So-net無料ブログ作成

丸いお皿にアレンジ [plants voice]

vol.222・・・丸いお皿にアレンジ
01.JPG 02.JPG 03.JPG 04.JPG 05.JPG
小さなキクがフレンチのように・・・
お話しは長久保修一氏(つくし園)

2016.0428 O.A 邦楽(TVアニメ番組特集) [chord5]

・行け行け飛雄馬/巨人の星の主題歌
・アタックNO.1/アタックNO.1の主題歌
・さらば涙と言おう/おれは男だ!の主題歌
・アパッチ野球軍/アパッチ野球軍の主題歌
・エースをねらえ!/エースをねらえ!の主題歌
・青春にかけろ!/新 エースをねらえ!の主題歌
~今回の邦楽はスポーツアニメ、TVドラマ特集です。
60年代後半から70年代後半に放映された作品の主題歌を集めました。
曲のセレクトは斎藤氏です。

2016.0428 O.A 「霧多布へようこそ!」 [various story]

日高哲二さん(自然ガイド&ポロト案内舎オーナー)
http://poroto.la.coocan.jp/

大型連休の予定はもうたてましたか?まだ〜という方、必聴です。
今回は日高氏が霧多布の自然をたっぷり紹介してくれました。
まず、植物。今は小さなお花たちが我こそは・・・とその姿を自慢するかのように咲き誇っています。
霧多布湿原センターの建物の下の沢には水芭蕉がたくさん。川のはじまりのような場所に見頃を迎えているそうです。
この時期ブルーの色が目につくエゾエンゴサクも。エゾエンゴサクといえば薄い青というイメージだったのですが、実は白や青、
赤紫、濃いブルー、紫っぽいブルーなどと様々な色のエンゴサクがあるそうです。
他には黄色い小さなキバナノアマナ。ピンク色のサクラソウ。さらにオオバナノエンレイソウの葉もでているそう。
続いて鳥たち。オオジシギもオーストラリアからやってきました。
ウグイスもまだ鳴き方が上手ではないものもいるそうですが、すでに鳴き始めています。
他にはアオジやアカゲラなどなど・・鳥たちは日に日にその種類も豊富になってきているとか。
霧多布岬に行くと、ウミウの面白い光景を見ることができるそうです。
通常ウミウは黒のイメージですが、今は婚姻色、顔と脇腹が白くなって、くちばしの付け根が朱色になっているそう。
もし近くで見ることができたら目の色にも注目。まるでエメラルドの宝石みたいな綺麗な緑色なのだそう。
さらに今は尾羽とくちばしを空に向けて翼をパタパタしている様子も観察できるかもしれません。
そして、湿原にはタンチョウがいます。しかも1羽で・・・
実はペアになっている時期なのですが、昼間はタンチョウのメスがのんびり休んでいるそう。
この時オスは卵をあたためているのです。
・・・という様に自然をたっぷり楽しめる霧多布。一度足を運んでみてはいかがでしょう?!

boundary of crystal [path-art]

不在の存在.jpg

釧路の高校で教師をなさり、またご自身でも制作活動をなさっている上野秀実氏。
上野氏は油彩に始まり、現在は日本画を描きつつ、半立体の作品も作られるようになりました。
立体を作るのが目的ではなく、自分の中で体積や容積のあるものの表現が可能性として出てきたので、積極的に取り組んできた結果とのこと。
美術とはこうだとか自分の作品はこうであるべきという気持ちを外したときに、
スッと楽な気持ちになった時にうまれてきたのです。
前回は白ベースの半立体でした。この白は小樽生まれの彼にとってそこで降っている雪のイメージが強かったそうです。
自分でさらに追求し、ブルーが出てきました。
イメージするものは雪や氷がはいってきているそうですが、雪や氷を取り巻く環境を含めてご自身の中でしっくりしたのがこの青なのです。
オリジナルとコピー.jpg synchronicity.jpg
「こだわりがないのがこだわり。
押し付けがましくないようにしようというのがこだわりといえばこだわりですね。」
抽象作品の良さは受け取る側の自由度の高さだと思うとも。それがご自身にとっても楽しみなのです。
鑑賞者と作り手の間に起こる心の境界線がすっと溶けてしまう、それが面白いと思うとおっしゃっていました。
作りながら変わっていく。スタートのイメージがどんどん制作していくうちに変化していく。
これは具象の作品を制作する時も抽象の作品を制作する時も変わりません。
日本画と半立体、上野氏の中での役割みたいなものはあるのでしょうか?
同じ扱いというお答えでした。写実的表現は端的にものを表すことができる。ストレートにそこに表現できる可能性が高い。
比較的思いは直球で伝わる可能性が高いと思います。
自分で制約を決めそこで息苦しさを感じ、それを解放できたという感じなのでしょうか。
だからこそ抽象も具象も同じときっぱりとおっしゃったのだと感じました。
今後も進化変化し続ける上野氏。今度お会いする時にはどんな作品が生み出されているか・・・とても楽しみな作家さんのおひとりです。
minimal.jpg marks.jpg
※尚、写真は上野秀実氏からお借りしました。
(上野秀実展〜結晶する境界〜は5/15まで北海道立釧路芸術館フリーアートルームで開催中)

丸いお皿にアレンジ [plants voice]

vol.221
・・・丸いお皿にアレンジ
007.JPG 008.JPG 009.JPG 011.JPG 012.JPG
曼荼羅イメージのアレンジ
お話しは金子健二氏(Green life)
※Green lifeのhpはこちら・・・http://www.greenlife946.com/

2016.0421 O.A 洋楽(Al Jarreau 特集) [chord5]

・Mornin'
・Moonlightning
・Spain
・After all
~今夜は洋楽編。Al Jarreau 特集です。
和田紘平氏のセレクトです。
伸びやかでソフトなヴォーカル、お楽しみください・・・

2016.0421 O.A 「アニメーションに」 [various story]

木原 健太郎さん(ジャズピアニスト)
http://kentarokihara.net/

釧路出身の健太郎氏、現在は音育レッスンのため、月に1度は釧路にいらしているのです。
お話しを伺った時は葉山のスタジオで、初公開のオリジナルアニメーション作品に健太郎氏が書き下ろした楽曲をドッキングする作業の真っ最中。
来月に控えたライブのため監督とやりとりをしているところでした。
ピアニスト、作曲家としてソロ活動を中心に活動していた健太郎氏が、ジャズをはじめ各分野で活躍しているバークリー時代の仲間と10年ぶりに集結し、2008年に「ベリー・メリー・オーケストラ」を結成しました。
「音楽の楽しさをもっとストレートに届けたい」と
とにかく楽しい!カッコいい!そしてちょっと懐かしい!をテーマにライブ活動を行っています。
ベリーメリーオーケストラ、簡単に言うpop jazzブラスバンド。
そのベリメリライブ「ベリメリmeets アニメーション!」が5月13日に東京世田谷KIWAで開催されます。
アニメーター、グラフィックデザイナーのマックス・ワイントラウブ氏を迎え、
彼の奔放初公開となるオリジナルアニメーション作品に健太郎氏が書き下ろした楽曲とコラボレーション。
マックス・ワイントラウブ氏は先日までTBSテレビ「ニュース23」オープニング・アニメーションを担当していました。
なんとなくあ〜と思われる方も多いはず。
アニメーションとベリメリの音のコラボ、気になります。
いつか釧路でも開催することができたら嬉しいですね・・・

humanism [path-art]

IMG_5184.jpg IMG_5185.jpg IMG_5186.jpg IMG_5187.jpg IMG_5188.jpg
写真の町、東川町のコレクション展です。
2500点以上のコレクションの中から38作家、約170点の作品が展示されています。
企画展では3つのパートに分けて作品を紹介。
まず、現代の人間讃歌〜生名の輝き〜
こちらでは、多種多種な人間模様を描写した作品がメインです。写真家によって撮影された被写体の姿、表情は様々です。
それぞれに気候風土歴史が異なる背景を持つ、日本や海外の作家たちが、
現在生きている人間の姿を彼らの視点やテーマで浮き彫りにした作品たちが並びます。
続いては、現代のトポス〜都市と自然〜
人間は、自然の豊かな恵みに生かされ、時にはその脅威にさらされながら文明や文化を築いてきました。
都市化が進んだ地域の景観、人間の存在を感じさせる風景、そして、私たちの生活を支える現代の科学技術と共存している風景など・・・
最後は、現代のヴィジョン〜日常を超えて〜
ここでは非日常や幻想的な作品が迎えてくれます。写真家にとって人間は最も身近な被写体のひとつ。
その記録のみならず、人間存在についての探求も果敢に行ってきました。
矛盾、不条理、悩み、疑問、感情や欲望など、様々な問題を内包する人間への思索を深め、写真家たちはその内面的な領域を表現したのです。
IMG_5189.jpg IMG_5190.jpg IMG_5191.jpg IMG_5192.jpg IMG_5193.jpg
(写真のフロンティア展は7/10まで北海道立釧路芸術館で開催中)

100円ショップの台所用品を使って [plants voice]

vol.220・・・100円ショップのアルミホイルで花留め
1.JPG 2.JPG 3.JPG 4.JPG 5.JPG 6.JPG
アルミホイルをくしゃくしゃにして・・自由な発想で・・・
お話しは長久保修一氏(つくし園)

2016.0414 O.A 邦楽 [chord5]

・チェリー / SPITZ
・空も飛べるはず / SPITZ
・ヒバリのこころ / SPITZ
・桜坂 / 槇原敬之
・桜 / 斉藤和義
~今回は邦楽一般。今夜のテーマは「なんとなく感じる春」です。
今夜から邦楽一般は西村氏&midoriでお送りします。