So-net無料ブログ作成

to the wilderness [path-art]

ロシア・ウスリータイガの猟師とシマフクロウ.jpg 千島列島・ウルップ島のお花畑.jpg 千島列島・パラムシル島の浜辺にて.jpg
埼玉出身の彼は北海道の魅力にとりつかれ、大学卒業後から北海道に住むことに。
北海道大学在学中から四季を通じて北海道の山野を歩き、以後、野生の生き物や土地の文化をテーマに撮影を続けています。
先住民族との関わりの中から北海道をもっと大きな目で捉えようとしています。
そもそも流氷ができるあたり、アムール川源流から北海道オホーツ周辺に彼の視点があるように感じます。
日本列島を囲む四つの海のなかで最北に位置するのがオホーツク海。
この海に接している北海道の東北部沿岸は、冬期に流氷が漂着することで知られています。
オホーツク海を取り囲んでいる陸地、すなわち北海道・サハリン(樺太)・千島列島では、独特の古代文化が存在したと言われています。
そこが環オホーツクと呼ばれるところであり、彼はその土地にも取材に行かれています。
陸の王はクマ、海の王はシャチ。ということで、クマの撮影をたくさんなさったのですが、近年は羅臼沖でのシャチの撮影を精力的に行っています。
彼の写真から、自然の中にいきるものたち、そして、そこにある歴史さえもが伝わってくる空気感を感じるのは私だけではないと思います。
「土地全体でとらえたいんですよね、そこに生きる動植物をよく知りたいのです。」

2016年、「アイヌプリの原野へー響きあう神々の謡」という本を出版されました。
今回の作品展では、展示方法にも工夫がされているとのこと。
本の世界がそのまま広がる・・・そんな空間になっているそうです。
知床・羅臼沖のシャチ .jpg 知床岬で見つけた土器の欠片.jpg 知床岬を取り巻く流氷.jpg

※尚、写真は伊藤健次氏からお借りしました。
写真は上段左
「ロシア・ウスリータイガの猟師とシマフクロウ」
上段中
「千島列島・ウルップ島のお花畑」
上段右
「千島列島・パラムシル島の浜辺にて」
下段左
「知床・羅臼沖のシャチ 」
下段中
「知床岬で見つけた土器の欠片」
下段右
「知床岬を取り巻く流氷」
(アイヌプリの原野へ〜伊藤健次展は6/26まで羅臼町 ギャラリーミグラードで開催中)

2017.0525 O.A 邦楽(アイドル特集) [chord5]

・ロマンス / 岩崎宏美
・悲恋白書 / 岩崎宏美
・熱帯魚 / 岩崎宏美
・シンデレラハネムーン / 岩崎宏美
・聖母たちのララバイ / 岩崎宏美
・好きにならずにいられない / 岩崎宏美
~今回は岩崎宏美特集です。
曲のセレクトはもちろん斎藤氏!今夜は斎藤氏とmidoriでお送りします。

2017.0525O.A 「道東満喫したよ〜」 [various story]

松瀬 一昭さん(シンガーソングライター)
https://m.facebook.com/matsusekazuaki

5月3日から阿寒湖でのライブがあり、7日には釧路でワンマンライブも開催。
多くの方がいらっしゃったそうです。人と人とのつながりを感じた時間でもあったとおっしゃっていました。
さて、阿寒湖畔でのライブは夜だったので、朝から昼間はオフの時間があり、道東を観光してまわったそう。
いわゆるザ・観光といわれる定番めぐり。硫黄山、摩周湖、まりも、砂湯などなど。
以前松瀬氏はいらしたことがあったそうですが、時間をたっぷりとっての観光ははじめて。
あらためてその素晴らしさに心を奪われたみたいです。
釧路のうたを作りたいとおっしゃっていたので、そのお話しを伺ったのですが・・・
今非常に迷っていらっしゃるとか。
釧路の夕日、阿寒の自然の雄大なところとかを1曲におさめるのは難しい・・・と。
では、2曲は?なんて簡単にご提案させていただいた次第です。
その他にも題材はたくさんご覧になったそうですから、もっと増えてしまいそうですね。
いつの日か手元にCDが届いて、このコーナーでもそんなお話しがお聞きできたら嬉しいです。
さて、6月11日にKoboパーク宮城 楽天スタジアムで広島戦があり、その試合前に国歌斉唱することが決まったそうです。
日曜日の開催で、おそらく満員になるであろう場所での国歌斉唱。
お聞きしただけでもとても緊張しそうです。
「でも実はちょっと複雑なんです。僕、広島出身ですから。まあ、野球を応援する、楽しみましょうという気持ちで頑張ります!」

kochikame [path-art]

IMG_8359.jpg IMG_8360.jpg IMG_8361.jpg IMG_8362.jpgIMG_8363.jpg
こちら葛飾区亀有公園前派出所の40年にわたる偉業の原画を一堂に集めた展覧会。
初回から200巻までの3万枚におよぶ原画の中から選りすぐりを展示してあります。
他には模型や、作者の秋本治氏が描かれている風景の動画なども。
国民的ギャグ漫画の歴史をゆっくり振り返って、その時々の情勢も伺うことができるそうです。
全長8mにわたる神田明神奉納絵巻も圧巻です。
そのレプリカと解説全図が今回特別公開になっています。
作者が愛する東京下町の風景がとても細かいタッチで描かれていたり、
時代に流行ったものが登場したり、40年の日本の歴史を振り返ることもできるのです。
館内は写真撮影はできないのですが、奥の会場のみ撮影が許可されています。
そこには大きなパネルが・・・・・
大迫力で迫ってきます。そこで写真を撮ると、まるで漫画の一コマに自分が入り込んだようにも見えます。
この会場では見て、触って、撮って楽しいこち亀ワールドが体感できます。
IMG_8364.jpg IMG_8366.jpg IMG_8365.jpg IMG_8367.jpg
(こち亀展は7/9まで釧路市立美術館で開催中)
※毎週 金・土曜日は20:00まで夜間開館

2017.0518 O.A 洋楽(Massive Attack 特集) [chord5]

・Teardrop
・Angel
・Weather Storm
・Protection
~今夜は洋楽編。
曲のセレクトはもちろん和田紘平氏。
Massive Attack特集です。イギリス、ブリストル出身の音楽ユニットです。
ヒップ・ホップ、レゲエ、ジャズ、ソウル、ロックetc.様々なサウンドをミックスしたユニークな音をお楽しみください。

2017.0518 O.A 「今咲いているオオバナノエンレイソウって・・・」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

雪どけから新緑のシーズンしか見ることのできない植物たちが今 この時とばかりに咲き誇っています。
例えば、エゾエンゴサク、ニリンソウ、オオバナノエンレイソウなど。
植物全体の大きさに比べると花がとても大きな感じ。比率的にも大きいそう。
全体としてはとても小さな花たちです。
その中の、オオバナノエンレイソウ。実は花を咲かせるまでに10年もの月日を費やしているのだとか。
別名アメフリボタンと言われるあの白い花を咲かせている植物です。
種から葉が出てくるまでに5年。その後花を咲かせるまでにまた年月をかけてやっと咲く花なのです。
今、花を咲かせているものの植物の背丈は25~30cm。葉もだんだん大きくなるそう。
一度花が咲くと、それからは毎年花を咲かせるそうですが、その養分は去年や一昨年から蓄えてきたもの。
いかにも北国らしい感じですよね。そして、この種はアリが運ぶそうです。そのため種には甘い物質がついているとか・・・
よく考えられています。
これらのスプリングエフェメラルの植物たちは、新緑がでてくるとやがて姿を消し、土の中でまた時を過ごすのです。
この植物よりも前に現れた福寿草やフキノトウは今はそれぞれ違う姿になっています。
フキノトウは雌花と雄花があり、なかなか見分けるのが難しいのですが、今の時期は簡単。
現在、50~60cmの背丈で見ることができるのが雌花。雄花は15~20cmの背丈で茶色く枯れている感じです。
その近くではベニマシコやカワラヒワに会えるかもしれません。

今だけシーズン限定!ガンバって可憐な花を咲かせている植物に出かけてみませんか?

power of art [path-art]

ローゼンクイスト(横長作品).JPG 羽生輝.JPG 神田日勝.JPG
最近では、体を動かしたり、触れてみるアートなど体験型のアートがたくさんありますが、美術の鑑賞の基本はみること。
今回は、基本に立ち返る企画「見る」「感じる」アートのチカラがテーマです。
美術の現場で語られる「チカラ」といえば、表現力・写実力・デザイン力。
ただ、アートから伝わってくる「チカラ」はそれだけではありません。
絵の中の色が見る人の心の中まで広がってくるようなチカラ、
遠い記憶を呼び起こしてくれるようなチカラ、
別世界に連れていってくれるようなチカラなど様々です。
帯広美術館コレクションから70点あまりが展示されています。
横尾忠則、百瀬寿、ジェームズローゼンクリストフ、矢柳剛、中谷有逸、神田日勝、羽生輝などなど。
百瀬寿.JPG 八重柏冬雷.JPG 矢柳剛.JPG
例えば、百瀬寿の「Square-Vertical Blue to Magenta」
深い青がゆっくりと白に近づき、次第に赤へと変化しています。形はなく、純粋に色だけの世界です。
深呼吸をしながら色の移り変わりに心を重ねてみて下さい。何を感じますか?何を思い出しますか?
空の色、雪の色、花の色。世界はさまざまな色にあふれています。
本作は、無限に存在する色の中から、基本色である青と赤を抽出し、グラデーションで表現したものです。
シンプルな構成だからこそ、目に見える形にとらわれず色そのもの魅力を感じることができます。
色と色が響きあうように、見るものの心に何を響かせてくれるチカラ。それがアートのチカラのひとつです。(帯広美術館の資料より)

作品から感じ取るものは見る方によって様々。ひとつとして同じものはないと思います。
作家が創り出した色、その使い方、構図、想いを感じて、
あなたが見たものから感じる何かを感じとってイマジネーションを広げて楽しんでみてはいかがでしょう。
※尚、写真は北海道立帯広美術館 光岡幸治氏からお借りしました。
(見る 感じる アートのチカラ展は6/18まで北海道立帯広美術館で開催中)



2017.0511O.A 邦楽 [chord5]

・ビーチタイム / TUBE
・裸足の女神 / B'z
・夏が来る / 大黒摩季
・GET WILD'89 / TMN
・SOMEDAY / 佐野元春
~今回は邦楽一般。今回はテンションがあがる曲・・・
やはり夏が待ちきれない・・・といった感じかしら?
今回の出演は西村氏とmidoriです。

2017.0511 O.A 「4歳の健司少年は地球防衛団?!」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

いよいよ全国ツアーまで1ヶ月をきりました。
全国各地で首を長くしてライブを心待ちにしている方がたくさんいらっしゃることと思います。
6月3日の大阪を皮切りに、東京、福島、仙台、福岡、長崎、名古屋などなど・・・で開催になります。
釧路は9月7日の開催です。詳細決定しました!!
9/7(木)19:00 open 20:00 start (前売 4000円、1ドリンク付)当日は500円アップとなります。
場所は釧路市末広町7丁目2 JAZZ SOUL & KITCHEN HOT SAUCE
基本的にはお店でのチケット販売。遠方の方はメールで予約を承っています。
アドレスはkj0907kushiro@gmail.com
尚、満席になり次第 チケット販売終了となります。

今回のツアーはそれぞれ形態が違うそうですが、釧路は健司氏ひとりでギター1本を持っていらっしゃいます。
とってもレアなライブになりそう!!色々な曲を演奏してくれるとおっしゃっていました。
お酒片手にラフな感じで・・・う〜ん今から楽しみ〜
ライブに合わせてCDもリリースなさいます。
なかなかインパクトのあるジャケット「林田健司 New CD Anniversary 25+1」
なんと4歳の健司氏のお姿です。地球防衛団的な、当時は地球を守る!とやんちゃなお子様だったとか。
かわいい笑顔と凛々しい姿が印象的です。
早く健ちゃんに会いた〜〜〜〜〜〜〜〜い。
多くの方の思いを受けて健司氏はライブに向けて体をつくり、素敵な衣装で準備を整えていらっしゃいます。


silence・・・thought・・・ [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg
無言館とは、作家の窪島誠一郎氏が出征経験のある画家の野見山暁治氏とともに、全国の戦没画学生の遺族のもとを訪ね歩き、
集めた遺作を展示している美術館です。
長野県の上田市に1997年に開館し、今年20周年を迎えます。
「無言」という命名は窪島氏。
「彼らの描いた絵は深い静寂に包まれている」
「その絵を前にして私たちもまた無言で立ちすくむしかない」ということから名付けられたそうです。
今回は、戦没画学生72名、135点の遺作や遺品が展示されています。
夢半ばで画業を諦め、家族とも別れてしまう無念さはいかばかりであったのでしょう。
描かれた作品には、将来の不安や絶望が色濃く映し出されたものが目につきます。
逆に、伸びやかなタッチを感じるもの、絵を描く喜びが素直に伝わってくるものもあります。
家族、特に妹を描いた作品、風景、そしてその色に私は目がいきました。
年代や性別によっても感じ方は違うと思います。
絵に込められた想い、そのストーリーを考えつつ鑑賞すると、それぞれに何かを感じる展覧会だと思います。
7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg
(戦没画学生慰霊美術館 無言館 遺された絵画展は6/21まで北海道立釧路芸術館で開催中)