So-net無料ブログ作成

It is fun to draw [path-art]

1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg 5.jpg
「絵を描くのがとにかく好きなんです」とても嬉しそうに恥ずかしそうに語る中村氏。
彼の作品のポストカードを以前から目にしていました。誰が描いているのかな?とネットで情報を探し、やっとたどりつき、
今回、お話しを伺うことができました。
そもそも高校まで釧路にいらっりゃり、その後東京のジャズの聖地、新宿PIT INNでPAの仕事をなさっていたそうです。
昼間の音響を担当していたそうですが、なかなかお客さんがいらっしゃらない。こんな素敵な音を聞かせていただいているのにもったいない。
ということでチラシを描き始めます。
一人でも多くの方に見てもらいたい!その一心で毎日描きました。
6.jpg 7.jpg 8.jpg
彼の作品にはストーリーがあります。
でも彼は、作品を見て自分なりのストーリーを展開してほしいと思っています。
作品ひとつひとつを見ていると、色々なものが見えて来る感じがします。
9.jpg

この作品はパッとみると、死神が小さな子供を連れていくように見えます。
でも彼はこうおっしゃいます。
「あまりにも小さい子供だから、白いクジラで連れていく前にサーカスを見せてあげたのかもしれないよね。
死神だって神でしょ?もしかしたらその世界では、今日は天使、今日は死神って役だったのかもしれないでしょ?」
とても面白い発想です。
この作品が一番最初に色をつけたものとか・・・
10.jpg 11.jpg 12.jpg 13.jpg
14.jpg彼は下書きをしません。
ペンは試し書きをして・・・
色も買う前にチュープとにらめっこ。
何度も何度も色を確認してから購入しても・・あれ?違ったということもあるそうです。
モチーフとして多く描かれているのが、クジラ、キリン、ゾウ、黒ネコ。
全部好きなんです。
好きなものしか描かないとおっしゃっていました。
中村氏にしか描くことのできない世界がそこにはあります。
最新作は本棚、大好きな本や動物たちがいっぱい描かれています。
・・・・・・・・
こんな考え方あっても良いよね
こんなことあったら面白いよね
優しくてちょっぴりアイロニーが効いているものもあって
一度見たら彼の作品は忘れないインパクトを持って迫ってくるのです。