So-net無料ブログ作成
検索選択

2015.1015 O.A 洋楽(incognito特集) [chord5]

・Positivity
・Givin it up
・Pieces of a dream
・Thinkin about tomorrow
~今夜は洋楽編。
曲のセレクトはもちろん和田紘平氏。
和田氏の「Positivity」への思い入れが強すぎて・・・今回はこのアルバムからすべてお送りします。
incognitoは私も大好きです。今後も別のアルバムからincognitoお送りしますね。

2015.1015 O.A 「平田オリザのお話し」・・・東京

扇田慎平さん(フリー編集者、ライター)

犬の散歩で近所をブラブラしていたところ、見つけた掲示板に平田オリザ講演会という文字が。
タイトルが「わかりあえないこと から」
近所の小学校で開催される予定だったので出かけたそうです。
東大そばの小学校のPTAが主催したものだそうですが、とても面白い内容だったそう。
平田オリザ氏は今までにも小学生向けに講演会をなさったり、コミュニケーション教育についても講演をなさっている方です。
劇作家として活動する中で演劇ベースから見たコミュニケーション関係のお話しをなさるそうです。
今の時代、家族の中では、子供が一言単語を発するだけで何かが出てくる。
また、ネットの世界では自分から話すことなく様々なことが瞬時に目の前に繰り広げられる。子供たちにとっては大人と話すことが減ったと。
子供たちがそのギャップに苦しんでいることを理解してほしいと大人に伝えた内容だったそうです。
普段から子供たちと接することがありその子供たちの様子を具に感じての言葉なのですね。
ですから大人と接する機会をできるだけ作ってあげるようにと。
さらにこんなお話しも。パーソナリティーという言葉はそもそもペルソナという言葉からきていて、それには人格・仮面という意味がある。
その仮面を使いわけることことができるのが大人の人間であると。
例えば、一人の男性が会社では[新月]?[新月]?部長の顔、家では父親の顔、[新月]?[新月]?の会では[新月]?[新月]?の顔といった様に色々な顔をもっていて、
それを使い分けているということなのです。
本当の大人はその仮面を使い分けることができると。人間は演じわけるものというお話しもあったそうです。