So-net無料ブログ作成

yuragi [path-art]

06.jpg

本州から富良野に移住し、備前焼を作られている恒枝直豆氏。
陶芸を始めてから15年が経ちました。
彼の作品は備前の土を使いカラマツを使って焼きしめるもの。
本州ではアカマツを使うそうですが、北海道ならではということでトドマツを使いました。
ただ、これは作品の出来には変わりがなかったそうです。
01一輪挿し.jpg 02ふたもの.jpg 03瓶.jpg 04cofee.jpg 05.jpg
作品を作り始めの頃に比べると、最近は「こだわりすぎないことにこだわる」
こだわりがなくなると新しいものが見えてくるとおっしゃいます。
当初は縁の表情にこだわったり、轆轤のめを残したり、手の跡を残したりなさっていたそうです。
でもお客様からの声と相談しながら作品を作ることにより、だんだんとフラットなもの、
シンプルですっきりしたものに変化してきました。
「食器棚の一番手前に置いてもらうこと」が一番嬉しいと。
制作活動で一貫したテーマは「人の生活にめりこむ」その姿勢は変わりません。
「備前はザラザラした感じが長い間使っていただくことによって丸くなってくるんです。艶っぽくなる。
色のコントラストがしっとりしてきます。そのジワっとした色の変化に気づいてもらえると嬉しい」
恒枝氏は今後岡山に戻られることが決まっています。
今度は北海道テイストでうまれた備前焼を西日本や関東に広げていきたい・・と最後に抱負を語ってくださいました。
今回の個展は北海道集大成。そういった意味でも感慨深い作品展になりそうです。
※尚、写真は恒枝直豆氏からお借りしました。
(恒枝直豆展は7/16〜24まで弟子屈町 湯の島 ギャラリー山椒で開催)