So-net無料ブログ作成

2017.0810 O.A 邦楽(アイドル特集) [chord5]

・天使も夢みる / 桜田淳子
・わたしの青い鳥 / 桜田淳子
・夏にご用心 / 桜田淳子
・幸せ芝居 / 桜田淳子
・サンタモニカの風 / 桜田淳子
~今回は桜田淳子特集です。
曲のセレクトはもちろん斎藤氏!今夜は斎藤氏とmidoriでお送りします。

2017.0810 O.A 「タンチョウ家族のピンチ!」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

ポロト沼で思いもかけないことが起こり、実はポロト沼のタンチョウ家族が今はいないそうです。
一体何があったのでしょう?
7月の末に海が荒れた日々がありました。海の音がポロトまで聞こえてきたそうです。
ポロト沼は海とつながっています。ですから海の干潮満潮の影響を受け、干潮時には魚がたくさんいて、タンチョウの餌にもなっていたそう。
ところが・・・いつまでたっても水がひかない状態になってしまったのです。
日高氏が河口を調べにいったところ、砂がたくさんあり、ポロト沼がせき止められた状態になっていたそう。
海とつながらなくなってしまったのです。
その後、漁協の方々がいらして整備をしたので、現在は元のポロト沼に戻っているのですが、タンチョウは戻ってきていません。
ポロト沼が湖状態になってしまった時のタンチョウの様子を観察していた日高氏。
「本当に岸辺を歩いていたタンチョウは、文字通り右往左往しているんです。その状態が1日から2日続きました。食べ物がとれないんですよね。
・・・とタンチョウが泳ぎ始めました。
お父さんと思われるタンチョウは対岸まで飛んでいって、危険なものがないのかどうかを確認して、家族が来るのを待っている感じです。
お母さんと思われるタンチョウが先導し、そのあとを2羽の子供のタンチョウがついていくという場面を目撃したんです。
まだ子供は飛べません。お母さんが飛んでしまったら途方に暮れてしまいますからね。」
タンチョウは立ち泳ぎをするそう。翼を閉じ、浮かせた状態で少し膨らみ、足で漕いで泳ぐそうです。
何度もタンチョウの泳ぐ姿を見ている日高氏曰く、タンチョウは泳ぐのが上手ですよとのこと。
早く危険の少ない沼と湿原に戻ってきてほしいですね。

calm space [path-art]

IMG_9089.jpg IMG_9090.jpg IMG_9101.jpg IMG_9093.jpg IMG_9095.jpg IMG_9097.jpg
中標津 ギャラリー残日舎に久しぶりにお邪魔しました。現在、企画展「備前焼・黄瀬戸と他の焼き物」が開催されています。
ギャラリーオーナーの志道昇氏に備前焼について、黄瀬戸についてお話しを伺いました。

備前焼きの特徴は、釉薬をかけない焼き締めの種類に属するそう。1300度前後で焼かれる硬質な陶器。
窯変にもいろいろな種類があるのですが、火による窯変、色々な変化が特徴のひとつです。
小西陶蔵という方の作品がたくさん目につきました。備前焼の本拠地、伊部にお住まいの陶芸家とのこと。
小西陶古という窯の後継。代々小西陶古を継ぐのですが、彼は窯元のご主人というよりは作家として現在動かれている方なのだそうです。
私の知る限りでは、備前において最も受賞歴の多い作家のひとりと志道氏。
「先生いわく、何百年も前の備前焼、その形を踏襲していく。
そういう技術をもとにして、歴史に現在の新しい感覚を重ね合わせて、新しい備前としての歴史を作っていきたいとおっしゃっていましたね。」
それぞれの作品は、多様な表現をしています。
近代的な感覚を歴史のある備前焼に取り入れながら、新しい備前焼を目指した時期もあるそうですが、
今はわりと古典的なものを追っている気がするとおっしゃっていました。
そして、黄瀬戸は志道氏のもっとも好きな陶器。黄瀬戸は安土桃山時代にその形が完成されて、短い作陶期間をおいて、姿を消した焼き物です。
それを現代に入ってから加藤唐九郎はじめ、日本の最高峰と言われる作家達が、桃山時代の黄瀬戸を過去の窯元から出てきた陶片を元に復刻に努めたそうです。
完成が難しく、完成してもその確率が非常に低かったと。その様に先輩たちが苦悩している時に、当時若かった各務周海がその成功率を高めていきました。
今回は人間国宝の作家の方お二人の作品も展示されています。ぜひ、ほんものに出会っていただけると嬉しい企画展です。
志道氏から・・・・・
「手にとってご覧ください。万が一、落として割れてしまってもそれはそれで仕方がないんです。
いつか形あるものは割れます。ものは全てそうですけれど・・・。気にしないで手にとってほしいんです。」
IMG_9096.jpg IMG_9092.jpgIMG_9094.jpg IMG_9091.jpg IMG_9104.jpg IMG_9105.jpg
(企画展「備前焼・黄瀬戸と他の焼物」展は、8//11〜15.8/19〜20.8/26〜27 中標津 ギャラリー残日舎で開催中)

2017.0803 O.A 洋楽(Chic特集) [chord5]

・Good times
・I want your love
・Le freak
・Real people
~今夜は洋楽編は、Chic特集です。
曲のセレクトはもちろん和田紘平氏。
今夜は紘平氏&midoriでお送りします。

2017.0803 O.A 「釧路まであと・・・1ヶ月」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

そろそろツアー後半戦突入。
これからハードな日々が続くそうです。
新潟、大阪・・・・なんとご自身でハンドルを持って移動ということもあるそうで、
そんなハードな日々を前にお話しを伺いました。
前回の東京のライブがすごかったそうで、メドレー入れて30曲ほど。ほとんど歌い続けて、声があまり出ない状態の健ちゃんでした。
完全燃焼といった感じでしょうか。また、名古屋では美味しいものをたくさん食べてエネルギーチャージ。
ひつまぶしに味噌煮込みうどん、天むすも。
「でもひつまぶしの特上ってお願いしたのに、うな重の特上がでてきたんです。
ネギとわさびもちょうだいってお願いしたので、同じ様な感じで食べることはできたのですが、やっぱりちょっと違いますよすよね・・。」
釧路にいらした時には思う存分美味しいものを食べていただきましょうね。
釧路にひとりでいらっしゃる予定だったのですが、もしかすると他に2人くらいもいらっしゃるかも・・・とのこと。
忙しい日々の後、8月下旬に一度石垣島に戻られます。
たっぷり島で英気を養って釧路にいらしてくださいね。

釧路は9月7日の開催です。チケットは完売となりましたが、25+1オフショット写真集付き4曲入りCDは購入可能です。
9/7(木)19:00 〜お買い求めください。
場所は釧路市末広町7丁目2 JAZZ SOUL & KITCHEN HOT SAUCEです。

iro to katachi [path-art]

IMG_9077.jpg

子供の頃の夢は、漫画家だったり、絵描きやさん。はじめは広告関係のグラフィックデザインの道に進みました。
その中にはイラストレーションの仕事もあり、こういう仕事があると知るのです。
若い頃は流行りのものを手がけていたそうですが、本当に自分の描きたいものは?と考えるように。
観光客の方が多くいらして感動してくれる、その北海道にいるのだから・・・。住んでいるのに北海道を描かないわけにはいかないと思うように。
ある意味住み慣れていると、いつでもかけると無意識になってしまいます。
あらためて道内を歩いてみると、「こんなすごい所を絵にしないわけにはいかないな」と。
それから旅を続けながら北海道の、なおかつ、これから少し失いかけていく様な世界、子供の頃の原風景を見つけながらそれを絵にしているのです。
IMG_9078.jpg IMG_9079.jpg IMG_9080.jpg IMG_9081.jpg
仕事で北海道のイラストマップみたいなものを手がけ、「あれタンチョウって見たことないな」「幣舞橋って行ったことないな」
これはいけないと・・・・・・それから旅を意識してするようになります。
北海道をくまなく歩いた藤倉氏に、北海道のここが好きというところをお聞きしました。
「う〜ん。ただ、一番北海道らしいのは間違いなく道東。
広さと言い、寒冷さと言い、海がある、山がある、牧場がある、まさに北海道という風景は道東だと思いますね。」
貼り絵の原点は、斉藤清の木版画を見たこと。その会津の雪のシリーズ。その展覧会を見に行き、「あぁこの世界良いな」と。
ある時グラフィックデザインで色紙を使うことがあり、その紙を切って、そこに筆でグラデーションをつけ、そして貼ると、彼の作品に近いものができました。
それがスタート。始めは雪の風景ばかりを作られたそう。その後、JR北海道の表紙絵の依頼がありました。
毎月雪の風景というわけにはいかないので、そこから季節を追うように。この仕事を24年続けていらっしゃいます。
IMG_9083.jpg
絵の中の奥にいろいろな形で木が登場しています。冬でも枯れた木が。
藤倉氏にとって、自然というものの代表が木ということ。
こだわりは、色と形。すべてはそうだと思うとおっしゃっていました。
その組み合わせで普段の風景も見ていると思うと。
それを一枚の決められたものの中でどう心地よく表現し、そこに匂いなどの五感を感じてもらうにはどうしたら良いのか・・・を常に考えているそうです。

「貼り絵という手法は不器用な技法。筆で描くとどんどん上手になってしまう。上手くなろうとしてしまう。上手ければ良いというものではないと思っているんですね。
30年も40年もこういった仕事をしていると、はじめから絵を描くのと同じ様に、筆の代わりに指先でちぎるとか、絵の具の代わりに300種類位の色の紙をどの色と組み合わせるかを考えることをするのです。」

油絵の様に塗り重ねができない、やり直しがきかない。どんどん完成に向かっていく過程がお好きと教えて下さいました。
(静かな風を聴きながら 藤倉英幸展は8/27まで釧路市立美術館で開催中)