So-net無料ブログ作成

2016.0114 O.A 洋楽(Jamiroquai 特集) [chord5]

・Virtual Insanity
・Cosmic Girl
・Travelling Without Moving
・Deeper Underground
~今夜は洋楽編。
曲のセレクトはもちろん和田紘平氏。
今夜はJamiroquai な夜を・・・

2016.0114 O.A 「フランス人の新しい孤独」・・・東京 [Spot Story]

扇田慎平さん(フリー編集者、ライター)

以前にこのコーナーでもご紹介させていただいた小沢君江氏。
その彼女が翻訳した「フランス人の新しい孤独」という本がつい最近出版されました。
小沢氏は早稲田大学を卒業後、1971年に夫のベルナール・ベロー氏と渡仏。
1974年にミニコミ誌「いりふね・でふね」を創刊します。その後パリの日本語新聞「OVNI」を発行。
現在は、翻訳家としても活躍なさっています。
彼女と去年の暮れに東京であった慎平氏。今のパリの様子も伺ったそうです。
「やはりボディチェックが厳しくなっていて、女性も男性も同じ。さらにそのことが当たり前になりつつあるみたい」とのこと。
確かにそうですよね。あれだけの人が亡くなったのですから・・・
さて、小沢氏が翻訳なさった「フランス人の新しい孤独」ですが、著者がフランスの精神科医 マリー・フランス・イリゴエンという方。
彼女は1998年に「セクシャルハラスメント」という本を出版し、全世界 26カ国で翻訳されたそうです。
今回は被害者学、普段のカウンセリングから生まれた本とのこと。
1960年代から21世紀に入るまで、人類学的には一番過激に変動した時期とも言えます。そこを生き抜いた人々が様々なことで悩んでいる。
特に彼女はシングルマザーを追っているそうで、そこから見えてきた問題を取り上げているそうです。
最終的には人間ひとりだということを理解するように・・ということらしいのですが、かなり内容的にはヘビーみたいです。
でも人間として避けて通ることのできない問題も・・・
家族というもののあり方や人間としてどう生きるべきなのか・・・などなど深く考えさせられる本だったとおっしゃっていました。