So-net無料ブログ作成
検索選択

toshiaki & reo [path-art]

北海道教育大学美術研究室の富田俊明氏が、苫小牧で作家として、NPO法人樽前arty+の代表として活躍中の藤沢レオ氏を非常勤として招き、
集中講義を行いました。そのことを含め富田氏と藤沢氏に色々と語っていただきました。
IMG_7470.jpg tomita「僕が信頼しているのは、作家の実力だけではなく、その奥にある純粋さ、アートに対するピュアな姿勢とか、そういう質を持っている人。本当に少ないんです。レオ君はそのうちのひとりだと思う。学生たちは、金属とか技術の出会いだけではなく、レオ君との出会いもあり、この人を信頼できるとか、この人と一緒にやりたいとか、そんな感じを受け取ったと思う。授業をみていて感じましたね。」
レオ氏にとっての初めての体験。非常に緊張なさったそうです。
tomita「クライアントに工芸家、デザイナーとして関わってプレゼンをなさっているので、慣れていると思っていたのですが・・・。逆にいうとそこまで真剣に考えてくれていたのかなと思います。」
fujisawa「ワークショップとか短期で関わる場合 、ひょっとしたら、その人の人生に僕の言動が介入するかもしれないという緊張感です。そこは丁寧に伝えたい。僕が思っていることを素直に伝えたいと思いまいsた。ターゲットが見えないのでいつも緊張するんです。だから準備ができて満足ということがギリギリまでおこらない。こういうことは伝えようと素材だけは詰めて持ってきています。それを組み替える作業が朝までかかったって感じでしょうか」
レオ氏が学生たちに伝えたかったこととは・・・
fujisawa「ひとつの分野で終始したくなかった。分野も分野として伝えたくないというか、今回は工芸だったので、工芸を通してどうやって僕が社会を見ているのか、美術を見ているか、人を見ているか、自分を見ているか、ひとつの構成要素として工芸がありますということは伝えたかったんです。それを通して世界の見方を自分なりにもってほしいなということがありました。」
IMG_7469.jpgtomita「伝わったと思いますね。レオ君の僕が良いところだと思うのは、もちろん作家としての真摯な姿勢もあるけれど、工芸家として色々なクライアントと一緒に問題解決、クライアントの希望している主に商業的な目標に解決を与えるところ・・・作家だと自分の思想を主体的に表現するというのがあり、そこがやっぱりみんなが気後れするところだと思う。そこをまたがって仕事をしているんですねレオ君は。
学生にとってはそういう姿勢もあるんだ。自分が主体的に世界観を表現しなくても、良いんだみたいな、他者の問題意識を受け取って、それを創造的にビジュアル的にどうやって解決するのかみたいな、今まで思いもよらなかった芸術の社会の中での在り方を感じることができたと思うんです。それを体現している人レオ君に来てもらって良かった。芸術家芸術家しなくても、アートとデザイン、アートとクラフトというもっと広い意識の中で自分のやれることってもっとあるんだと気付いたはず。」

自分の作品を作るのと、クライアントに対して何かを作るって全く違うことだと思います。
自分の中での切り替えスイッチは?
fujisawa「今はないです。昔はそれにとっても苦労したんです。今日は工芸の自分、明日は美術の自分みたいな、その切り替えがうまくいかなくて、くたびれたんです。一時期1年位引きこもったんですよ。その切り替えスイッチが壊れちゃって。」
何かがあってそこから抜け出したのでしょうか?
fujisawa「スイッチもういらないやって思ったんです。結局自分は一人なんだから、スイッチなんて関係ないやって。」
tomita「作家になるんだったら夢中になるだけで良いけど、教育者になるんだったら、教育だけではダメなんです。自分が夢中になれるという体験がないと、子供が夢中になった時にそれを理解できない。そういう意味では両方の領域がわかっている、ふたつ以上の領域を移動できるのは重要だと思います。レオ君は学校の先生ではないけれど、自分が主体になる、或いは他者の主体的な問題を寄り添って解決するのは近いかなと」
tomita「見せたいのは私じゃないんですよね。その先にある突き抜けた世界。そこが教育できるかどうか、今回の集中講義でもレオ君の凄さを皆にねじ込んだというのではなく、この先に皆が自分を解放できる道筋があるんだよということを見せてくれたと思います。究極芸術ってそういうものだと思うんです。個々が自立して創造的なプロセスを通して自分を解放できる、そこしかないと思っているので。」
fujisawa「言葉にするって僕はすごく難しい作業で、感覚的にやっていることって沢山あるんです。それを人に伝えるとか、それをまた自分の作品としてフィードバックするということは重要な行為だと思っています。それを富田さんは真摯にその言葉に向き合っている。彼と話しながらそういう言葉から勉強することが沢山あります。同じ目線、アートとかアーティストの会話ができるという人が僕もものすごく少ないので、その中の一人です。そのくらいアートって面白いけれど難しい作業だと思うのです。難しいことを難しく捉えるアーティストって少ないと思う。それを簡単に編集してしまうアーティストは今沢山いますけどね。」
IMG_7471.jpg

ではアートとは?
fujisawa「社会は複雑化していく。今、社会の流れとしてはそれ自体・言葉も含め単純化していく方向にあると思うんです。複雑なものを複雑なものとして捉え、その中で問題意識とそれに必要な分野を横断して考えるというのが今のアートの行為かなと思います。」
tomita「皆アートって贅沢品で人生の必要事項を満たした最後におまけとしてついてくるものというイメージがあると思う。でもそれは、むしろ最初にくるものだと思います。人生を生きて死ぬ前に「あぁこの人生、生きてきて良かった」という究極の問いかけに答えていく・・・大手を振ってそれをできるジャンルがアートだと思いますね。アートを言い訳にして堂々と誰もが急いで答えなくても良いことを真剣に取り組めるツール。その人が生まれてきて自分とはこれであるということを表現していく、それが僕は人生だと思っているけれど。それをするのがアートかな。それは、芸術の問題にとどまらず、人間としてのポテンシャル、素質を最高に発揮する場所でもあると思います。」

influence [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg
以前、path-artにもご出演いただいています藤澤フジ子さん。
お孫さんが3歳の時に、一緒に描いた絵がきっかけでこの道に入りました。100円ショップで買った画用紙とペンで描いた作品は今みてもとても斬新。
その作品をみたご主人が 絵を描いてみたら?と勧めてくれたことで、現在のフジ子さんがいらっしゃるのです。
ペン画を描き、その後切り絵も作成。その切り絵も色紙はご自身で色を作り、ハサミで切ってから使うというもの。ものすごく労力と時間がかかります。
さらにステンドグラスの作品も多数作られ、喫茶店などで作品展も数多くなさっています。

フジ子さんの作品を北海道教育大学釧路校の富田先生にプレゼントされ、その作品を学生さんがご覧になり、もっと他の作品もみてみたいということで、今回フジ子さんが100点近くの作品を持って大学へ。

フジ子さんの説明を聞きながら作品をひとつひとつじっくり眺める学生たち。
フジ子さんもお話しがとまりません・・・・・・
2年生と1年生、そしてロシアからの留学生の方も参加なさいました。
一通り 説明が終わった後で、学生さんたちからの感想を伺ってみました。
「とてもパワフルで、どこからともなく元気がみなぎってくる」「パワーを感じた。フジ子さんの様に力強い絵を描きたい」
「色の使い方がどの作品もエネルギッシュ、画材と紙の相性も考えて作品を作られているので作品の印象がそれぞれ違って見える」
「描くものが独特でどうやってこの様なデザインを思いつくのか不思議でたまらない」などなど・・・。

最後に一緒に描いてみたいね・・というお話しがでていましたが、実際に2月にフジ子さんが下絵を描いて、皆で色をつけるという事が実現しました。
伺った当日は完成はしていなかったのですが、いつの日かフジ子さんと学生さんとの共同制作の作品が完成することを楽しみに待ちたいと思いました。
7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg IMG_7218.jpg

prayer [path-art]

IMG_7438.jpg IMG_7439.jpg IMG_7440.jpg IMG_7441.jpg IMG_7442.jpg IMG_7443.jpg
米坂ヒデノリ氏は釧路出身。北海道を代表する彫刻家です。昨年2016年の4月に逝去され、その追悼展を開催しています。
そもそも粘土で形を拵えていく塑像彫刻をなさっていました。大学卒業後、釧路に戻りましたが、材料が手に入らず木彫に転向します。
それ以来、主に木彫を中心に制作活動をなさいました。さらにロウ型鋳造によるブロンズも制作なさっています。
晩年にはオーケストラの大作「ミュージアム(頌韻)」を制作。弦楽器、管楽器、指揮者など全パート、約80体をひとつひとつ作りあげました。
彼のテーマは、故郷を離れ、はるばるこの地へやってきたものの夢破れて地に還った開拓者たちへの共感、
同じような境遇にあった自分の祖父母への鎮魂、自分自身もその末裔であり、故郷を持たない漂泊者・流れ者と自称なさっています。
その様な人々への祈りがシンプルな形態の中に表現されています。
決してリアルな彫刻ではありません。中には抽象と思う様な作品もあります。
シンプルだからこそ、見るもののイマジネーションをかきたてるのです。
その中に込められた想いを痛いほどに感じる方もいらっしゃると思います。
彼が高校時代に描かれた油彩から晩年の作品まで、幅広い制作活動を垣間見ることのできる展示になっています。
そこの空間から感じられる静かなる心の動き。
鑑賞するものの心の在り方によって違って見える・・不思議な作品がそこにはあるのです。
IMG_7444.jpg IMG_7445.jpg IMG_7446.jpg IMG_7447.jpg IMG_7448.jpg
(漂白・祈り・鎮魂ー米坂ヒデノリ追悼展は4/19まで北海道立釧路芸術館で開催中)

stare at the light [path-art]

IMG_7429.jpg IMG_7430.jpg IMG_7431.jpg IMG_7432.jpg
今あらためて光をテーマに切り込んだ収蔵展です。
絵画や写真において、光はその明暗の対比から、奥行きや立体感、質感を表すものです。
今回は3つのコーナーに分かれて紹介されています。
1つは大自然が舞台。あらゆる自然現象の根源でもある太陽の光。
これは人知を超えた壮大な自然を彩り、刻々と変化しとどまることはありません。
また、夜空に輝く月や星は悠久のロマンを感じさせてくれます。
そして、1つは日常の光。光がかもす詩情。
私たちの身近な風景や都市の景観、生活の場面に光は様々な表情をもたらします。
また、明暗の対比によって生み出される光の微妙なニュアンスから豊かな詩情がかもし出されています。
最後は、神は細部に宿る。光があかす真相。
普段は見過ごされがちな細部も光をあてることによって際立ってきます。
そのような細部に自然の神秘や社会の真実を垣間見ることができる・・・そんな作品群です。
IMG_7433.jpg IMG_7434.jpg IMG_7435.jpg IMG_7436.jpg IMG_7437.jpg
(絵画と写真〜光をみつめて〜は4/19まで北海道立釧路芸術館で開催中)

kushiro [path-art]

IMG_7452.jpg IMG_7454.jpg IMG_7455.jpg IMG_7456.jpg
ずばり釧路の風景が展示室を埋め尽くしています。
かつての幣舞橋周辺が多くの漁船と人々で溢れかえっている様子や
そこに生きる、生活する人々の姿、
そして変わらぬ自然を描いたものが混在する空間。
釧路を代表する幣舞橋・釧路川・湿原・海、これらの雄大な風景は、多くの作家たちの憧れを集め、作品として残されてきました。
時代とともにかわる風景、変わらない風景をそれぞれの作家がどのように描き出したのか・・・
表現の方法は作家の個性とともに各作品にあらわれています。
また、その作品の横には実際の当時の記録写真が展示されています。
懐かしいと感じる方もいらっしゃるでしょう。これが釧路?と思われる方もいらっしゃると思います。
それぞれの釧路のイメージを感じ取ることができる展覧会です。
作品を通してあらためて釧路を見つめ直すことができる・・・そんな展示になっています。
IMG_7457.jpg IMG_7458.jpg IMG_7459.jpg IMG_7460.jpg IMG_7462.jpg
(描かれた釧路の風景は3/26まで釧路市立美術館で開催中)

changing & unchanged [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg
今回は北海道教育大学釧路校2年の寺島蘭氏の取材の模様をお送りします。
彼女の描く作品はとても細かいので少しでも伝わる様にいつもよりも大きな写真をアップします。
現在、ペン(0.05〜0.4mm)の黒一色で動物と建物・街並みを一緒に描かれています。
彼女の中では、変わるものと変わらないものを混ぜたら面白いと思ってテーマに選ばれました。
建物や街並みはどんどん変わっていきます。逆に動物はそこにじっと見ているという構図。描く時には動物の視点にたって考えているそうです。
動物=静、街並み=動のイメージでしょうか。
現在モノクロで作品を作られているのは、色に頼りすぎないためになさっていること。でも今後は色で何を伝えたいのかを見つけたいとも。
作品作りは自分が一番楽しく、自分を表現できること。これを武器としてこれからも作品づくりをなさりたいとおっしゃっていました。
小さい頃から絵を描いたり、ものづくりをするお爺様の影響でご自身も様々なものを描き、作ってきたそうです。
そのお爺様のような存在になりたいと・・・。
ものづくりが楽しいということを伝えたいのです。お爺様の存在があるから今の自分がいる。
小学生の頃、友達の中に「図工がつまらない」「絵を描くのが嫌い」という方がいて、小さいうちに楽しさを伝えるための一つの手段として教師という職業もあるのかな?と思われたそうです。
「ものづくりが面白い・楽しいと思わせてあげることのできる存在になりたい」
以前は深海の生物を描くこともしていたそうです。いずれ生き物の進化や周りの変化などを一緒に描くことにチャレンジしてみたいと教えてくれました。
上の写真は同じフクロウでも描き方が違うもの。動物の中の模様は自然と手が動くそうです。
また、下の写真は未完成のもの。作品のできる工程がイメージつきやすいと彼女が見せてくれたものです。
7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg

feelings to a crayon [path-art]

「ながしまのまんげつ」表紙.jpg 「ぼーると ぼくと くも」表紙.jpg 美波里の卵2.jpg 釧路魚展の作品・札幌センチュリーホテル.jpg 釧路魚展の作品・札幌センチュリーホテル2.jpg
クレヨンにこだわり、描き続けるクレヨン画家、加藤休ミ氏は釧路出身です。
以前、北海道立釧路芸術館の「魚展」を開催した時にお話しを伺ったのですが、
今回は「ぼーるとぼくとくも」という絵本が2年ぶりに出版されたということでスタジオでお話しを伺いました。
クレヨンは誰でもいつでもどこでも売っている画材。子供達が使うクレヨンで作品を描かれています。
特別な画材ではありません。これを使って食べ物を描き、「美味しそう」「食べたい」と言われることが彼女の絵心をくすぐるのです。
さらに実物よりも大きく描くことで「楽しいでしょ・・・今後、食べ物だけを描いた作品展ができたら嬉しいです。面白いでしょ」とおっしゃいます。
食べ物は誰でも口にします。とてもわかりやすいのです。
いかに食べ物を美味しそうに描くことができるのか、ある意味ご自身をクレヨンで試されているということなのです。
現在は、絵本を描いてほしいという依頼が多数あり、絵本作成の他、ワークショップの開催や作品展の開催、
絵本の普及と絵本作家の地位向上を目指す真面目で愉快なネット番組「絵本ラジオ」といったことにもチャレンジなさっています。
加藤休ミという人間を表現するためのツールとしてクレヨン画を核に、どんどん広がっている感じがします。
以前お話しを伺った時には「白いごはん」を美味しそうに描くことにチャレンジなさりたいとおっしゃっていました。
これはまだご自身の中ではとっておきたい課題とか・・・。
今回同時進行で描かれた雲やうどん、どちらも白なのですが、それぞれ表現方法が違います。
白はとても難しいと思うのですが、これもひとつひとつクリアなさっています。
白い美味しそうなごはんが描かれる日もそんなに遠いことではないのでは?と密かに思った私です。
※尚、写真の一部は加藤休ミ氏からお借りしました。
IMG_7311.jpg IMG_7312.jpg IMG_7313.jpg IMG_7314.jpg うどん できた! の表紙.jpg

nature is a motif [path-art]

森山展示風景1.JPG 森山展示風景2.JPG 森山展示風景3.JPG
身近なモチーフ、自然を謳歌する作品が25点。
テオドール・ルソー、シャルル=エミール・ジャック、アシーユ・キネ、竹山義雄、一原有徳など
森に憩う/山を謳う タイトル通りの作品が様々なジャンルで展示されています。
その中からご紹介いただいたのが、アレクサンドル・ドゥフォーの「森の中での休息」
とにかく自然の描写が素晴らしいそう。
ゴツゴツした幹の質感、木々の葉一枚一枚の様子や鬱蒼とした森の中に入り込む太陽の光。
そこに憩う人々。丹念な筆遣いをじっくり堪能してほしいとおっしゃっていました。
そして、六郎田天鈴の「朝霧はるるキリマンジャロ」
こちらは帯広出身の画家で、当初獣医をなさっていた方とか。世界各地を旅して、山と馬を主なテーマとして描かれた方だそうです。
自然と動物のくらしを見事に表現なさっています。
最後は小林敬生の「陽はまた昇る ー緑の星・08Dー」
木口木版の作品です。細い線で表現された動植物、色の濃淡はまるでペンで描かれたもののように感じるそう。
豊かな森と動植物がたくさん描かれ、その遥か遠くには高層ビル群が見えます。
この作品は、実は鏡張り技法というもので、左右対称になっているのですが、よくよく見ると左右で違いがあるそうです。
野田氏が発見したのが7つの違い。まだ他にもあるかもしれません。
作品の中の風景を旅するように・・・楽しむことができる作品展になっています。
※尚、写真は北海道立帯広美術館 野田佳奈子氏からお借りしました。
(山に憩う/森を謳うは3/23まで北海道立帯広美術館で開催中)

bird flock [path-art]

IMG_7003.jpg IMG_7004.jpg IMG_7005.jpg IMG_7006.jpg IMG_7007.jpg
様々な鳥が集まりました。
珍しい作品もたくさん展示されています。
キュビズムの旗手 ジョルジュ・ブラックが描いた鳥の作品も2点。
間近でホンモノに接するチャンスです。
釧路出身のイラストレーター、小川けんいち氏が書き下ろした鳥の作品や
釧路在住の切り絵作家、竹本万亀氏が初チャレンジなさったカラーの切り絵も展示されています。
さらに湿原美術館からは佐々木栄松氏が描かれたカラスも・・・。
ササッと描かれ、そこに墨の濃淡で躍動感あふれるカラスが存在しています。
とても不思議で楽しい空間が広がっていました。
鳥の種類もたくさん。11人の作家さんが表現したそれぞれの鳥たちが生き生きとした表情で見る人を魅了します。
ゆっくりとした酉年の最初、鳥たちに囲まれて過ごす時間も贅沢だと思います。
IMG_7008.jpg IMG_7009.jpg IMG_7010.jpg IMG_7012.jpg IMG_7013.jpg IMG_7016.jpg
(美術館に初もうで とり大集合!展は2/12まで釧路市立美術館で開催中)

It is fun to draw [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg
「絵を描くのがとにかく好きなんです」とても嬉しそうに恥ずかしそうに語る中村氏。
彼の作品のポストカードを以前から目にしていました。誰が描いているのかな?とネットで情報を探し、やっとたどりつき、
今回、お話しを伺うことができました。
そもそも高校まで釧路にいらっりゃり、その後東京のジャズの聖地、新宿PIT INNでPAの仕事をなさっていたそうです。
昼間の音響を担当していたそうですが、なかなかお客さんがいらっしゃらない。こんな素敵な音を聞かせていただいているのにもったいない。
ということでチラシを描き始めます。
一人でも多くの方に見てもらいたい!その一心で毎日描きました。
6.jpg 7.jpg 8.jpg
彼の作品にはストーリーがあります。
でも彼は、作品を見て自分なりのストーリーを展開してほしいと思っています。
作品ひとつひとつを見ていると、色々なものが見えて来る感じがします。
9.jpg

この作品はパッとみると、死神が小さな子供を連れていくように見えます。
でも彼はこうおっしゃいます。
「あまりにも小さい子供だから、白いクジラで連れていく前にサーカスを見せてあげたのかもしれないよね。
死神だって神でしょ?もしかしたらその世界では、今日は天使、今日は死神って役だったのかもしれないでしょ?」
とても面白い発想です。
この作品が一番最初に色をつけたものとか・・・
10.jpg 11.jpg 12.jpg 13.jpg
14.jpg彼は下書きをしません。
ペンは試し書きをして・・・
色も買う前にチュープとにらめっこ。
何度も何度も色を確認してから購入しても・・あれ?違ったということもあるそうです。
モチーフとして多く描かれているのが、クジラ、キリン、ゾウ、黒ネコ。
全部好きなんです。
好きなものしか描かないとおっしゃっていました。
中村氏にしか描くことのできない世界がそこにはあります。
最新作は本棚、大好きな本や動物たちがいっぱい描かれています。
・・・・・・・・
こんな考え方あっても良いよね
こんなことあったら面白いよね
優しくてちょっぴりアイロニーが効いているものもあって
一度見たら彼の作品は忘れないインパクトを持って迫ってくるのです。