So-net無料ブログ作成

am [path-art]

守章とはそもそも双子の兄弟のユニット名。お兄様は平面的な作品を作り、お話しを伺った弟さんはインスタレーション、立体的な作品を作っていらっしゃいました。
あるきっかけでユニットを組むことに。その後、2009年からは弟一人のユニットとして活動なさっています。
小さい頃から何かを作ったり描いたりすることはお好きだったそう。
小学校5、6年の頃の担任の先生が美術が大好きで授業以外にクロッキーの授業を1週間に2コマくらいやっていたそう。
まるで美術大学の予備校みたいな感じの授業だったそうです。その時、先生に評価してもらったことも今の道に進むことに影響しているとか。
実際に制作されてきた作品について伺いました。
一番最初にお兄様とユニットを組んで制作したものは、お互いに違う領域で仕事をしようと決め、一台のビデオカメラを目の前に、
自分たちを表現するという作品を作られました。パフォーマンス的要素が大きかったと。
AM(1996)#1.jpg AM(1996)#2.jpg AM(grind)(1997)#2.jpg
Akira MORIのイニシャル AMというその後シリーズ化する作品の最初の作品です。
他の作品はとしては、ひとりユニットになった時に取材したものとして防災無線の音があります。
最初は東京23区から始まり、200以上の防災無線の音を取材。一番最初は豊島区に住んでいたので、その時の音が一番大きく、圧力を感じる音とおっしゃっていました。この防災無線のなっている場所が非常時、災害時にちゃんと起動するかどうかを毎日チェックするためのテストをしているということを知ります。
曲自体には意味がなく、日本全国どこでも鳴っていて、それが日々更新しているということがすごく日本的だなと思ったそうです。
終日(近所)(2014)#1.jpg 終日中継局(2012)#3.jpg 終日貼紙(2012)#2.jpg
作品タイトルがAllDay。終日。私たちは、日常というものが当たり前にあると思っています。
その日常の中で、非日常の為に防災無線が毎日繰り返しテストされているのです。
それがぼんやりしたイメージとか、誰も気づかない市民の人たちの中で日々行われているというのがすごいなと思ったのです。
ただ2011年の3月11日、それが現実を追い越したという気持ちに。防災無線の取材はそのずっと前からなさっていましたが、その時に一旦止めたそうです。
その後2012年にこの防災無線を使ったプロジェクトを実施。今もそれは続いていると。
手がけた作品に通じるコアコンセプトとは・・・
作品は作家が作るのではなく、作品と、その同じ作家が作った作品の間に誰かが見出すもの。だから、作家が目の前にいなくても作家は見出されると思っているそうです。これはユニットにも通じることの様です。
「アートとは・・・哲学です。」と言い切る守氏。今後釧路での作品展でどんな作品を発表なさるのか、とても楽しみです。
Nick@菜香亭(2008).jpg 仮換地(2014)#1.jpg 仮換地(2014)#2-1.jpg 仮換地(2014)#3-1.jpg
※尚、写真は守章氏からお借りしました。
上の段の左:AM(1996)#1 中:AM(1996)#2 右:AM(grind)(1997)#2
真ん中の左:終日(近所)(2014)#1 中:終日中継局(2012)#3 右:終日貼紙(2012)#2
下の段の左から:Nick@菜香亭(2008) 仮換地(2014)#1 仮換地(2014)#2-1 仮換地(2014)#3-1


cheburashka [path-art]

R0001304.JPG R0001305.JPG R0001306.JPG R0001308.JPG R0001309.JPG
チェブラーシカは・・・
・茶色の子ザルみたいな、タヌキみたいな、摩訶不思議な生き物。
・オレンジ色の箱に詰められてやってきた正体不明の生き物。
という設定で、物語の脇役としてこの世に誕生しました。
この名前は「ばったり倒れ屋さん」というロシア語。ドスンと落ちる、つまづく等の意味を持つロシアの古い言葉に由来しているそうです。
見た目もネーミングも不思議なキャラクターです。
生みの親は、童話作家のエドゥアルド・ウスペンスキー。
絵本は、1966年「ワニのゲーナとおともだち」の1キャラクターとして登場しました。
エドゥアルド・ウスペンスキーは物語を紡ぐのが仕事ですから、オリジナルのチェブラーシカは文字、文章でしか残されていないそう。
文章から想像して挿絵画家が描いたことで、姿かたちが様々なのです。
私たちが一般的に思い浮かべるチェブラーシカの姿は、アニメーション作品のものかもしれません。
原文に表現されているチェブラーシカは
「ミミズクのような大きな黄色い目。ウサギのような頭、子グマのような尻尾を持つ、熱帯からきた普通では知られていない動物。」
ちょっと想像すると・・・あまり可愛い感じはしませんね。
そして、アニメーション制作におけるチェブラーシカは、1969年、カチャーノフ氏が手がけるアニメーションで登場しました。
今回の展示の見どころは、マケット(模型)とのこと。2010年に公開されたサーカス小屋の舞台セットです。
この制作には、ロシア以外にも、韓国や日本のスタッフが関わったそうで、6年越しで作られたものなのだそう。
また、最新作のアニメ「チェブラーシカ動物園へ行く」のマケットも公開されています。実際に撮影で使われた人形も数多く展示されているそうです。
R0001310.JPG R0001311.JPG R0001312.JPG R0001318.JPG R0001316.JPG
(チェブラーシカ展は6/24まで釧路市立美術館で開催中)

motopostcards [path-art]

image1.jpeg image2.jpeg image3.jpeg image5.jpeg image6.jpeg
一度手にすると、はまってしまう、そんなイラストを描かれている福田氏。
ホッとする
ニタっとする
ホンワカする
・・・そこに描かれたストーリーを思わず考えてしまう。
そんなイラストが私は好きです。
彼女は当初、写真を撮られていました。いつしかイラストを描くようになり、今に至るそうです。
ポストカードは使う人がいてなりたつもの。だからいつも使う方のことを考えてイラストを描かれています。
時代が目まぐるしく動いていく中で、切手を貼って送りたくなる
贈りものの中に一言そえて送りたくなる
何も書かなくても誰かに送りたくなる
まさにそんな感じのイラスト。
そして、彼女のイラストの余白が、なんともよい雰囲気を伝えてくれています。
イラストをご覧になった方が少しでも、今よりも心豊かになって、温かい気持ちになることのできるイラストを意識して制作なさっているそう。
そんなポストカードの原画展が始まります。
※尚、写真は福田元美氏からお借りしました。
(motopostcards 福田元美原画展は6/3まで中標津 東1条ギャラリーで開催)
(尚、東1条ギャラリーは土日open 11:00〜17:00)

the fantastic world of print art [path-art]

DSC00609.JPG DSC00610.JPG DSC00611.JPG DSC00613.JPG
大きな作品が迫ってきます。
どれもこれもプリントアートと呼ばれるものですが、その技法は様々です。
日本の版画は、1950年代、世界的に高い評価を確立。その後60年代半ばになると新たな展開が次々と見られるようになります。
磯辺行久や靉嘔らにより、シルクスクリーンを駆使するなどした大型作品が制作されるようになっていきました。
それらの作品は、その斬新な表現、版画の概念を覆す革新的なものとして注目を集めたのです。
この時期には、また写真製版を用いた作品が盛んに制作されるようになり、
近年では、コンピューターやカラーコピーなど、日々進歩する技法を取り入れ、制作の幅はどんどん広がっていきました。
新しい技法を使いつつ、自分の表現にあうものを選び出す・・・
ハイテクとアナログが交差する作品、見ていても不思議な感覚に襲われます。
一見デジタル的な感じのする作品も、実はよく見るとアナログ的な技法を重ね合わせたものだったり、
あれ?これは写真なの?と思うものがあったり。
まさに奇想天外なアートを楽しむ展覧会です。
どれもこれも大きな作品なので、じっくりその世界に入り込んで見るのも楽しいかもしれません。
DSC00614.JPG DSC00615.JPG DSC00616.JPG DSC00618.JPG
※尚、写真は北海道立帯広美術館 光岡幸治氏からお借りしました。
(奇想天外〜プリントアートの世界展は6/17まで北海道立帯広美術館で開催)

human being base [path-art]

1.jpg 2.JPG 3.JPG
彼の原点は・・・ニルスのふしぎな旅。
「ちょっと隣の町に行ってくるね」と行って気球で出かける・・・そんな感じで旅ができたら最高ですよね。
ガチョウのモルテンを気球にかえて、世界中の空を旅しているのが八戸氏なのです。
気球だったら、自分で作ることができるかも。
実際に中学から高校3年までアルバイトでお金を稼ぎ、生地を買い、ミシンで縫い、手作りで気球を作ってしまいます。
「気球から見ると、今まで見えなかったものが見えてくるんだよね。」
その魅力にとりつかれたまま、大人になった八戸氏は瞳を輝かせて色々なお話しを聞かせてくださいました。
彼の作品に出てくる世界各地の人々は誰も彼も笑顔が眩しい。
ほんわかする1シーンです。
ただ、彼は一人で気球を操縦し、撮影もしているわけですから、その場面を想像してみると、そんなに呑気な感じではないと思います。
1つの作品から浮かび上がるストーリー。永遠に流れる時の中でのほんの1瞬の出来事。
「人間ベースが面白んだよね。」
その言葉が心に残りました。
飛行機でもなく、ヘリコプターでもなく、気球に乗る感覚。おそらく彼の作品をご覧になった方にはそれが伝わることと思います。
4.jpg 5.jpg IMG_2318.jpg
※尚、写真は八戸耀輝氏からお借りしました。
(八戸耀生写真展は6/13まで北海道立釧路芸術館で開催中)

It is led to the wind, and I do a trip [path-art]

P1060367.JPG P1060375.JPG P1060382.JPG P1060377.JPG
声をかけると届くその声、その笑顔。
人を寄せ付けない上空からの風景。
野生の動物がみせる一瞬の表情。
そして、精密な昆虫写真。
八戸氏は、中学3年生の時に自分で熱気球を作り始め、高校3年生までの4年間でそれを完成させます。
その後数々のレースにも参加。海外でもその高い技術が知られ、2007年から3年続けて日本アルプス越えを達成しました。
今回は、熱気球から見える風景に魅せられ、世界各国を旅した記録をメインに85点の作品が展示されています。
福地氏のイチオシは・・・タイチェンマイで撮られた男性の水浴びのシーン。
彼の周りに拡がる波紋、そして奥に拡がるみどり。静寂を感じ、そこから動き出す空気を感じる1枚です。
ブラジル、タイ、スイス アルプス、日本アルプス等々。世界を旅する気分も味わえ、その被写体になっている人の笑顔に癒される。
展示室の空間にいると、リラックスした雰囲気に自然になってしまうのは私だけでしょうか。
見えない風を感じるかもしれません。
笑顔に思わず見ている方も笑顔になるかもしれません。
そして・・・
本物の気球を間近で見ることができるかもしれません。
P1060369.JPG

(八戸耀生写真展は6/13まで北海道立釧路芸術館で開催中)

supported art of Kushiro [path-art]

IMG_2197.jpg IMG_2198.jpg IMG_2199.jpg IMG_2200.jpg IMG_2201.jpg IMG_2202.jpg
地方からの作家を釧路でもてなし、釧路で制作活動を支え、できた作品を展示させる。
そんなお店がありました。作家はオーナー家族と衣食住をともにしたそうです。
作家にとっては尊い存在。果たして今の時代だとしたらそれは通用するのかしら?と思ってしまいます。
また、その作家がほかの作家を紹介し、どんどんその輪が広がっていきました。
釧路は時代的にも産業が盛んで、その様な経済的な力も今とは違っていたのかもしれません。
今回の展示は、作品を通じて、作家を取り巻く釧路の環境、歴史なども理解できる内容となっています。
作家という人と、それを支える人、それを支える画廊やギャラリー、喫茶店の存在が作品から浮かび上がってくる・・・そんな展示です。
人を通じてつながるアート。
それがなければ今の釧路の美術はなかったかもしれない。そういっても過言ではないかもしれません。
じっくりと作品とそこにある文章を読みながら、想像を膨らませて鑑賞すると、あなたが知らなかった釧路が見えてくるかもしれません。
IMG_2203.jpg IMG_2204.jpg IMG_2205.jpg IMG_2206.jpg IMG_2207.jpg IMG_2208.jpg
(釧路の美術を支えた画廊の仕事 所蔵作品×ギャラリーコレクションは5/6まで釧路市立美術館で開催中)

an eternal moment [path-art]

A4チラシ_omote_0202shusei.jpg A4チラシ_ura_gehan.jpg
ナショナルジオグラフィック・・と聞いてどんなことを想像しますか?
この世のものと思えない綺麗な自然、野生動物たちの生き生きした表情・・・
そもそも、ナショナル ジオグラフィックは1888年、アメリカのワシントンD.C.に協会を設立して以来、
1世紀以上にわたり歴史的発見と地球の真実を伝え続けてきました。
地理学の知識を高め、普及する事を目的に、自然や科学・生物といった領域を超えた調査研究・発掘プロジェクトを支援してきました。
その活動とともに蓄積された1100万点を超える膨大なフォトコレクションの中から選りすぐりの傑作写真を紹介する展覧会です。

協会設立の年に刊行された公式の雑誌「ナショナル ジオグラフィック」は、
今や世界180カ国850万人以上のもとに届けられ、綿密な取材による記事とダイナミックな写真によって世界中の人々に大きな感動と驚きを与えています。
もちろんその雑誌を手になさった方も多いことでしょう。

一つ一つの作品にはすべてストーリーがあり、見るものに迫ってくる・・・・・
何かを感じさせるものがそこにはあり、
一度見たら忘れられない様な作品がたくさん・・・。

百聞は一見に如かず。
ぜひ一度ご覧いただけるとその素晴らしさに目を奪われることでしょう。
※尚、写真は北海道立帯広美術館 薗部容子氏からお借りしました。
(ナショナル ジオグラフィック写真展は4/7から6/17まで北海道立帯広美術館で開催)

hokkaido museum of modern art + mima [path-art]

01.jpg 02.jpg 03.jpg 04.jpg
札幌、北海道立近代美術館の五十嵐学芸員に近代美術館と三岸好太郎美術館の展示について伺いました。
何と言っても五十嵐氏のおすすめはリニューアルした三岸好太郎美術館。
こちらは1967年に札幌出身の画家 三岸好太郎の作品220点が、遺族から北海道に寄贈されたことをきっかけに設立されました。
開館51年目の今年、三岸好太郎の進取の精神に学びながら、北海道の若い芸術家の紹介や、道内外の美術館と連携しながら多彩な企画を展開する予定とのこと。
現在、リニューアルオープン企画として「mima,明日へのアーティストたちとともに 夢魔とポエジイ」が開催されています。
そして、4月21日からは近代美術館と三岸好太郎美術館の両館で「ブリヂストン美術館展」が始まります。
青木繁「海の幸」をはじめとする重要文化財4点も展示されるそうです。
他にクロード・モネ、アンリ・ルソー、ポール・セザンヌ、パブロ・ピカソなどなど約80点あまりの作品を楽しむことができます。
五十嵐氏がとっても楽しみになさっているのが、4月1日から近代美術館で始まる「独立展 北海道展」。
200号クラスの大作が並ぶそう。自由な発想で描かれた作品の数々。
現在、美術界の第一線に立つ代表的な会員作品と受賞作品、道内在住作家の作品もあわせ、約80点が展示される予定です。
そして、現在近代美術館で開催中の「ワンダーミュージアム 夜と出会う、夜を見る」について最後にお話しを伺いました。
暗闇、満ち欠けする月、星のあかり。夜を描いた作品はたくさんあります。そこには人々の様々な心が映し出されています。
豊かな想像の世界、年齢関係なく楽しめる内容とのことです。
(mima,明日へのアーティストたちとともに 夢魔とポエジイは4/11まで北海道立三岸好太郎美術館で開催中)
(ブリヂストン美術館展は4/21から6/24まで北海道立近代美術館と北海道立三岸好太郎美術館で開催)
(第85回記念 独立展 北海道展は4/1から4/12まで北海道立近代美術館で開催)
(ワンダーミュージアム 夜と出会う、夜を見るは4/12まで北海道立近代美術館で開催中)
05.jpg 06.jpg 07.jpg

sculpture of location [path-art]

IMG_1522.jpg 近年取り組んでいるのは「場の彫刻」というシリーズ。
素材は様々。鉄を使いつつ、木、プラスティックも使ったり、作品の大きさも様々。
長年取り組んできた地域の活動「樽前arty」。
苫小牧の樽前地区を拠点に、地域を使ったり、そこにある小さな小学校を舞台にした美術展を展開し、
その活動を10年以降続けてきた中で、自分の彫刻に対する考え方が徐々に変わってきたそうです。
もともとは形がポンと置いてあるものが彫刻という考え方があります。
近年はそれをどう場と調和させるか、場との関係をどう考えるのか、ものを置いたことでその場所がどう変わっていくのかということ、彫刻の概念が拡張され、広がってきているそう。
それが拡張し続けることは彫刻にとってしあわせなのか?今度は逆にそう考え始めたのです。
もともとのモノだった部分は一体それは何の役目になるのだろう?拡張していくことが目的になりつつあったので、それは彫刻からはずれるし、そうなると芸術という考え方も変ってきます。自分の中で疑問がわいてきたと。
一旦拡張する時間を形にできないかと思い、広がっていく現象を、また逆に形に置き換えられないか・・・と自分の中でそういう作業が始まったとおっしゃっていました。
もともと形を置いてその場所がかわっていきました。その形にはどんな意味があったんだろうと今考え直しているということ。
最初のきっかけがあり、広がっていく兆しがあり、それには芸術とか美術とか、彫刻が関わったはずだということをどう証明しようかなというのが「場の彫刻」の考え方なのです。
IMG_1553.jpg IMG_1554.jpg
作品は・・例えば何もない森の中に鉄の柱を建てました。そこに観覧者がきた場合、もともとのその場所の意味は変わります。
森の中に行くといういうことと、森の中にある柱の付近にいくということは少し意味が変わってきます。それがきっかけ。
そこで見る人の行動がおそらく変わると考えられます。意味がなかった森の中に何か意味がたちあらわれたのです。
柱が建つことでそれが一つの意味になり、そこを体験する人がもともとの森で感じたこととは違うことを感じるのです。
その心の変化を体験してほしいと。
IMG_1555.jpg IMG_1556.jpg
自分の生活の中で常に疑問がつきまとっていて、それがことある度に形に置き換わっていくそう。
例えば、どうして生きているんだろう、どうして死ぬんだろうというところからスタートして、その中で、どうして法律があるんだろう、法律は何をもって人を守っているんだろう等細部としてはそういう部分にいくのです。その一つ一つの疑問をつぶしていく感覚。
今までの作品もスタートは大きな疑問。作品として見せている部分は割りと上澄みの一部。まずは興味をもってもらいたいとおっしゃっていました。
作品は観客とのコミュニケーションのひとつ。それを通してコミュニケーションをとりたいのです。
疑問は途切れない。ひとつの展示がまたあらたな疑問を生み出す・・・。
今後の展開、作品の方向性は「場の彫刻」は素材がどうなっていくのか?それがなくなる可能性もあるのです。
「現状のシステム、決まり事、ルールをゆるやかにアートの力でゆるやかに変化させたいんです。
クリエィティブな考え方をする人が増えると端っこからでも変わっていきます。同じシステムだったものが多少形を変えてきているんですね。
変えられないとは思いません。それを芸術と呼ぶかは別問題だと思いますが。
クリエイティブな考え方、アイディアはなんらかの変化をもたらすのには可能性と希望をもっています。」
IMG_1557.jpg

※尚、写真は藤沢レオ氏からお借りしました。
上から2番目の左:樽前artyでのワークショップ「たるまる学校」 小学校低学年のクラスで、目をつぶって、手探りで絵を描く。 
右:「場の彫刻 I」 場の彫刻シリーズ第一作。
上から3番目の左:「場の彫刻 IV」 場の彫刻第四作目。 右:「場の彫刻 V」 場の彫刻第五作目 既存の建築を変化させています。
上から4番目中央:「場の彫刻 VI」 場の彫刻第六作目。最近作。 既存のカフェをギャラリーに作り変え、作品空間に転換。