So-net無料ブログ作成
検索選択

light and shadow [path-art]

10.jpg 15.jpg 3.jpg
北海道に移住してから酪農家の生活や仕事をしているところのドキュメンタリー作品に取り組んでいらっしゃいます。
近年はモノクロ作品、酪農に限らず北海道の原生林とか、開拓時代の痕跡をテーマに撮影。
モノクロの色彩のシンプルさと質感が好きとおっしゃいます。
そもそも作品撮りも兼ねて道内各地をまわり、目にした心に刺さる光景をカメラに収めていました。
旅の途中で出会った写真家の方や陶芸家の方の家で居候をさせてもらい、その周辺を撮影したりしていたのです。
当時はある程度作品がまとまったら東京に戻って発表するつもりだったと当時を振り返ります。
1.jpg 2.jpg 14.jpg
別海に住居を構えたのは、たまたま飛び込んだ酪農家や地元の方にすごく親切にしてもらったから。
そこで実際に働いてみないと見えてこない視点もあるのかなと思い始め、酪農の仕事をすることにしました。
別海に移住して、ここで生活しなければ撮影できない視点等新しい発見もあるのでは?という期待もあったそうです。
現在は、森の中の一軒家に住んでいらっしゃいますが、
「住むことで自然の声とかインスピレーションが感じられ、それが自分の作品づくりに活かせるという感じがしているんです。」
街で暮らすより、自然の中に住んだ方が自分の肌で自然を感じ取ることができ、すぐに撮影に行く事ができ、フットワークが軽くなったそうです。
4.jpg 5.jpg 6.jpg 12.jpg 13.jpg
どうして酪農業だったのでしょう?「日頃から牛乳が大好きで、ほとんど毎日飲んでいます。
生産の現場である酪農に興味があったということ、撮影してみたいし、体験してみたいという気持ちは昔からあったんですね。
実際に働いてみて牛の人間くささとか、ちょっと間抜けな性格が好きになりました。
また、酪農の仕事は結構職人的要素が強く、習熟していくほど結果としてかえってくるんです。
その酪農の魅力にはまってしまいました。」
7.jpg 9.jpg 11.jpg
お父様が趣味で油絵をなさっていて、絵を描くために一眼レフで風景の写真を撮っていました。
小学生の時にそのカメラを借りて撮影するようになったのがそもそもの始まりです。
古い車や鉄道など乗り物の写真を撮るのが好きだったそうです。
写真の他には絵を描いたり、デザインもなさっていたそうですが、写真のもつスピード感に惹かれて、
写真に関心がうつっていったとおっしゃっていました。
独学でモノクロの現像、引き伸ばしができるようになってから、ますますのめり込んでいったのです。
「モノクロは色がない分、光と影をすごく意識しなければならない。そこがシンプルだけど奥が深いんです。そこが好きですね。」
20.jpg 21.jpg 17.jpg 18.jpg
19.jpg普段使っているモノクロの紙、印画紙はバライタ紙を使っています。
黒の深みと冴え渡る白が再現できるそう。
プリントした時の再現の幅が、
深みのある黒、
階調の幅、
紙の質感の良さが
自分の世界にしっくりくると教えてくださいました。


「自分自身が現場にいて体験することで、現場の空気感が見る人に伝わるように心がけています。
不思議な感覚を楽しんでもらえたら・・・。」

(<Path-Art>の仲間たち展は12/16まで北海道立釧路芸術館 フリーアートルームで開催中)

100円ショップのパーティグッズを使って [plants voice]

vol.252・・・100円ショップのパーティグッズを使って(パーティーモール)
01.JPG 02.JPG 03.JPG 04.JPG 05.JPG
パーティモールで簡単モコモコキラキラアレンジ!
お話しは長久保修一氏(つくし園)

2016.1124 O.A 洋楽(D-influence特集)  [chord5]

・Magic
・Sweetest Things
・Midnight
・Hold on
~今夜は洋楽編。D-influence 特集です。アシッド的なスタンスを持ち、
楽曲の大半をプログラミングで制作しているところが一つの特徴といえるバンドです。
もちろんセレクトは和田紘平氏。
紘平氏&midoriでお送りします。

2016.1124 O.A 「ざわわ〜さとうきび畑から」 [various story]

林田健司さん
http://hayashidakenji.com/#!/home

今回はお天気があまり良くないので海には行かず、石垣島 ざわわ〜のさとうきび畑からの収録になりました。
気温は29度。釧路の夏でもあまり経験することのない気温です。
ここのさとうきびは黒糖になるそうですが、他の島でのさとうきびはお酒になったり、
さとうきびと一言で言っても色々種類があり、利用法が違ったりもするみたいです。
さて、石垣島での生活も4年を過ぎ、曲作りに何か影響があるのでしょうか?気になっていたので伺いました。
実は曲を依頼される方は東京の方がほとんど。
ですから逆に島のイメージを封印・・・というか、その方がステージで歌われる姿を頭でイメージして作られるそう。
ご自身の曲づくりにもまだ・・・なんておっしゃっていました。
ただ、生活スタイルは健司氏にとってはどこにいてもあまり変わらないのです。
朝起きて散歩をして曲づくりをするというのは20年以上もなさっていること。
島での生活で今までなかったことといえば、カラオケやスナックに行って素人さんの歌を聴くこと。聴かされること?!
他人の歌を聴く、さらに素人の歌を聴かされる・・ということは斬新な出来事でした。
でも、そこでどんな歌が今流行っているのか、どういう歌が好まれるのか・・などのリサーチにはなるとおっしゃっていました。
あまり音楽を聴くのは好きではないタイプなのだそうです。
作らなければならないことが多すぎるので、どちらかというと楽器を弾くか、
映画を観るとか他の方法に気持ちを切り替えてから曲を作られるのです。
今年はデビュー25周年の年でしたが、あまりライブができなかったので、今年は彼曰く、我慢の年だったとか・・・
今回のお話しで、来年はもっともっと弾ける年になる予感を感じた私です。

mysterious world [path-art]

8.jpg 12.jpg
自然と何か不思議なもの、よくわからないものをモチーフに使って、自然が作り出す不思議な世界を何か表現できればと思っていると中村氏。
使っている画材は線画の時は0.5mm~0.1mmの細かいペン。色を塗る時も1mm幅くらいの筆がメインです。
とにかく細かい作業というのが画材からも伝わります。・・・色に関しては固形水彩がメイン。
7.jpg 9.jpg 10.jpg 11.jpg 1.jpg 2.jpg
外国の道端でスケッチをしたのが始まりです。会社を辞めてやりたかったことを始めたのが今から25年前のこと。
その後ニューヨークの学校に通ったそうですが、絵に関してはほぼ独学とのこと。
5.jpg「外国の道端で描いていた作品を見た外国の方がアートショーがあるから出してみない?と言って下さり、出してみたところ全部売れてしまい、『こんなことは今までなかったわよ』と言われたことで、すごい勘違いが始まったんです。」

はじめに描いていたのは風景。当時は、目に見えるものをできるだけ自分のフィルターを通して絵にするという作業を心がけていたそうです。最近は、森の中に住んでいることもあり、自分が思っている常識的なものではない世界がよりリアルになるというか・・・今の常識は常識ではないかもしれないと思うことがあり、時々クジラが飛んでみたり、ウシが飛んでみたりする作品を描かれています。

「最初は面白いだろうなと思い描いていた事が、まんざら非現実ではなく、たまたま今地球ではクジラは海にいるけれど、ちょっと何かが変われば全てが変わっていってもおかしくないという事を最近の自然の環境の話しや、宇宙の研究が進み色々な話しを聞いていると感じてしまうんです。人間が飛んでいてもおかしくないという風にも考えることができるという事を最近考え始め、それが絵にも強く出るようになってきたのでは?と思うのです。」非現実の中に、もしかしたらリアルな事があるかもしれないと思うようになってきたという事です。

6.jpgモチーフとしてよく描かれているのがクジラやリンゴ。クジラは単なる憧れ。神秘的な部分、海の中にいてあの大きさで知能も優れていて、人間には何を話しているのかわからないけれど、コミュニケーションはしているだろうという話しを聞くと、人間には及ばないものをもっているような気がしてモチーフとして使いたくなるとおっしゃっていました。
リンゴはアダムとイブではないのですが、何かとても象徴的なものの様な気がして、モチーフに使っているそうです。

こだわりは、できるだけ自分の気持ちに正直に。「いま描いているものは何が書きたかったんですか?」と時々自問しながら制作しているとのこと。

「作品は、いまの僕自身の心の中にある欲みたいなものかもしれないと思っています。
表現できたら・・・と思うことは、まず、自然の中に自然に生まれているのか、宇宙的規模で何かに操作されているのかわからないのですが、ここに地球というものがある不思議さ。そして、命。マイナス20℃の後の福寿草の花が開いた時のあの黄色の鮮やかな色というのは、命の輝き・喜びみたいな風にどうしても思える。そのあたりを表現できたら良いのかなと思いました。さらに、現実・日常・常識というものの先に非常識・そんなこと起きないよねという側があり、もしかしたらそこにもっとリアルなものがあるかもしれないという事をあわせて見てもらいたいです。」
13.jpg 14.jpg 15.jpg 16.jpg 17.jpg 18.jpg 19.jpg
(<Path-Art>の仲間たち展は11/25〜12/16まで北海道立釧路芸術館 フリーアートルームで開催)

100円ショップのパーティグッズを使って [plants voice]

vol.251・・・100円ショップのパーティグッズを使って(くす玉)
01.JPG 02.JPG 03.JPG 04.JPG 05.JPG
くす玉が素敵なユーカリの飾りに・・・
お話しは金子健二氏(Green life)
※Green lifeのhpはこちら・・・http://www.greenlife946.com/

2016.1117 O.A 邦楽 [chord5]

・ぷらいまる。 / THE YELLOW MONKEY
・WELCOME TO MY DOGHOUSE / THE YELLOW MONKEY
・SPARK / THE YELLOW MONKEY
・BRILLIANT WORLD / THE YELLOW MONKEY
・バラ色の日々 / THE YELLOW MONKEY
~今回は邦楽一般。THE YELLOW MONKEY特集です。
今年THE YELLOW MONKEYが15年ぶりに復活しました。全国ツアーも行い、年末に向かいホールツアーも予定されています。
申年の今年・・・復活ライブにも行かれた西村氏の選曲でお送りします。
すべて今回はライブバージョンです。

2016.1117 O.A 「オオワシvsタンチョウ」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

日高氏のお住まいの目の前にあるポロト沼は寒くなると賑やかになるそうです。
それは多くの鳥たちが集まってくるから。
今の時期はタンチョウ、オジロワシ、オオワシ、ホオジロカモ、チドリガモなどなど・・・。
今年は日高氏がオオワシを見たのが10月22日、例年に比べると1週間位早かったそう。
他の鳥たちはだいたい通常通りの訪問だったみたいです。
オオワシがやってきてオジロワシの影が少々薄くなってきた感じとか。
鮭が遡上しているので、それをめがけて彼らはやってくるのです。
ポロト沼は海の側なので、潮の満ち干きの影響を受けるそう。
干潮になるとオオワシは沼に降りるのです。そこにタンチョウがやってきて睨み合いが始まるとか。
タンチョウは見下ろし、オオワシは見上げる感じで・・・。
オジロワシとタンチョウの場合はオジロワシはそそくさとその場を離れるそうですが、オオワシはどうなのでしょう?
それをジッ〜〜〜〜〜と観察していた日高氏。
どうも互角のようです。ただ、タンチョウは夫婦仲が良いので、一羽が困っていると一羽がすぐ駆けつけるそう。
そうなるとオオワシはその場から離れるそうです。
オオワシのもう一羽は知らん顔をしているとか。
オジロワシはカッカッカッと少々高めの声で、オオワシはビビビビと少々低めの声で威嚇するそうです。
オオワシの数がいつもの年に比べると少ないかな?とおっしゃっていましたが、
この様なオジロやオオワシ、タンチョウの色々な姿がポロト沼では1月初旬まで見ることができるそうです。


paris [path-art]

IMG_0303.JPG IMG_0305.JPG IMG_0311.JPG IMG_0314.JPG
いつの時代も・・花の都パリ。
現在もフランスパリに憧れる方も多いのは事実でしょう。
1920年代、パリには多くの芸術家が集まりました。いわゆるエコール・ド・パリ(パリ派)と呼ばれた人々がいました。
出身地も画風も様々な異邦人画家たちがめざましい活躍をみせたのです。
そして、パリの街の名声は世界中に広まりました。
今回は北海道立近代美術館のコレクションから31作家、104点が展示されています。
有名なところでは、とてもファンが多いシャガール。大きな油彩と版画を展示。
ユトリロも、マリーローランサンもあります。
和氣学芸員のイチオシは、小野州一という方。
今回のチラシの裏面に作品が掲載されています。ピンク基調の建物がたくさん描かれているもの。
彼はもともと抽象画を描かれていたそうですが、パリの空気に触れて具象を描かれるようになったとか・・・。
千歳出身でパリに何度も足を運ばれ、最終的には富良野で制作をなさった道産子画家です。
いろいろなパリの顔に出会える・・・
パリを様々な場面から切り取った風景に出会える・・・
そんな展覧会です。
会場に入ったら、思わずそこはパリと錯覚するような時間と空間を過ごすことができると思います。
(画家たちの夢、パリ展は11/18〜2017.2/5まで北海度立釧路芸術館で開催)

発表会に贈る [plants voice]

vol.250・・・発表会に贈る花
1.JPG 2.JPG 3.JPG 4.JPG 5.JPG
秋〜冬に発表会に贈る花をイメージ。
暖かいイメージの毛糸がポイント!
お話しは長久保修一氏(つくし園)