So-net無料ブログ作成
検索選択

katakuchi [path-art]

GAK_0018.jpg GAK_0027.jpg GAK_0030.jpg GAK_0039.jpg
弟子屈山椒で開催される作品展「片口とその周辺 うつわ展」に出品なさいます、旭川在住の工藤和彦氏にお話しを伺いました。
そもそも片口とは、一方にだけ注口(つぎぐち)のある鉢・銚子のこと。液体のものを他のものに移す役割のものでした。
現在は、料理の器としても使われています。
中にはお皿の様に浅い器もあり、そこにお刺身などを入れたり、様々な使われ方をするようになりました。
工藤氏はもともと片口に興味があり、様々な口のデザインを考えたそうです。
ある時、土鍋の持ち手の形状が面白いなと思い、それを逆さにしたら片口の口に見えたのです。
それから工藤氏のオリジナルの片口の型が出来上がったのです。
GAK_0030_2.jpg今から数年前に薪窯をつくりあげました。
陶芸の道に進んでから、何時かは薪窯を作りたいとずっと思われていたそうです。
薪窯は電気釜などとは違い、ひとつとして同じ作品ができません。
穴窯や登り窯も下から上へ、一方方向から焼けるのです。
ですから片面が非常に焼け、片面があまり焼けないというもの、それが景色と呼ばれ、その境目が日本人の心を揺さぶるのです。
わびさびの世界ですね。
本来の焼き物の面白さが発揮される部分です。
基本的には木で火を焚いて、粘土で作ったものを焼く。昔から変わらない方法です。
おそらく昔の人も今も焼けた感動は変わらないのでしょう。
ですから以前に比べると作品の幅も奥行きも広がったとおっしゃっていました。
気持ちの上でもだいぶ違うそうです。
そんな工藤氏の作品の他、富山の森つくし氏、以前お話しを伺いました岡山の恒枝直豆氏、多治見の加藤委氏、
滋賀の梶なゝ子氏、京都の今宵堂の作品が並びます。
(片口とその周辺 うつわ展は4/29〜5/6まで弟子屈 山椒で開催)