか、畑で土のついたままの採れたて野菜を、その場で洗って販売しているそう。
スナックエンドウとか、サラダ大根とか、ナスとか、たまにみょうがとか。
さらにその方が作られたカブのぬか漬けも。
様々なものを売っているので、相当大きな畑を持っている方・・・どうやら地主さんの様です。
ただ、週1回の決まった時間だけしか販売していないそう。
そこを発見してからはテンションあがりまくって・・・お料理にも力が入っている・・とか。
また、別のところにも別の方が畑でとれた野菜を即売している場所を発見!!
野菜はスーパーに行かなくても良さそうな感じです。
最近のヒットはぶり大根。圧力鍋で作ったそうですが、いまいち味が染み込まず、お鍋にいれて再度煮込んだそう。
骨はトロトロになったそうですが、冷やしながら味が染み込むはずなのに・・・納得の味にはならなかったのでしょうね。
さて、12月3日(日)は釧路でのワンマンライブ開催です。リクエスト曲を中心に構成を考えているそうですが、トーク主体になっちゃうかも・・・なんて。
釧路は3回目のワンマンライブです。詳しいことは彼のホームページをご覧になってくださいね〜

2017.1102 O.A 「コハクチョウがやってきた!」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

ノビタキやオオジュリンなどの小鳥たちはいつの間にか姿を消し、北からの鳥たちがやってきました。
オオハクチョウは今年は10月10日に、オオワシは10月16日に浜中ポロトに姿をあらわしたそうです。
いつもはオオワシは10月末にやってくるのですが、今年は早いと日高氏。
さらに珍客、コハクチョウもポロトにやってきたそうです。
コハクチョウは北極海沿岸で子育てをし、道北から旭川方面、ウトナイ湖へと渡ってきます。さらに西日本まで行くそうです。
ですからオオハクチョウと渡りのルートが違うので、通常は見ることができません。日高氏曰く「おそらく迷ってきたんでしょうね」とのこと。
オオハクチョウとの違いは、まず体の大きさ。そして顔。コハクチョウの方が丸い感じの顔立ち。
さらにクチバシの色が黒っぽいそう。ハクチョウといえば黄色いクチバシのイメージなのですが、それはオオハクチョウの様です。
そのコハクチョウはもういなくなったそうですが、仲間たちに会えることを祈りたいですね。
鳥たちの世界も冬に備えて変化しています。
湿原の中ではオスのシカの真っ黒くお化粧中。彼らは自分で土を掘って首周辺に土をつけているそう。強く見せるためのオスのお化粧とか。
さらにカモたちもオスは綺麗にオスらしくなってきたそうです。
そして、ポロト沼には若いオジロワシたちがたくさん集まってきているそう。実はそこにあがってくる鮭待ちなのですが、今年はやはり鮭が少ないみたいです。
あまり食べている姿を見かけていないとおっしゃっていました。
さらにカラスもそれを狙って、いつもはたくさんやってきているそうですが、そのカラスも全然数が少ないと・・・。
人間にとっても鳥たちにとっても鮭の不漁は深刻な問題のようです。
今年の冬は早くやってくるのでしょうか?鳥たちの移動と同じ様に・・・・・。


2017.1026 O.A 「まだまだ暑いよ石垣島」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

釧路でのライブから1ヶ月以上も経ってしまいました。本当に月日の経つのは早いですね。
釧路の後も札幌でのライブやその他諸々があり、現在はやっと石垣島に戻られての収録でした。
島に戻ってゆっくりなさったのは5日間ほどとか。
「やっぱり自分の家は良いよね〜。手を伸ばすとそこには楽器があり・・・」なんて。
今回全国ツアーを終えて、皆さんを楽しませる曲というのがなんとなくご自身の中にひらめきとしてあり、
それを今後のアルバムで具現化できたらとおっしゃっていました。
ツアーの最初はまだ身体が慣れていなくて、1ヶ月位は大変だったそうですが、最終日の釧路は楽しかったよ〜と嬉しいお言葉。
現在は、依頼された曲作りや島の子供たちとのイベントに備えての準備など・・忙しくなさっているそう。
実は石垣島で一番大きなお祭りが11月4日と5日の2日間にわたって開催されるそうです。
市民大パレート、ステージパフォーマンス、出店、地元出身アーティスト等のスペシャルライブや、打ち上げ花火などなど・・が楽しめるそうです。
さすが石垣島ならでは。このシーズンが一番良いということなのでしょうね。
まだ30度という日もある石垣島。北国は雪のニュースも舞い込んでいるのですが、この季節日本が南北に長いことを実感します。
先日、FMいしがきサンサンラジオに健司氏がご出演なさっていました。
それをネットラジオで聞きながら、思わずメッセージを送ってしまった私。ラジオにメッセージを送るという初体験、さらにそれが番組で読み上げられるという初体験。
くすぐったい様な、恥ずかしい様な、とっても不思議な感覚を味わいました。
そこにゲスト出演なさっていた健司氏もちょっと変わった感覚を感じていらっしゃったみたいで。
そのお話しをしつつ思い出し笑い・・・。
次回の放送時には石垣島まつりのことやアルバムに向けてのお話しが聞けるかな?
でもその前に行きたいな〜・・・




2017.1019 O.A 「ココロに届く土地とは・・・」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

9月の末に欧米のメディアが北海道に視察ツアーにいらっしゃったそう。
アメリカ、イギリス、ドイツからメディア関係6名、旅行会社2名の方々。より北海道に興味を持っていただきたいということでお呼びしたそうです。
その中のお一人が世界で一番売れている一人旅のガイドブック「ロンリープラネット」の記者。
欧米ではジャパンブームということで、より日本のディープな世界をたくさん取材なさったそう。
まだ、北海道にいらしている海外からの観光客はアジア圏がほぼ9割。でも団体旅行に加え、一人旅の方も多く見かけるようになったそうです。
さらに、東京ではいらしている海外からの観光客の方、半数は欧米からなのだとか。
より文化や自分の興味の対象に一人で旅をする、本来の意味での旅を楽しまれている方が増えてきたのでしょう。
日本の場合、まだやはり東京や京都などのメジャーな観光地を巡る方が多く、より北海道らしい場所ということで道東を視察なさったのです。
女満別空港から入り、ウトロ、知床、野付、霧多布、摩周、そして最終日は釧路川カヌー下りを体験し、終了。
アイヌ文化やその土地の食、そしてヒグマウォッチング、ホエールウォッチング、トレッキング、硫黄山、カヌーと
地元に住んでいる私たちがお聞きしても面白そうな内容です。
硫黄山の様子、霧多布湿原での花や鳥たちを見ては、自然のままで美しいものがそこにある豊かさ、
トレッキングの魅力などを語る方が多かったそう。
数多くの色々な場所を歩かれている方々ですが、「心に届く土地であった」という言葉を残してくれたそう。
北海道、特に道東に住む私たちにとってとても嬉しい言葉です。
この記者の方々が今後どういった形で北海道、道東を発信してくださるのかも気になるところ。
でもいらした観光客の方に対して、どう私たちが接するのか?その問題もしっかり考えていかなければと思った土居氏と私でした。

2017.1012 O.A 「釧路でのライブ楽しかった〜!」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

釧路フリンジ北海道の最終日、TRIPLANEのライブがありました。
演者と観客が一体になり、会場は盛り上がり感はんぱなく・・・。
いらした皆さんとの一体感は気持ちのよいくらいでした。
そこで、気になった兵衛氏の眼差し。
歌いながら、会場の中、少しずつ視線を移していくのですが。その視線が甘く切ない。
私には飼い主に甘えるわんちゃんの目に見えました。ご本人曰く意識はしていないそうですが。
あの視線で見つめられると女性は勘違いしてしまいそうです。
ライブ前に釧路で美味しいものを食べたいとおっしゃっていたのですが、その時間もなかったそうです。
12月6日にリリースされるアルバム「1/4802のすべて」の準備がまだ実は終わっていなかったそうで、
ライブの時には結構そんな気持ちも抱えつつだったのかしら?
現在は、「やり終えてよかった」と。今回は特に言葉選びに妥協せず、最後まで歌詞には神経を使われたみたいです。
今までよりもより大事にしたとおっしゃっていました。
兵衛氏が好きなフレーズとかはあるのでしょうか?お聞きしてみました。
特にないそう。でもメロディにはまりやすい言葉とかはあるので、同じ言葉ばかりを使わないようになさっているそうです。
なるべく、「好き」とか「アイシテル」は使わない様になさっているとか。
何かを生み出すってとても大変なことだと思います。そのためには色々な努力をなさっているんですよね。
現在は、ちょっと小休止といった感じでしょうか。
10月21日には美幌町でのワンマンライブも控えています。
『TRIPLANEスペシャルワンマンライブ in びほーる~秋晴れの空の美ほろで~』は美幌町民会館で開催。お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね〜。

前の10件 | - various story ブログトップ