So-net無料ブログ作成

Van Gogh & Japan [path-art]

IMG_9218.jpg IMG_9219.jpg
今回のゴッホ展は2部構成です。
1部はゴッホのジャポニスム。日本からどんな影響を受け、どんなイメージを抱いていたのか。
ファン・ゴッホの国内外のコレクションから選ばれた作品約40点と、同時代に生きた画家の作品、浮世絵など約50点が展示されています。
2部は、最初期における日本のファン・ゴッホ巡礼を、ガジェ家の芳名録に基づき約90点の資料によってふりかえります。
日本を夢見ていたファン・ゴッホ。そして、その彼に憧れた日本人。その軌跡をたどることができます。
IMG_9220.jpg IMG_9221.jpg IMG_9222.jpg IMG_9223.jpg
ゴッホが日本の浮世絵と出会ったのが彼が30代に出たパリでのこと。
それ以前もゴッホと日本には数々の接点があったそうです。
ゴッホと日本の知られていない関係について、あらたな視点で展開された展覧会です。
初公開の作品や資料もあります。
例えば、最晩年に描かれた雪景色の作品。すでに精神の病に冒されていた彼にとって日本への思いを口などで表出することは難しかったのかもしれません。
でも、ゴッホの中でのイメージは雪景色はすでに日本だったのかもしれません。身近な植物を近い視点でとらえた様な作品。
俯瞰的視点で描かれているので、地平線や空はほとんどないそう。身の回りのものを近い視点から描くというのは日本の花鳥画にみられるものです。
パリ時代、アルル時代の様にわかりやすく日本好きのところが見えなくなった時代にも、
実はゴッホの深いところに日本への思い入れが根付いていたということがわかるような作品です。
ゴッホは日本の作品を真似するだけではなく、もう自分自身が日本人になりたいとまで思っていたのです。
「日本人の目になったつもりで自然のものを見る」という側面が現れているのかなと松山学芸員もおっしゃっていました。
他に、馬車を描いた作品も初公開です。この作品は浮世絵を意識して描かれたもの。平面的な特徴の浮世絵ですが、馬車の影が紫色で描かれいています。
これには浮世絵の影響があるそうです。
他にも貴重な資料や作品がたくさん。
まずは、ホンモノに出会っていただけると・・・ゴッホのあらゆる面に出会えることと思います。
(ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢〜は8/26〜10/15まで札幌 北海道立近代美術館で開催)