So-net無料ブログ作成
検索選択

history of graphic design [path-art]

グラ100 会場1.JPG グラ100 会場2.JPG グラ100 会場3.JPG ぬりえ.JPG
ポスターが、宣伝という実用性と芸術性を兼ね備えたのが19世紀後半。
ヨーロッパにおけるカラーリトグラフ・ポスターからと言われているそうです。
その黎明期を支えたのが、ジュール・シェレ。ポスターの父と呼ばれました。
その「エルドラド」という作品は、赤色と黄色と青色の3色を使っているのですが、その濃淡や複雑な色の組み合わせで、奥深い作品になっています。
また、レオネット・カピエッロの「速乾ペンキ ニトロリアン」という作品は、赤と白と黒を基調にしたもの。
いかにこのペンキが早く乾くのかということを一目瞭然で示しています。構図も発想もオシャレで、今見ても古さを感じさせません。
時代が進むにつれて、造形意識に加え、技術的な発展もポスター制作に大きな影響を与えました。
特に20世紀以降、写真の利用が増え、加えて1980年以降はコンピューターの活用などによって、幅広い表現が可能になりました。
時代ごとのポスターの変遷、そのスタイル、印刷技術などが理解できる内容になっています。
現在も世の中にたくさんあふれているポスター。
産業、観光、興行、出版・・・様々な分野のものごとを宣伝している中のひとつのメディアです。
一瞬で物事を伝えるための発想。それは昔も今も変わりないものです。
もちろんそこには社会的背景が反映されていたり、芸術的な側面を持ち合わせたものも・・・。
帯広美術館収蔵のコレクションのひとつの柱、プリントアート。
今回は250点以上あるコレクションの中から110点が展示されています。
※尚、写真は北海道立帯広美術館 野田佳奈子氏からお借りしました。
(グラフィック・デザインの100年は2017年3/23まで北海道立帯広美術館で開催中)
※北海道立帯広美術館は12/29〜2017年1/3までお休みとなります。




石を使って [plants voice]

vol.256・・・石を使って
IMG_1735.JPG IMG_1736.JPG IMG_1737.JPG IMG_1739.JPG IMG_1740.JPG
石の重量感と形、色を楽しんで・・・
お話しは長久保修一氏(つくし園)

science short story・・・身近な科学編 [etc.]

おもしろ軍手の数々
アラスカ軍手:フェアバンクスのアラスカ大学が開発した軍手
富士山軍手:静岡県で売られている軍手。
根室・釧路軍手:境氏考案軍手。
IMG_6167.jpg IMG_6168.jpg IMG_6169.jpg IMG_6170.jpg
体で地形を実感する。
手で表現する面白さ、ほかにもありそうですね・・・

2016.1222 O.A 洋楽(Ben Folds Five特集)  [chord5]

・Army
・Philosophy
・Where's Summer B.?
・金返せ
~今夜は洋楽編。Ben Folds Five 特集です。ピアノを主体としたスリーピースのロックバンド。
もちろんセレクトは和田紘平氏。
紘平氏&midoriでお送りします。

2016.1222 O.A 「今年も受賞!!!」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

JP01の夏号が日本タウン誌・フリーペーパー大賞2016の「まるごとにっぽん賞」の最優秀賞を受賞しました。
地方の情報発信が盛んになっているということを土居氏は肌で感じたそうです。
地方創生の流れ、外国からの観光客の増加などなど・・・がさらにその要因になっているのでしょう。
自分たちの当たり前が他の人からみると、当たり前ではない。このことに気づいた人たちが発信し始めたのです。
もちろんそれは、自分たちの住んでいる場所の良さを再確認することにもつながっています。
裏話ですが、去年大賞を受賞しているのですが、一度大賞を受賞すると2度目はないそうです。
そんな中「まるごとにっぽん賞」を受賞でき、さらに土居氏が最後の編集長を務めたJP01夏号が受賞したのですから喜びはひとしおだったそうです。
副賞が「まるごとにっぽん」のビルの中にあるスペースを借りること。
ビルは東京浅草、浅草寺のそばにあり、1階から4階までが地方の様々なもので埋め尽くされているそう。
1階はにっぽん食市場・・・地方色豊かな旬の食を集めてあり、目と舌で楽しむ、ここにしかない品揃え。
2階はくらしの道具街・・・伝統技術や風土が息づく、地方発の生活用品をセレクト。生活の知恵が詰まったフロア。
3階はたいけん広場・・・全国の市町村が集まる「おすすめふるさと」をはじめとする、地方の魅力が味わえる憩いの空間。
4階はふるさと食堂街・・・風土に根付いた地方のごちそうが集まり、日本の旬と下町風景を堪能できるレストランフロア。
もちろん日本の観光客もいらっしゃるのですが、海外からの観光客の方もたくさん楽しまれているそうです。
さて、今年はJPは島根版も発行。さらに10月には千葉版JP12を発行しました。
千葉版は地元の新聞社の協力で完成したのが、木更津特集。
乃木坂46の高山一実さんが木更津市長と対談したり、氣志團のインタビューや、さらにはあのミッキーマウスも登場して大反響とか・・・
こちらも島根版に続き2号が出る感じとおっしゃっていました。
いずれにしてもJP01の視点が他の関係者にとっても斬新なものであり、自分たちに必要だと感じた結果なのだと思います。
この勢いは来年もまだまだ続きそうです。



new gallery [path-art]

IMG_6584.jpg IMG_6585.jpg IMG_6586.jpg IMG_6587.jpg IMG_6588.jpg IMG_6591.jpg
今年の10月に北大通り8丁目にオープンした釧路北8ライブビルにお邪魔しました。
ただいま、3階のギャラリーでは「杉元重義作品展」を開催中です。
お話しはビルの取締役 杉元禮子氏に伺いました。
杉元重義氏は義理のお父様、杉元内科医院の理事長 杉元紘一氏のお父様です。
佐賀出身の重義氏は弁理士をなさっていて、今から45年ほど前から10年近くにわたって釧路にいらしてはスケッチや釣りを楽しまれていたそうです。
もともと絵描きさんになりたかったそうで、絵画の同好会の会長を20年もなさっていらっしゃったとか。
重義氏の描かれる作品は、ジャンルも様々。
風景画あり、静物あり、人物あり、中には抽象画のような作品もありました。
丁寧に描かれた作品、その中にも大胆な色使いが・・・
また、さらりと描かれたスケッチからは釧路の当時の様子が伝わってきます。
禮子氏はお花の作品がお好きとおっしゃっていました。

禮子氏は入江町のさいたギャラリーを経営なさっています。そこに収蔵していた重義氏の作品の一部を展示している感じです。
そもそも北大通りのギャラリーは、お父様の作品を多くの方にご覧いただきたいと思ったことや
釧路の作家さんをもっと市民に知っていただきたいという思いから始められたそうです。
他の作家さんの作品もたくさん展示なさっています。
人と人とのつながりで集まった作品たち。
そして北大通りにも多くの人が色々な形で集ってほしい。
そんな禮子氏の熱い思いを感じた収録でした。
IMG_6589.jpg IMG_6590.jpg
(杉元重義展は12/27まで釧路北8ライブビル内3Fギャラリーで開催中)
※なお、ギャラリーは12/28〜1/10までお休みです。

石を使って [plants voice]

vol.255・・・石を使って
01.JPG 02.JPG 03.JPG 04.JPG 05.JPG
石は花留めに・・・和洋折衷のような落ち着いたアレンジ完成!
お話しは金子健二氏(Green life)
※Green lifeのhpはこちら・・・http://www.greenlife946.com/

2016.1215 O.A 邦楽 [chord5]

・サンタクロース / ELLEGARDEN
・隣りのサンタクロース / 木根尚登
・ブラックサンタクロース / 吉川晃司
・恋人がサンタクロース / 松任谷由実
・Burnin' X'mas / T.M.Revolution
~今回は邦楽一般。一応・・・サンタクロース特集です。
タイトルにサンタクロースがつく曲を集めてみました。
今夜は西村氏&midoriでお送りします。

2016.1215 O.A 「今年は冬眠・・・?」 [various story]

江畑兵衛さん(TRIPLANE)
http://www.triplane.jp/

今年1年を振り返ってのお話しです。
TRIPLANEとして大きなイベントやCDを出すなどの大きな動きはなく、冬眠していたような・・・そんな1年だったと。
ただ、自分の中で考えることがたくさんあり、充電期間になったとおっしゃっていました。
どうして音楽をやっているのか?自分がどれだけ音楽をやりたいと思っているのか?といった原点回帰の年だったそうです。
対外的にはモグラのような生活をおくっていたとも。
TRIPLANEとしても4人で膝を付け合わせ、常にとことん話し合ってきたそうです。
デビューして13年。今後どうしていくべきなのか?何ができて何をやるべきなのか、常に話し合っていたのです。
来年はこの1年話し合ってきたことを示していける1年、見えてきた、温めてきたものを遂行できればとおっしゃっていました。
激しく活動していくことになりそうです。
考え抜いた結果、自分は音楽家。これをずっとやっていく。進化しつつ、大切なものを失わないように続けていくことになるのでしょう。
TRIPLANEとしての来年の方向性も決まり、あとはアウトプットの問題を考えていくだけ。
まだ決定ではないそうで、本当にいま話し合いの真っ只中にも関わらず教えてくださったのは
「春まえに曲を配信したいな」「暖かくなった頃と冬のまえに日本中をまわりたい」とのこと。
この1年考えたこと、話し合ったこと、来年はたっぷり発揮していく年になるのではないでしょうか。
このコーナーでは音楽以外のお話しをしてくださいました。私は飾らない素のままの兵衛氏の本音をお聞きできてとても嬉しかったです。
表向きの格好の良い話しばかりではなく、人間兵衛の姿もカッコよく、自分に正直で真面目な面がしっかり伝わってきました。
来年はどんなお話しをしてくださるのか、今から楽しみです。

art and museum material [path-art]

IMG_6683.jpg IMG_6684.jpg IMG_6685.jpg IMG_6686.jpg IMG_6687.jpg
昭和天皇が昭和11年、釧路に行幸され、今年80年の節目を迎えます。
そこで当時の新聞資料、作られたもの、飾られた絵画などを通して、色々な角度から釧路を振り返ることのできる内容になっています。
昭和11年と29年の2度釧路を行幸されているのですが、戦前と戦後では新聞の扱い、表現がだいぶ違っています。
やはり、昭和11年の時の新聞では天皇は「神」として崇められているのがよくわかる感じですし、
戦後では「人」人間天皇として親しみが感じられる表現で見出しなども書かれています。
戦前、戦後とも質素な感じではあるのですが、昭和11年の時には当時の釧路の鳥瞰図が作成されました。
とても大きなものです。
また、釧路の職人による特注の椅子や机が作られたのです。とても手の込んだもので、刺繍や細かい彫刻が施されています。
ところが昭和29年の時にはさらに質素になり、あらたに作ったものというよりは、存在したものの中から選ばれた絵画が六園荘に飾られました。
久本春雄、尾山幟、上野山清貢の作品です。
その作品が会場には展示されています。
瀬戸氏自身も楽しみながら今回の企画展の作業をなさったそうです。
歴史的に、美術的に、あわゆる観点から釧路をあらためて見つめることができる展覧会です。
IMG_6688.jpg IMG_6689.jpg IMG_6690.jpg IMG_6691.jpg IMG_6692.jpg
(美術と博物資料で辿る釧路行幸展は12/25まで釧路市立美術館で開催中)