So-net無料ブログ作成

白糠探検・・旬の赤!濃厚な毛ガニと紅葉 [shiranuka project]

白糠探検第四弾は食編・・・と観光編のミックス。
今日は以前から気になっていた白糠の旬の料理を提供なさっているお店にお邪魔しました。
数多くの方からご紹介をうけて一体どんな料理?と興味津々。
伺ったのは白糠町の旬料理、心(こころ)。オススメ料理を一品お願いしますとのリクエストに時間にお料理を準備してくださったのは野田憲政氏です。
2014-10-07 11.00.30.jpg 2014-10-07 11.01.05.jpg 2014-10-07 11.01.49.jpg
最初は盗撮していたのですが・・・やっぱり気になって厨房にお邪魔してしまいました。
今の時期のイチオシのお料理は「毛ガニのたっぷりグラタン」
一口食べた途端にカニの風味が鼻孔をくすぐりました。
2014-10-07 11.03.00.jpg 2014-10-07 11.03.19.jpg 写真ではなかなか大きさが伝わりませんが、甲羅の大きさが10cmちかく。
カニの量が半端ではありません。実はこの料理はカニの漁をなさっている漁師さんのお墨付きをいただいたものなのです。カニを使った料理を作ってほしいと漁師さんからオファーがあり、生春巻きやテリーヌや茶碗蒸し等々を作り試食会を行った際に「カニの風味がたくさん感じられて尚かつ美味しい」と評価されたのです。試食会に参加なさった10人ほどの漁師さんからは「カニの良さが出ている」「美味しい」という声が。
作る時にはプレッシャーが相当あったそうです。カニを良さを最大限に引き出して、たっぷりとカニを使うことが条件なのですから。

野田氏の心がけている料理は「白糠の旬の食材をいかにころさずに料理を作る」ということ。
「生産者の思いを消費者へ伝えることができたら、その橋渡しができたら」と。
photo2.jpg photo1.jpg photo3.jpg photo4.jpg
食材を通してその良さを伝える・・・それは料理人にしかできないこと。
素材だけでは伝わらないことに手を加え、違った面からPRしたいと。
例えば、刺身用のタコを炙ることにより、甘さや香ばしさを引き出し、それをサラダに入れる・・こういった形で違った食べ方もあるよ・・と伝えたい。
(ちなみにこの料理はタコの焼霜というそうです)

お店の人気の料理はホッキの黄金焼きやツブのガーリックソテー。
もちろん白糠でメジャーな食材は必ず旬に提供しているのですが、あまり知られていない食材もどんどん紹介していきたいそうです。

photo5.jpg基本的にはコース料理です。8品コース(3800円)と9品コース(4300円)
他に、おまかせ特選コース(5000円〜)というものがあります。※税込価格です。
もちろん一品料理もありますが、是非コースで白糠の食を堪能してみたいですね。

野田氏にとって料理をすることは?・・・「白糠の魅力を発信する手伝い」
そして白糠の良さとは?・・・「一流の食材が豊富にあること」
料理人の口から発せられたその一言、とても重みがありました。

さて今回はおまけ編として観光編も。
やはり紅葉ははずせません。「庶路ダムの紅葉は美しいよ」とお聞きしたら伺わない訳にはいきません。
ということで一路庶路ダムへ。
例年、10月20日前後に開催されている「ぐるっと庶路ダム紅葉ウォーク」。今年は道東道白糠インターチェンジ開通前の高速道路を歩く「ハイウェイしらぬか紅葉ウォーク」になりましたが・・。
まずはオススメの入り口近辺の紅葉から・・・
2014-10-05 13.10.02.jpg

途中の赤い葉が気になり・・・
2014-10-05 13.15.20.jpg 2014-10-05 13.17.54.jpg 2014-10-05 13.19.40.jpg 2014-10-05 13.19.53.jpg
到着〜〜〜〜〜〜ちょっとまだ早いかな?
2014-10-05 13.26.34.jpg 2014-10-05 13.27.01.jpg 2014-10-05 13.32.25.jpg 2014-10-05 13.36.29.jpg
でもあそこは綺麗かも・・ということで二つほど橋を渡ってみました。
2014-10-05 13.51.09.jpg 2014-10-05 13.51.21.jpg 2014-10-05 13.53.11.jpg
空気が澄んでいて・・・ちょっとだけ頬に冷たく感じる風はとても心地よかったです。

※尚、毛ガニのグラタンの写真以外のメニューの写真は野田氏よりお借りしました。

Facebook コメント