So-net無料ブログ作成
検索選択

prayer [path-art]

IMG_7438.jpg IMG_7439.jpg IMG_7440.jpg IMG_7441.jpg IMG_7442.jpg IMG_7443.jpg
米坂ヒデノリ氏は釧路出身。北海道を代表する彫刻家です。昨年2016年の4月に逝去され、その追悼展を開催しています。
そもそも粘土で形を拵えていく塑像彫刻をなさっていました。大学卒業後、釧路に戻りましたが、材料が手に入らず木彫に転向します。
それ以来、主に木彫を中心に制作活動をなさいました。さらにロウ型鋳造によるブロンズも制作なさっています。
晩年にはオーケストラの大作「ミュージアム(頌韻)」を制作。弦楽器、管楽器、指揮者など全パート、約80体をひとつひとつ作りあげました。
彼のテーマは、故郷を離れ、はるばるこの地へやってきたものの夢破れて地に還った開拓者たちへの共感、
同じような境遇にあった自分の祖父母への鎮魂、自分自身もその末裔であり、故郷を持たない漂泊者・流れ者と自称なさっています。
その様な人々への祈りがシンプルな形態の中に表現されています。
決してリアルな彫刻ではありません。中には抽象と思う様な作品もあります。
シンプルだからこそ、見るもののイマジネーションをかきたてるのです。
その中に込められた想いを痛いほどに感じる方もいらっしゃると思います。
彼が高校時代に描かれた油彩から晩年の作品まで、幅広い制作活動を垣間見ることのできる展示になっています。
そこの空間から感じられる静かなる心の動き。
鑑賞するものの心の在り方によって違って見える・・不思議な作品がそこにはあるのです。
IMG_7444.jpg IMG_7445.jpg IMG_7446.jpg IMG_7447.jpg IMG_7448.jpg
(漂白・祈り・鎮魂ー米坂ヒデノリ追悼展は4/19まで北海道立釧路芸術館で開催中)

Facebook コメント