So-net無料ブログ作成
検索選択

calm space [path-art]

IMG_9089.jpg IMG_9090.jpg IMG_9101.jpg IMG_9093.jpg IMG_9095.jpg IMG_9097.jpg
中標津 ギャラリー残日舎に久しぶりにお邪魔しました。現在、企画展「備前焼・黄瀬戸と他の焼き物」が開催されています。
ギャラリーオーナーの志道昇氏に備前焼について、黄瀬戸についてお話しを伺いました。

備前焼きの特徴は、釉薬をかけない焼き締めの種類に属するそう。1300度前後で焼かれる硬質な陶器。
窯変にもいろいろな種類があるのですが、火による窯変、色々な変化が特徴のひとつです。
小西陶蔵という方の作品がたくさん目につきました。備前焼の本拠地、伊部にお住まいの陶芸家とのこと。
小西陶古という窯の後継。代々小西陶古を継ぐのですが、彼は窯元のご主人というよりは作家として現在動かれている方なのだそうです。
私の知る限りでは、備前において最も受賞歴の多い作家のひとりと志道氏。
「先生いわく、何百年も前の備前焼、その形を踏襲していく。
そういう技術をもとにして、歴史に現在の新しい感覚を重ね合わせて、新しい備前としての歴史を作っていきたいとおっしゃっていましたね。」
それぞれの作品は、多様な表現をしています。
近代的な感覚を歴史のある備前焼に取り入れながら、新しい備前焼を目指した時期もあるそうですが、
今はわりと古典的なものを追っている気がするとおっしゃっていました。
そして、黄瀬戸は志道氏のもっとも好きな陶器。黄瀬戸は安土桃山時代にその形が完成されて、短い作陶期間をおいて、姿を消した焼き物です。
それを現代に入ってから加藤唐九郎はじめ、日本の最高峰と言われる作家達が、桃山時代の黄瀬戸を過去の窯元から出てきた陶片を元に復刻に努めたそうです。
完成が難しく、完成してもその確率が非常に低かったと。その様に先輩たちが苦悩している時に、当時若かった各務周海がその成功率を高めていきました。
今回は人間国宝の作家の方お二人の作品も展示されています。ぜひ、ほんものに出会っていただけると嬉しい企画展です。
志道氏から・・・・・
「手にとってご覧ください。万が一、落として割れてしまってもそれはそれで仕方がないんです。
いつか形あるものは割れます。ものは全てそうですけれど・・・。気にしないで手にとってほしいんです。」
IMG_9096.jpg IMG_9092.jpgIMG_9094.jpg IMG_9091.jpg IMG_9104.jpg IMG_9105.jpg
(企画展「備前焼・黄瀬戸と他の焼物」展は、8//11〜15.8/19〜20.8/26〜27 中標津 ギャラリー残日舎で開催中)

Facebook コメント