So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.0831 O.A 洋楽(Chic特集) [chord5]

・101 Eastbound
・After the dance (feat. El Debarge)
・Flying East
・Between the Sheets (feat. Chaka Khan&Nathan East)
~今夜は洋楽編は、Fourplay ボブジェームスが所属していたグループの特集です。
曲のセレクトはもちろん和田紘平氏。
今夜は収録で紘平氏&midoriでお送りします。

2017.0831 O.A 「頭の中を断捨離した〜い」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

残暑厳しい東京でエアコンのきいた部屋にこもっていらっしゃる兵衛氏。
というのは、現在レコーディングの準備に追われている毎日を送られているそうです。
12月6日にリリースされるアルバム「1/4802のすべて」。4802は日数を表しているそう。
TRIPLANEのデビューが2004年12月13日。そこから次のアルバムがでるまでの日数なのです。
ということで、今までの集大成的な意味もあり、これからの未来も含めてTRIPLANEを表現する内容になるべく鋭意努力中。
あれもこれもいれたい。そんな気持ちがあり、どれをカットするのか?どれを残すのか?頭を悩ませていらっしゃるのです。
10曲おさめる予定ですが、10曲でおさまらない。そんな気持ち、理解できますよね。
まずは頭を一度空っぽにして断捨離?ということで、いろいろ私が提案させていただきました。
例えば、スーパーで楽しい時を過ごす。例えば、異空間・非日常の時をつくる。
例えば、ドライブに出かける。例えば、美術館に出かける。例えば、マッサージをしてもらう・・・・・などなど。
収録しながら、身の上相談の番組?なんて思ったり。少しはお役にたてたのかしら?
ツアーも札幌ライブを終え、これからレコーディングに向け本格始動です。
そして、9月24日にはTRIPLANEが釧路にやってきます。思いは伝わる・・・!!TRIPLANEとしては2年ぶりの釧路です。
フリンジ北海道2017の最終日、9月24日(日)20:20〜の1時間。熱い時になりそうです。
場所はC-Cave ( 釧路市海運1丁目2−14)です。
「フルスロトットルでお送りしますよ〜。今、TRIPLANEがみせることのできるすべてを全力でお届けする予定です。」
楽しみですね。その頃にはレコーディングも件も落ち着いている頃と思われますので、ゆったり釧路を楽しんでいただけたらと思います。

※フリンジ北海道は、「参加料さえ払えばプロ・アマ問わず誰でも参加できるイベント」をテーマに、釧路市内に芝居、音楽活動のための小劇場を設立を目的とした市民団体「ノードトゥアーク」が活動の一環として取り組んでいるイベント。今回は昨年に続き、第2回目の開催。今年は、音楽やお芝居に加え、映像制作などやったことがない人も参加できる様、ルーキー枠を設けたり、一発芸?の様なパフォーマンス披露なども・・・。誰もが参加できる、パフォーマンスイベントです。

on the Essence・・・special [etc.]

今回のspecialは、オオジシギについて。
釧路市立博物館 貞國学芸員の登場です。
遠くオーストラリアから釧路まで渡ってくる彼ら。
野鳥の会が、去年2016年から5年計画で「オオジシギ保護調査プロジェクト」をスタートしました。
IMG_8758.jpg IMG_8759.jpg IMG_8760.jpg
オオジシギ有名なのは、ディスプレイ。
鳴き声の後に羽音がしっかりと聞き取れる・・・あの有名な音です。
上の写真は鳴いているものと、急降下している時の姿。まるで飛行機の逆噴射みたいです。
彼らは遠くは9000キロも旅をしてくる個体もいるそう。
今までは詳細にルートはわからなかったそうですが、少しずつそれが明らかになろうとしています。
調査を始めたのは、環境省レッドリストで準絶滅危惧種、個体数の減少が危惧されているから。
まずは現状把握が必要ということで始まったのがプロジェクトです。
オオジシギを捕獲し、計測、足環、フラッグ、衛星追跡送信機を取り付けました。
この送信機をつけた個体は5羽。その結果、5羽とも全て太平洋へまっすぐ飛んでいったそうです。
中には台風などの天候不順で渡りを失敗してしまう個体もいることもわかりました。
推定速度は38〜77km/h。だいたい40km前後が平均速度のようです。
そして休まずノンストップで・・・・・・
本当に命がけの渡りなのです。飲まず食わずに寝ることもままならず。
現在は、北海道は勇払原野で調査を行っていますが、今後は北海道各地で行っていきたいと考えているそうです。
釧路でも・・・という声もあがっているそうで、もし同様の調査をするのであれば、協力していきたいと貞國氏はおっしゃっていました。