So-net無料ブログ作成

on the Essence・・・special [etc.]

今回のスペシャルは・・・簡易軌道。
IMG_6411.jpg

10月から博物館では「釧路・根室の簡易軌道」という企画展が始まります。
大正末期から1970年頃にかけ、北海道の開拓と酪農を支えた簡易軌道(殖民軌道)。
釧路・根室地方の1950年代以降を中心に、関係者の回想や地域に保存されている資料、
そして、現役当時に現地を訪れた鉄道研究家の記録を通じ、展示や見学会、講演会などが開催されます。
IMG_6412.jpg IMG_6413.jpg
この写真は鶴居村ふるさと情報館にある鶴居簡易軌道です。

今回は鶴居軌道で運転、整備など、あらゆることをなさっていた小野正彦氏のインタビューをさせていたいた模様、
そして貴重な音源を平田邦彦氏からお借りしましたので、その音などをお送りしながら
石川学芸員の簡易軌道に関する想いをお伝えします。
浜中町営軌道:平田邦彦氏.png
この写真は音源もご提供いただいた平田邦彦氏からお借りしました。
※詳しいことは・・・釧路市立博物館のHPへ。
http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/kikaku/2016/kan-i-kidou.html

science short story・・・身近な科学編 [etc.]

万華鏡・・・癒されます。
どれだけ見ても同じものはひとつとしてない。
このあたりが虜にされてしまう理由なのかもしれません・・・
1.jpg 4.jpg 6.jpg 7.jpg 8.jpg 9.jpg

on the Essence・・・special [etc.]

今回のスペシャルは・・トドマツの香り。
以前からお話しを伺っていましたが、このたびやっとプラントにお邪魔することができました。
株式会社 北都が経営するトドマツのオイルを抽出するプラントです。
ここでは間伐材の時に今まで放置されてきた未利用の間伐枝葉から天然100%のトドマツオイルを抽出しています。
ここのオイルは株式会社エステーに提供され、様々な製品に使われています。
01.jpg
ここでは材料となるトドマツの枝や葉がストックされています。とっても気持ちの良い香りが・・・
02.jpg
プラントの外観・・ここは外も中もトドマツの癒しの香りが漂っています。
03.jpg 04.jpg 05.jpg 06.jpg
お話しを伺った山﨑社長と一緒に見学にお邪魔した北海道教育大学釧路校 境智洋氏と学生の中村さん
08.jpg 07.jpg
実はこの作業はこれからが本格的に稼働する時期。
2台の大きな機械が稼働し、100キロのトドマツの枝や葉が約60分かけて蒸留され、オイルと水になります。
約25キロが水とオイルになるのですが、もちろんオイルの量は水に比べると非常に少ないのです。
この作業を1日、1台につき7回繰りかえしているとのこと。
「全国、全世界の空気が北海道のトドマツで綺麗に蘇る」そんな日が来ることをワクワクしながら
社長とともに待ちたいな・・・と思った私です。

on the Essence・・・富田俊明氏 [etc.]

今回は旭川出身のアーティスト、藤木正則氏をお迎えしてお送りしました。
いただいた名刺には「行為」と書かれてあり・・これが肩書き?と思ったのですが、
そこにはナンバーリングもされていて・・・
名刺が・・正しくは名刺交換がアート作品になっていくという摩訶不思議な藤木world。
富田氏と藤木氏の出会いは、
2014年札幌国際芸術祭でした・・・
1508202.jpg 1508203.jpg 1508204.jpg
1508201.jpg1985年に企画された「サーキュレーション」。
札幌、旭川、帯広、北見の4つの年で同時に開催されたイベントです。
フットワーク・アートワーク・ネットワークがkey word。
まさしく北海道の現代アートを牽引してきた藤木氏に
北海道の現代アートに関する様々なことを伺いました。

しんかい6500初代パイロット [etc.]

IMG_3282.jpg IMG_3283.jpg IMG_3285.jpg
あの・・「しんかい6500」の初代パイロットの方にお会いできました。
実は釧路市こども遊学館の島田学芸員がその方と10年以上のおつきあいとのことで、急遽インタビューに応じてくださいました。
現在は、JAMSTEC 海洋研究機構 海洋工学センター センター長代理をなさっている田代省三氏です。
なぜこの世界に入ったのか・・・
「しんかい6500」の中のこと・・・
今までに怖いと思ったこと・・・
これからやってみたいこと・・・などなど。
島田氏曰く「乗り物が大好きな方なんです。」
「しんかい6500」は3人が入るそうで、そのうち2人は操縦する人。そして一人が研究者という内訳。
研究者が何を欲しているのか?それを見極め操縦するそうです。
「海に戻りたい」と陸にあがって20年の田代氏は強く願っておられるようでした。

JAMSTEC みらい [etc.]

2015年7月18日(土)海洋地球研究船「みらい」が一般公開されました。
世界最大級の研究船が釧路で10年ぶりに公開。
当日実際に「みらい」に乗船し、釧路市こども遊学館の島田学芸員にお話しを伺いました。
IMG_3284.jpg IMG_3264.jpg IMG_3265.jpg IMG_3267.jpg IMG_3268.jpg
みらいは8706トン、全長128.5m、幅19m。
世界中の色々な海に出かけ、海洋調査を行い、海水サンプルの採取やその分析を船上で行うことができるのです。
観測ブイの設置を通し、世界各地のデータを収集し、さらにエルニーニョやレアースなど、海に関するあらゆるジャンルを研究しています。
研究員は46名、乗組員が34名。
実はこの船前半が原子力船むつ、後ろの部分がみらいなのです。よく見るとつなぎ目が見えました。
IMG_3270.jpg IMG_3273.jpg IMG_3274.jpg IMG_3278.jpg IMG_3277.jpg IMG_3279.jpg
「みらい」には揺れを緩和する仕組みが整っています。揺れる船内で研究分析するのは大変です。
会議室の椅子にも工夫がされています。床に固定された器具があり、そこに椅子の脚を差し込むようになっていました。
また、船室、特にベッドは小さく、足を伸ばして寝ることは難しいのでは?といった感じです。
IMG_3281.jpgこの「みらい」は日本の玄関口として釧路から海外へ出かけていきます。
だいたい1年に一度ほどは釧路に寄港しているそうです。

海に浮かぶ研究船「みらい」。
地球温暖化をはじめ、地球環境変動の解明はますます重要な課題になり、
これからはこの「みらい」が果たす役割はさらに大きいものになっていくのでしょう。

長倉商店塾 [etc.]

mrnagakura.jpg
長倉商店塾がこの夏くしろで開催されます。
カメラを手に世界50カ国あまりを歩き、「人」と「時代」をみ続けてきたフォトジャーナリスト
長倉洋海氏が、その経験をたっぷりとお話ししてくださいます。
ただ、経験談だけのお話しというわけではなく
今何かを悩んでいる方
これから何かをやってみたいと思っている方
ちょっと自分をかえてみたいと思っている方
もちろん、カメラが好きな方
どんな方にも聞いていただきたい内容とのこと。
7月27日から8月28日まで3期に分けて、全15回の講座となっています。
今回はここだけ・・聞きたいということも結構です。
詳しくは長倉氏のhpをご覧ください。
http://www.h-nagakura.net

on the Essence・・・special  [etc.]

今回のスペシャルは岡田弘氏の登場です。
彼は環境防災総合政策研究機構理事、火山物理学者、そして北海道大学名誉教授です。
テレビにも何度もご出演されているので、ご覧になった方、また新聞でも記事を読まれた方も多いことと思います。
・今回はジオの観点から道東の魅力について、観光への発展
・硫黄の採掘と火山観測の関係について
・自然の魅力と隣り合わせの災害
とても興味深く面白いお話しをわかりやすくお話ししていただきました。
同席していただいたのは、北海道教育大学 釧路校 境智洋氏。
そして、釧路市立博物館 石川孝織学芸員。

o01.jpg o02.jpg o03.jpg

on the Essence・・・富田俊明氏 [etc.]

今回は2014年12月13日から12月21日まで山口県で開催された富田俊明氏の個展についてのお話しです。
タイトルは「ストーリーテラー」
●トンボ狩人・・・クラフト紙にドローイング
トンボ狩人.JPG
●灰と頬:食卓の夢・・・真鍮の皿
灰と頬食卓の夢.JPG
●灰と頬:拡充法パフォーマンス・・・ビデオ
灰と頬拡充法パフォーマンス.JPG
●ナイトハイカーのための杖・・・蜜蝋、木綿糸、紙にテキスト
ナイトハイカーのための杖.JPG
●ハート マウンテン・・・ソーレン ビョルンによる絵、MP3プレーヤー、冊子
ハートマウンテン.JPG ハート.JPG
※写真は富田俊明氏からお借りしました。
富田俊明氏のhpは・・・
http://toshiakitomita.info/index-jp.html

※尚もっとくわしくこのプロジェクトを知りたいという方は・・・こちらへどうぞ
http://n3-art-lab.com/lecture/%E5%AF%8C%E7%94%B0%E4%BF%8A%E6%98%8E%EF%BC%9A%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%BC-toshiaki-tomita-a-storyteller/

on the Essence・・・富田俊明氏 [etc.]

鶴居 養成邑 その構成と実現に向けて命を燃やした精神科医の軌跡
「希望としての精神医療〜宮田国男の記録」をまとめられた高橋忠一氏、
その時代一緒に活動をなさっていた加藤直樹氏。
そしてその宮田国男氏を現在研究している富田俊明氏。
様々なキーワードが飛び交いました。
それを拾い集め、少しずつ少しずつ何かを形づくることができれば・・・
2014-12-03 18.32.50.jpg 2014-12-03 18.33.17.jpg 2014-12-03 18.33.07.jpg
第1回目の鶴居でのワークショップを説明する高橋忠一氏。
内科画廊やハイレッドセンターを語る加藤直樹氏と富田俊明氏。
2014-12-03 18.33.44.jpg 2014-12-03 18.39.49.jpg
高橋忠一氏が書かれたつるい養成邑、宮田国男氏に関する本と、同志とおっしゃっていた島成郎氏の本