So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.0727O.A 邦楽 [chord5]

・夏の日の1993 / class
・夏休み / 吉田拓郎
・あたいの夏休み / 中島みゆき
・Season in the sun〜夏草の誘い〜 / 佐野元春
・夏のクラクション / 稲垣潤一
~今回は邦楽一般。ずばり「夏」がテーマです。
今回から邦楽一般の私のお相手、松谷氏がセレクトしました。

2017.0727 O.A 「修学旅行から考えること」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

現在、北海道観光振興機構に出向されている土居氏が修学旅行から思ったことを・・・・・。
修学旅行は300人規模でJRやAIRの手配をしなければなりません。よって2年がかりで計画をたてるそうです。
内容も最近は複雑になり、体験・歴史もの・文化などなど先生からの要望も増えてきているそう。
でもなぜ修学旅行があるのか?実は旅行を10代のうちに経験してほしいからなのです。
その素晴らしさ・良さは体験してみないとわかりません。旅行のファンを作るということなのでしょう。
平成11年から13年は、修学旅行の行き先は全国で北海道が1位でした。
ところが、それ以降沖縄にその座を奪われているのです。沖縄はホテルが少ないのにもかかわらず。
では一体どうしているのでしょう。実は、半分が民間でホームスティなどを行っているということ。
地元の方との交流が実に上手にできているとのこと。
地元の土地の文化、歴史、ものづくり、自然、スポーツなどなど・・・複合的に学ぶことができると。
今や産業自体が旅行のコンテンツになる時代です。
北海道には素材がたくさんあるのですが、そこに磨きをかけていないのでは?と土居氏はおっしゃいます。
沖縄の方たちの意識の違いは何なのでしょう?
もっと私たちはこの素材の多さ、そしてその活かし方を勉強する必要があるのかもしれません。
観光という単体ではなく、様々なものが複合体として北海道のファンを増やすことにシフトしていかなければならないのでは?と感じた私です。
修学旅行の話題から北海道の観光についてお話しは広がりましたが、もしかするとここにそこに、その芽はあるのかもしれません。
発想の転換が未来を広げてくれる・・・新たな未来の力を感じるお話しでした。