So-net無料ブログ作成
検索選択

2016.0317 O.A 「今後のサッカー界」・・・東京

佐藤俊さん(スポーツライター)

サッカー日本女子代表、なでしこジャパンの試合をご覧になってがっかりなさった方は多いのではないでしょうか?
期待が大きいだけに、どうしちゃったのでしょう?
俊氏曰く「まず初戦のオーストラリア戦に負けたことが大きかったでしょうね。
でも、チームの力が発揮できていなかった、いつものなでしこと違う感じがしましたね」
澤氏がいなかったということの影響がいわれていることが多いのですが、一番の理由はチーム構成にあったのでは?と。
現在のチームは2011年のFIFA女子ワールドカップ決勝戦で、日本とアメリカ合衆国の間で、ドイツのフランクフルトを会場に行われ、
延長戦でも決着つかず、PK戦で日本がアメリカを3-1で下し大会初優勝を成し遂げたメンバー。
5年ほどの月日が経っています。その間他のチームは日本の戦術を研究し、レベルアップを図ってきました。
「チームの高齢化というのもあるとは思いますが、抜本的な改革が今後必要になるでしょうね」
男子はどうなのでしょう?
チームに関しては男子も2010年のFIFAワールドカップ南アフリカで開催された時と中心メンバーはほぼ変わっていません。
この中心メンバーを乗り越える選手がでてこなければ・・今後難しいかもとは俊氏。
男女とも転換期に来ているのかもしれません。
サッカー界は2000年くらいから日本のレベルもアップし、世界の中での日本のポジションもアップしました。
今後どういう戦術をとり、どういうメンバー構成で攻めるのか・・・なかなか難しい時期に来ているのではないかと・・・・・
そんなサッカー界を今後も見守り続ける俊氏の姿勢には変わりがありません。

Facebook コメント