So-net無料ブログ作成
検索選択

2017.0209 O.A 「檜山もアツい!」 [various story]

土居 功さん(JP01もと編集長)
http://www.fripper.jp/~fripper/new_con/maga_pdf/

JP01の冬号檜山特集が1月末に発行されました。初挑戦の企画あり。見応え抜群です。
檜山にはブランド品がたくさんあるそうで、まずはスケトウダラの漁船に乗っての初企画から。
紙面から臨場感たっぷりにその模様が伝わってきます。そして、ナマコ。
「檜山もの」といわれる最高級のナマコ。イボイボが目立つのですが、これがいぼ立ちといわれるもの。
檜山産はこれがウリなのです。取材した記者もナマコが苦手だったそうですが、見る目が変わったとおっしゃっていたとか・・・。
さらに檜山という名前の由来になった檜の山。檜関連のお話しも掲載されています。
森自体をどう守っていくのか、その木材を使って作られたものなども。
そして、江差姥神大神宮渡御祭。道内最古の祭で、マスコミでも取り上げられることもあり、毎年の夏の恒例行事としても有名です。
山車自慢の紙面が広がっています。まさに写真ならでは、雑誌らしい作りを楽しむことができます。13の山車が自慢や誇りを競っています。
そして、そして土居氏の一押し「ひやま芋騒動」の紙面。まるで週刊誌みたい!そこが狙いだったそう。あえての白黒紙面。
一つは今金町の湖池屋事案。今金男しゃく ポテトチップス。これが2015年に発売されたのですが、2週間で完売したという幻のチップス。
通常ポテトチップスがそれ専用のイモを使って作られるそうです。
それをあえて男しゃくを使って作られたそう。味の違いはいかほどに・・・?でも確かめる術はありません。
と思ったところ、今後発売される予定があるとか。気になります。
そして、もう一つは、厚沢部町・巨大コロッケ事案。メークインの発祥の地とされているのが檜山の厚沢部町。
日本一を誇っていたある日、静岡県三島市から「巨大コロッケ日本一はわれわれがいただく!」という挑戦状が・・・。
その結果、厚沢部町は鍋から作り直し、名実ともに日本一を奪還したとか。
他にもまだまだ面白い記事がたくさん。ぜひご自身の目でお確かめください。


Facebook コメント