So-net無料ブログ作成

100 times of memory [path-art]

IMG_9714.jpg IMG_9792.jpg IMG_9793.jpg IMG_9795.jpg IMG_9796.jpg IMG_9798.jpg
大正10年、釧路の公募展として創設された「青空画会」。
その後、昭和34年に「釧路美術協会」と改名し、地域の美術の登竜門として幾多の優れた美術家を輩出してきました。
現在も多くの作家が切磋琢磨しながら釧路発の美術を発表しています。
100回目という今年は、大きな節目を迎え、現役作家と物故作家の作品を合わせ約150点を展示。
高校生の作品もあり、さらに根室管内からの作家さんも出品なさっています。
IMG_9797.jpg IMG_9799.jpg IMG_9800.jpg IMG_9801.jpg IMG_9802.jpg IMG_9803.jpg
今年の記念賞は立体。女性の「想う」というタイトルのついた作品です。
未来を想う姿なのか・・・自分自身を想う姿なのか・・・
ほぼ審査員満場一致にちかい形での受賞とのこと。見応えのある作品です。
この他、油彩が多いのですが、水彩、アクリル、日本画など渾身の作品をご覧いただければと思います。
また、会場内では、以前の模様を振り返る映像があったり、1階の市民展示ホールでは、今までのポスターなどもご覧になることができます。
地域文化の柱の一つとして受け継がれてきた会の歴史を振り返り、未来を見据える会の全貌をじっくりと感じていただければと思います。
IMG_9804.jpg IMG_9813.jpg IMG_9807.jpg IMG_9808.jpg IMG_9809.jpg IMG_9810.jpg
(第100回記念 釧美展は9/17まで釧路市立美術館で開催中)