So-net無料ブログ作成

rhythm&form&harmony [path-art]

IMG_4121.jpg IMG_4119.jpg IMG_4125.jpg IMG_4120.jpg IMG_4126.jpg
現在、釧路市立美術館で開催中の「渡会純价展」の取材に出かけ、武束学芸員にお話しを伺う予定でしたが、
その時渡会氏ご本人が目の前にいらっしゃいました。
ということで、武束氏にお話しを伺いつつ、途中からは渡会氏にも一緒に入っていただいての収録と相成りました。
おんべつ学園所蔵の作品展ですが、武束氏が作品に出会った時に「これはもっとたくさんの方に見ていただきたい」と今回の運びになったのです。
そこで、武束氏が気になる作品を3点あげていただきました。
武束氏が一番最初に出会ったのが、油彩の作品。
作品名には「L」という文字が・・・これが気になっていたそうですが、LOVEのLと判明。
色も綺麗、人がたくさん描かれていますが、私には音符のようにも見えました。
それから青の作品。渡会氏は「watarai blue」と呼んでいらっしゃるそうですが、とても貴重な色とのこと。
そして武束氏がなぜhakodateにトリコロールが使われているのか・・疑問だったとおっしゃっていた作品。こちらも手紙だから・・と判明。
作品の中には様々なものが取り込まれています。よく見ると渡会氏自身が描かれていたり、犬がおしっこをしている情景があったり。
そんな面白いものを発見する楽しみもあります。
この機会にwatarai worldに触れてみるのはいかがでしょう・・・
(渡会純价展は12/27まで釧路市立美術館で開催中)