So-net無料ブログ作成
検索選択

changing & unchanged [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg
今回は北海道教育大学釧路校2年の寺島蘭氏の取材の模様をお送りします。
彼女の描く作品はとても細かいので少しでも伝わる様にいつもよりも大きな写真をアップします。
現在、ペン(0.05〜0.4mm)の黒一色で動物と建物・街並みを一緒に描かれています。
彼女の中では、変わるものと変わらないものを混ぜたら面白いと思ってテーマに選ばれました。
建物や街並みはどんどん変わっていきます。逆に動物はそこにじっと見ているという構図。描く時には動物の視点にたって考えているそうです。
動物=静、街並み=動のイメージでしょうか。
現在モノクロで作品を作られているのは、色に頼りすぎないためになさっていること。でも今後は色で何を伝えたいのかを見つけたいとも。
作品作りは自分が一番楽しく、自分を表現できること。これを武器としてこれからも作品づくりをなさりたいとおっしゃっていました。
小さい頃から絵を描いたり、ものづくりをするお爺様の影響でご自身も様々なものを描き、作ってきたそうです。
そのお爺様のような存在になりたいと・・・。
ものづくりが楽しいということを伝えたいのです。お爺様の存在があるから今の自分がいる。
小学生の頃、友達の中に「図工がつまらない」「絵を描くのが嫌い」という方がいて、小さいうちに楽しさを伝えるための一つの手段として教師という職業もあるのかな?と思われたそうです。
「ものづくりが面白い・楽しいと思わせてあげることのできる存在になりたい」
以前は深海の生物を描くこともしていたそうです。いずれ生き物の進化や周りの変化などを一緒に描くことにチャレンジしてみたいと教えてくれました。
上の写真は同じフクロウでも描き方が違うもの。動物の中の模様は自然と手が動くそうです。
また、下の写真は未完成のもの。作品のできる工程がイメージつきやすいと彼女が見せてくれたものです。
7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg