So-net無料ブログ作成

2017.0223 O.A 洋楽(Grover Washington Jr.特集) [chord5]

・Mister Magic
・Just the Two of Us
・Around The Way「Really Into You」
・Make Me a Memory
~今夜は洋楽編。Grover Washington Jr. 特集です。
ジャズ・フュージョン界を代表するサックス奏者。
さらに、スムーズ・ジャズの父としても知られている彼の曲を和田紘平セレクトでお送りします。
紘平氏&midoriでお送りします。

2017.0223 O.A 「動物たちの寒さのしのぎ方って?」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

一番は寒いところを避けて暖かいところにいくことかもしれません・・・
鳥たちは体温が40〜42度と人間に比べると高いそうです。
羽が空気を取り込み、断熱効果がとても高いので、食べるものさえあれば寒くても平気なのだとか。
キクイタダキという5gしかない小さな鳥も44度の体温で、寒い冬も元気にトドマツの森の中で飛び回っているそう。
渡り鳥たちは基本的に食べ物を求めて移動しているということなのです。
哺乳類は2タイプに分かれます。
1タイプは冬眠するもの。代表的なものがヒグマ。だいたい12月から2月くらいまで、穴の中に入ってうつらうつらしているそう。
しっかり眠っているわけではないのです。
日高氏が一番理想的だと思うのがシマリスの冬眠。彼らは安全なところ、地下の巣に、エサのドングリと、
巣材の枯れ葉を巣室にしきつめて丸くなって冬眠します。トイレもきちんと作って。
たまに起きてはエサを食べ寝て、また起きて食べて寝てを繰り返すそう。
「くっちゃねくっちゃねできて・・・最高じゃないですか〜」
それに比べてエゾリスは大変です。エゾリスは冬眠をしません。彼らは秋にエサを隠したところを覚えておいてそれを探して食べるそうです。
ですから記憶力の良いエゾリスだけが生き残っていくことができるとか。
モモンガは小さな巣にたくさん集まり、身を寄せ合って身体を温めて過ごすそうです。
日高氏が大変だなと思うのがエゾシカ。雪が多いと歩くのも大変そうで、もちろんエサを探すのも大変。
確かに湿原の中でも雪をかき分け、草の根の方を食べていたり、樹の皮を食べたりしています。
動物たちはそれぞれに冬を乗り越える方法を身につけ、冬を過ごしているのです。
もしかすると、誰よりも春が来るのを待ち望んでいるのは彼らかもしれません。

kushiro [path-art]

IMG_7452.jpg IMG_7454.jpg IMG_7455.jpg IMG_7456.jpg
ずばり釧路の風景が展示室を埋め尽くしています。
かつての幣舞橋周辺が多くの漁船と人々で溢れかえっている様子や
そこに生きる、生活する人々の姿、
そして変わらぬ自然を描いたものが混在する空間。
釧路を代表する幣舞橋・釧路川・湿原・海、これらの雄大な風景は、多くの作家たちの憧れを集め、作品として残されてきました。
時代とともにかわる風景、変わらない風景をそれぞれの作家がどのように描き出したのか・・・
表現の方法は作家の個性とともに各作品にあらわれています。
また、その作品の横には実際の当時の記録写真が展示されています。
懐かしいと感じる方もいらっしゃるでしょう。これが釧路?と思われる方もいらっしゃると思います。
それぞれの釧路のイメージを感じ取ることができる展覧会です。
作品を通してあらためて釧路を見つめ直すことができる・・・そんな展示になっています。
IMG_7457.jpg IMG_7458.jpg IMG_7459.jpg IMG_7460.jpg IMG_7462.jpg
(描かれた釧路の風景は3/26まで釧路市立美術館で開催中)

2017.0216 O.A special(おやじバンドdance&beer party特集) [chord5]

今週のchord5はスペシャルでお送りします。
FMくしろプレゼンツ 「おやじバンド dance&beer party」の開催が迫ってきました。
今年は2月26日です。今回の出演バンドは3組です。
そこでchord5では、出演バンドの皆さんにご出演いただき、おやじバンドdance&beer partyに対する思いや意気込みを伺います。
出演バンドはLIme Light、イエローヴァリーズ、The 11+の方々です。
・Lucille / LITTLE RICHARD
・Summertime Blues / Eddie Cochran
・10番街の殺人 / THE Ventures
・ハワイファイブオー / THE Ventures
・どうにもとまらない / 山本リンダ
・歩いて帰ろう / 斎藤和義
の予定ですが、どこまでお送りできるか・・放送をお聞きになってお確かめくださいね。

2017.0216 O.A 「徒然なるままに・・・」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

こちらはまだ春が来ないかな?と待ち遠しい日々ですが、石垣島はハイビスカスが一年中咲いて、カンヒザクラはすでに1月に咲いてしまったそう。
これからは梯梧の花が咲く季節。この梯梧はとてもかわっているそうで、今は緑みどりしているそうですが、葉が全部落ちて
それから真っ赤な花を咲かせるそうです。その赤といったら、ちょっとおどろおどろしい感じとか。
それが3月後半から4月くらい。沖縄の県花にもなっているみたいですね。
この花はたくさん咲くと、その年は台風が多くやってくると言われているそうです。
彼のfacebookを拝見していると南国の海と空がいつもアップされています。
窓の外の雪を眺めながら日本はなんて広い、細くて長いんだろうと思ってしまいます。
もうひとつ気になった投稿が塩せんべいのこと。これは石垣島特産だそうです。
塩せんべいといっても塩のクッキーの様で、食感はマカロンみたいで・・・
一体どんなおせんべいなのでしょう?気になります。
そのまま食べても、お酒に合わせても、そしてアイスやジェラートと合わせても美味しい3度楽しめる味なのだそうです。
その塩せんべいは種類がたくさんあるみたいです。塩せんべいにはまっている健司氏ですが、石垣に住んで4年。
この食べものを口にしたのはつい最近のこととか。健司氏のお気に入りは、表面がツヤツヤで食べるとハフハフって感じ。
他にも健司氏オススメは島の豆腐にイカスミの焼きそば、イカスミチャンプル・・・などなど。
ということで石垣島への想いはどんどんつのっていきます。やはり一度お邪魔しなくちゃ・・・
「島の方々が 健司さん、今が一番いいさぁっていうのは4月ですね」
3月後半から4月にかけて。そして5月の連休後梅雨明けしてから。そして9月から12月までも良いですよ〜。
本当に石垣島に行きたくなってきた今回の収録でした。


changing & unchanged [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg
今回は北海道教育大学釧路校2年の寺島蘭氏の取材の模様をお送りします。
彼女の描く作品はとても細かいので少しでも伝わる様にいつもよりも大きな写真をアップします。
現在、ペン(0.05〜0.4mm)の黒一色で動物と建物・街並みを一緒に描かれています。
彼女の中では、変わるものと変わらないものを混ぜたら面白いと思ってテーマに選ばれました。
建物や街並みはどんどん変わっていきます。逆に動物はそこにじっと見ているという構図。描く時には動物の視点にたって考えているそうです。
動物=静、街並み=動のイメージでしょうか。
現在モノクロで作品を作られているのは、色に頼りすぎないためになさっていること。でも今後は色で何を伝えたいのかを見つけたいとも。
作品作りは自分が一番楽しく、自分を表現できること。これを武器としてこれからも作品づくりをなさりたいとおっしゃっていました。
小さい頃から絵を描いたり、ものづくりをするお爺様の影響でご自身も様々なものを描き、作ってきたそうです。
そのお爺様のような存在になりたいと・・・。
ものづくりが楽しいということを伝えたいのです。お爺様の存在があるから今の自分がいる。
小学生の頃、友達の中に「図工がつまらない」「絵を描くのが嫌い」という方がいて、小さいうちに楽しさを伝えるための一つの手段として教師という職業もあるのかな?と思われたそうです。
「ものづくりが面白い・楽しいと思わせてあげることのできる存在になりたい」
以前は深海の生物を描くこともしていたそうです。いずれ生き物の進化や周りの変化などを一緒に描くことにチャレンジしてみたいと教えてくれました。
上の写真は同じフクロウでも描き方が違うもの。動物の中の模様は自然と手が動くそうです。
また、下の写真は未完成のもの。作品のできる工程がイメージつきやすいと彼女が見せてくれたものです。
7.jpg 8.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg

2017.0209 O.A BAND [chord5]

・Smells like Teen Spirit / NIRVANA
・Come As You Are / NIRVANA
・Lithium / NIRVANA
・Drain You / NIRVANA
・Lounge Act / NIRVANA
~今回のバンド編、NIRVANA特集です。
セレクトしてくださったのは、河口氏。河口氏&midoriでお送りします。

2017.0209 O.A 「檜山もアツい!」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

JP01の冬号檜山特集が1月末に発行されました。初挑戦の企画あり。見応え抜群です。
檜山にはブランド品がたくさんあるそうで、まずはスケトウダラの漁船に乗っての初企画から。
紙面から臨場感たっぷりにその模様が伝わってきます。そして、ナマコ。
「檜山もの」といわれる最高級のナマコ。イボイボが目立つのですが、これがいぼ立ちといわれるもの。
檜山産はこれがウリなのです。取材した記者もナマコが苦手だったそうですが、見る目が変わったとおっしゃっていたとか・・・。
さらに檜山という名前の由来になった檜の山。檜関連のお話しも掲載されています。
森自体をどう守っていくのか、その木材を使って作られたものなども。
そして、江差姥神大神宮渡御祭。道内最古の祭で、マスコミでも取り上げられることもあり、毎年の夏の恒例行事としても有名です。
山車自慢の紙面が広がっています。まさに写真ならでは、雑誌らしい作りを楽しむことができます。13の山車が自慢や誇りを競っています。
そして、そして土居氏の一押し「ひやま芋騒動」の紙面。まるで週刊誌みたい!そこが狙いだったそう。あえての白黒紙面。
一つは今金町の湖池屋事案。今金男しゃく ポテトチップス。これが2015年に発売されたのですが、2週間で完売したという幻のチップス。
通常ポテトチップスがそれ専用のイモを使って作られるそうです。
それをあえて男しゃくを使って作られたそう。味の違いはいかほどに・・・?でも確かめる術はありません。
と思ったところ、今後発売される予定があるとか。気になります。
そして、もう一つは、厚沢部町・巨大コロッケ事案。メークインの発祥の地とされているのが檜山の厚沢部町。
日本一を誇っていたある日、静岡県三島市から「巨大コロッケ日本一はわれわれがいただく!」という挑戦状が・・・。
その結果、厚沢部町は鍋から作り直し、名実ともに日本一を奪還したとか。
他にもまだまだ面白い記事がたくさん。ぜひご自身の目でお確かめください。


feelings to a crayon [path-art]

「ながしまのまんげつ」表紙.jpg 「ぼーると ぼくと くも」表紙.jpg 美波里の卵2.jpg 釧路魚展の作品・札幌センチュリーホテル.jpg 釧路魚展の作品・札幌センチュリーホテル2.jpg
クレヨンにこだわり、描き続けるクレヨン画家、加藤休ミ氏は釧路出身です。
以前、北海道立釧路芸術館の「魚展」を開催した時にお話しを伺ったのですが、
今回は「ぼーるとぼくとくも」という絵本が2年ぶりに出版されたということでスタジオでお話しを伺いました。
クレヨンは誰でもいつでもどこでも売っている画材。子供達が使うクレヨンで作品を描かれています。
特別な画材ではありません。これを使って食べ物を描き、「美味しそう」「食べたい」と言われることが彼女の絵心をくすぐるのです。
さらに実物よりも大きく描くことで「楽しいでしょ・・・今後、食べ物だけを描いた作品展ができたら嬉しいです。面白いでしょ」とおっしゃいます。
食べ物は誰でも口にします。とてもわかりやすいのです。
いかに食べ物を美味しそうに描くことができるのか、ある意味ご自身をクレヨンで試されているということなのです。
現在は、絵本を描いてほしいという依頼が多数あり、絵本作成の他、ワークショップの開催や作品展の開催、
絵本の普及と絵本作家の地位向上を目指す真面目で愉快なネット番組「絵本ラジオ」といったことにもチャレンジなさっています。
加藤休ミという人間を表現するためのツールとしてクレヨン画を核に、どんどん広がっている感じがします。
以前お話しを伺った時には「白いごはん」を美味しそうに描くことにチャレンジなさりたいとおっしゃっていました。
これはまだご自身の中ではとっておきたい課題とか・・・。
今回同時進行で描かれた雲やうどん、どちらも白なのですが、それぞれ表現方法が違います。
白はとても難しいと思うのですが、これもひとつひとつクリアなさっています。
白い美味しそうなごはんが描かれる日もそんなに遠いことではないのでは?と密かに思った私です。
※尚、写真の一部は加藤休ミ氏からお借りしました。
IMG_7311.jpg IMG_7312.jpg IMG_7313.jpg IMG_7314.jpg うどん できた! の表紙.jpg

2017.0202 O.A 邦楽(アイドル特集) [chord5]

・草原の輝き / アグネス・チャン
・小さな恋の物語 / アグネス・チャン
・星に願いを / アグネス・チャン
・ポケットいっぱいの秘密 / アグネス・チャン
・冬の日の帰り道 / アグネス・チャン
・ぼくの海 / アグネス・チャン
~今回は70年代アイドル アグネス・チャン特集です。来釧間近かということで彼女の特集を組んでみました。
曲のセレクトはもちろん斎藤氏!今夜は斎藤氏とmidoriでお送りします。