So-net無料ブログ作成
検索選択

1色にこだわる [plants voice]

vol.201・・・1色にこだわる〜黄
01.JPG 02.JPG 03.JPG
絵を描き、ケーキを作る感覚?
お話しは金子健二氏(Green life)
※Green lifeのhpはこちら・・・http://www.greenlife946.com/

2015.1126 O.A BAND [chord5]

・Immigrant Song / LED ZEPPELIN
・That's The Way / LED ZEPPELIN
・Rock And Roll / LED ZEPPELIN
・Stairway Heaven / LED ZEPPELIN
~今回のバンド編、LED ZEPPELIN特集です。
曲のセレクトはもちろん河口氏。1970年と1971年のリリース。
河口氏&midoriでお送りします。

2015.1126 O.A 「金沢への旅」・・・東京

扇田慎平さん(フリー編集者、ライター)

夏休みというか、まとまった休みがなかった慎平氏。そこでこの度、家族と犬を連れて金沢へ旅行と相成りました。
今回の旅の目的は「近江町市場」で美味しいものを食べよう!!
どうしても犬と一緒なので犬優先の旅ではあったそうですが、美味しいものをたくさん食べてリフレッシュなさったみたいです。
近江町市場は金沢の台所と呼ばれる旬な食材がたくさん集まっているところ。
金沢の今といえば・・・やっぱりズワイガニ。このカニは別名香箱ガニと呼ばれているそうです。
別に香りがするという訳ではないそうですが。
他には金沢おでん。具が通常のおでんとは少々違うそうで、牛串、バイ貝、車ふ、赤巻きという練り物などがあったそうです。
さらに殻付きのウニ、エビ団子(つみれ的なもの)、焼きガキなどなど。海のものが多いみたいです。
もちろん市場ですから、食材をそのままも売っているそうで、かなりの観光客の方がいらっしゃったそうです。
外国からの観光客も多く、英語訳、中国語訳、韓国語訳といったパンフレットがたくさんあったとか。
ただ、東京から車で350キロ近く。運転は疲れてそうですが、美味しいものを食べることができてご満悦の慎平氏でした。
そうそう・・・パーキングエリアでは今の時期限定のにごり酒を買われたそうで、「爆買いだよ〜でも3本じゃ爆買いって言わないね・・・」とも。

my single photo [path-art]

IMG_4094.jpg IMG_4095.jpg IMG_4096.jpg IMG_4097.jpg IMG_4098.jpg
1800年代から2000年代までそれぞれ時代を象徴する写真家101人の代表作が並んでいます。
どれもこれも1枚の重さがずっしりと心に響く、そんな作品ばかりです。
幕末に長崎や横浜で写真館を開いた草分的な写真家、日本に滞在して活動した外国人写真家、
さらにメディアにも多く取り上げられた篠山紀信、荒木経惟といった人気作家まで代表的な101人の作家が網羅されています。
釧路出身の長倉洋海、弟子屈在住の水越武の作品も。
他には土門拳、細江英公、星野道夫、秋山庄太郎、立木義浩、森山大道・・・・・・
幕末・明治の頃は「記録」という意味で撮られたもの、失われ行く昔ながらの風俗や景観がテーマ。
これが大正以降になると小型カメラが普及し、写真愛好家が一気に拡大します。
「記録」よりも「表現」、より個性的、芸術的な効果が求められてきます。
現代になると、写真という枠組みを超えて「現代アート」として制作される作品も増えてきます。
その流れ、150年の写真の流れを一望できる展示となっています。
気になったことは、モノクロ写真が多いこと。
やはり写真の真髄は白と黒で表現する、絵画との違いがそこに現れているのではないでしょうか。
じっくりゆっくり鑑賞する・・・そんな時を過ごすのには最適な企画展だと思います。
お気に入りの作家を見つけても面白いのではないでしょうか。もちろん1枚の作品だけでその作家を語ることはできません。
今回の作家の写真集もたくさん用意されています。
「この作家気に入った!!」と思ったら、その作家の写真集をながめてみるのもよろしいのではないかと思います。
IMG_4099.jpg IMG_4100.jpg IMG_4101.jpg IMG_4102.jpg IMG_4104.jpg
(「私の1枚」〜日本写真史を飾る101人は2016年1/27まで北海道立釧路芸術館で開催中)

1色にこだわる [plants voice]

vol.200・・・1色にこだわる〜紫
01.JPG 02.JPG 03.JPG 04.JPG 05.JPG
一言で紫と言っても様々な紫が・・・葉にも注目!
お話しは長久保修一氏(つくし園)

2015.1119 O.A 邦楽(アイドル特集) [chord5]

・みずいろの手紙 / あべ静江
・素敵なラブリーボーイ / 林寛子
・青春の坂道 / 岡田奈々
・恋人試験 / 松本ちえこ
・横浜いれぶん / 木之内みどり
・まちぶせ / 石川ひとみ
~今回は女性アイドルの特集です。
曲のセレクトは齋藤氏!1973年から1981年の楽曲です。

2015.1119 O.A 「日本満喫中」・・・カナダ

上村知弘さん(カメラマン)
http://naturayukon.blog53.fc2.com/

年に一度は日本に戻っていらっしゃる上村氏。
今年は10月15日にカナダを発ち、直行で札幌へ。そこでスライドショーを開催。
カナダユーコンの四季を通じてのアウトドアの魅力についてお話しなさったそうです。
このコーナーでもお話ししていただいていますが、今一度。
春:冬のキャンプやスノーシュー、そして何と言ってもオーロラ。
夏:ユーコン川を4泊5日でカヌー旅。
秋:8月下旬からのツンドラ紅葉とオーロラ。ハイキング。
冬:犬ぞり
とは言っても私が考えているスケールとは到底違います。川下りで4泊5日です。
スライドショーの後は鶴居に戻ってきて2週間ほど友人と食べたり飲んだり談笑したり。
昨年よりもゆったりしたいとスケジュールを組んだのに、やはり今年もスケジュールはぎゅうぎゅうに。
実際収録は10月26日にスタジオで行ったのですが、放送の頃はオーストラリアに。
今回は鶴居の後に東京、神戸と移動し、オーストラリアに2週間ほど滞在、そして12月にはカナダに戻られます。
オーストラリアではメルボルンとタスマニアに。実は鶴居時代に釧路で出会ったヨットマン2組に会いに行かれるのです。
一組はタスマニアに定住する家族。
釧路で一冬を過ごされたので、何度もお会いして親交を深めたそう。もちろんユーコンでもあっていたそう。
その彼らが家を建てるということで、少しだけお手伝いをなさるとか。
そして、もう一組は釧路では湿原を案内なさったりした方で、この方たちもユーコンでもお会いになっているそうです。
北極海にも一緒に出かけたりもなさったそうです。
お話しを伺っていると本当に世の中、色々な方がいらして、様々なことをなさっているんだな・・と思います。
もちろん上村氏もそのお一人ですが。
価値観をどこにおくかで物事が違って見えてきます。同じ人生を生きるなら・・・後悔したくないですよね。
できることを思いきり実践する、その姿勢。忘れていたことを思い出させていただきました。
ユーコンには12月の頭に戻られる予定の上村氏、お会いする度に若くなっていくと感じるのは私だけではないと思います。

ainu modern portrait [path-art]

01.jpg

あるアートイベントで写真家である宇井眞紀子さんとお会いしたのが今から数年前。
いつかお話しをお聞きできたらと思っていたのですが、この度札幌で写真展を開催するという連絡をいただきインタビューをさせていただくことに・・・
彼女は武蔵野美術大学の視覚伝達デザイン学科で、必須科目として写真に出会います。
この時はデザインの仕事に必要ということで出された課題が、街に出て道行く人に声をかけてポートレートを撮ること。これを1年間続けたそう。
そのうち写真というかポートレートに興味が湧き、卒業後には写真の専門学校に入ることに。
そこではドキュメンタリーを勉強したくて通ったそうです。まだアイヌとの接点はでてきません。
事実として、彼女が小学生の頃にアイヌの女の子を主人公とした物語を作ったことがあり、
以前のご主人が幼少時にアイヌの方々が近くにいらっしゃり色々とお話しを伺っていたことはあったそう。
なんとなく昔から自分の中にあったアイヌのイメージ。
はじめの頃はアイヌに関する文献を読んだり、アイヌの方の講演を聞いたりということで、
特に北海道にきて撮影を開始したというわけではなかったのです。
02.jpg 03.jpg 04.jpg 05.jpg
ところが・・・1992年の夏、「ダムを造ることは、母なる大地の血管を塞ぎ、養分を運ぶ血液を止めること」
「自然を保護するなんて大それたこと、だって人間は自然の中で生かされているのだから」という文章に出会い、
その文章を書いたアシリレラさんにどうしても会いたくて二風谷に。
それからアイヌの生活に寄り添い、彼らの生活をそのままカメラに収めることになっていくのです。
もちろん北海道だけではなく、東京にもアイヌの方がいらっしゃることを知り、
それ以来首都圏でも彼らに寄り添いながら伴走者のように撮影してきたのです。
また、2009年からは100組100枚のアイヌの肖像画を撮る壮大なプロジェクトを敢行。
一枚が完成したら次回の方をその方にご紹介いただき、撮る場所も姿もその方におまかせして撮るスタイル。
100枚ということは100箇所での撮影ということになり、現在90組くらいまではたどり着いたそうですが、
最後の一枚は誰になるのかは誰にもわからないのです。
彼女は現在東京在住ですが、日本全国を飛び回り撮影をなさっています。
撮影してきた23年間の作品の中から60点を選りすぐり今回の作品展に展示なさっています。
アイヌの方々のそのままの姿、自然の中に溶け込んでいる姿が心地よくカメラにおさめられています。
※尚、写真は宇井眞紀子氏からお借りしました。
(宇井眞紀子写真展〜アイヌ、現代の肖像〜は札幌 グランピスタギャラリーサッポロ《札幌グランドホテル1階ロビー》で12/1まで開催中)



1色にこだわる [plants voice]

vol.199・・・1色にこだわる〜赤
1.JPG 2.JPG 3.JPG
赤い葉や花びらを集めてお皿に盛り付け・・デザートみたいな花たちです。
お話しは金子健二氏(Green life)
※Green lifeのhpはこちら・・・http://www.greenlife946.com/

2015.1112 O.A 洋楽(The brand new heavies 特集〜1) [chord5]

・Never Stop
・Dream come true
・Dream on dreamer
・Shakedown
~今夜は洋楽編。
曲のセレクトはもちろん和田紘平氏。
今回も私も大好きなアーティストThe brand new heavies 。
特集~1になっていますので、今後も続きそうな予感。